建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建築資材・工法 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

高断熱性能を備えたビル改修専用サッシ アルミ樹脂複合サッシ「Grows(グラウス)-R」発売

2022年9月15日 分類: 建築資材・工法

三協立山株式会社・三協アルミ社は、高断熱性能を実現したビル改修専用のアルミ樹脂複合サッシ「Grows(グラウス)-R」を発売した。
 

 
■概要
政府が発表した2050年カーボンニュートラル実現に向け、集合住宅においても省エネ補助金事業によるリフォーム需要が増加しており、窓の断熱化に対するニーズが加速している。
 
「Grows-R」は、耐久性に優れ、劣化しにくいアルミを室外側に、断熱性・防露性に優れた樹脂を室内側に組み合わせたハイブリッド構造で、断熱性能H-5を実現した。
 
さらに水密性はW-5、耐風圧はS-5※2を実現しており、中高層ビル用サッシに求められる性能を確保している。
建物の改修を行うことで性能を高めることが可能となり、省エネルギーに貢献しながら快適な空間を提供できるようになった。
 
■特長
1.断熱性能H-5を実現
耐久性に優れたアルミと断熱性・防露性に優れた樹脂を組み合わせたハイブリッド構造で、断熱性能H-5を実現。
また、独自の下枠構造や立ち上がりを大きくすることで、室外側へスムーズに排水をすることが可能となり、水密性能W-5を確保している。
(性能は窓種、障子使用区分、ガラス仕様により異なる)
 
2.短期間施工が可能かつ有効開口を確保
既存サッシ下枠のレールをカットし、その上から新設サッシ枠を取り付けるカバーⅡ工法を用いて改修をする。
カバー工法と比較してシーリングを不要とすることで、1窓につき半日~1日程度※5の短期間施工が可能である。
また、高さ37mm、幅40mm有効開口を大きくすることができ、広い眺望を実現する。
 
3.引違い窓に「フィルター付換気かまち」をラインアップ
窓を閉めたまま換気を行える「フィルター付換気かまち」を引違い窓にラインアップ。
フィルターが付いているためゴミやほこりなどの侵入を抑えることができ、汚れた際は外して洗浄および交換することが可能。
また、障子上かまち一体タイプとなっており、換気かまち無しの場合と同じ見付寸法でスリムな意匠を実現した。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/



業界トップクラスの耐風圧性能5000N/㎡を実現したアルミ手すり「FINEMASTER HB/CB」

2022年9月14日 分類: 建築資材・工法

三協立山株式会社・三協アルミ社は、シンプルな意匠と機能を兼ね備えたビル・マンション用のアルミ手すり「FINEMASTER(ファインマスター)」シリーズに、高い耐風圧性能を実現し優良住宅部品認定(以下、BL認定)を取得した「FINEMASTER HB」を発売した。
 

 
■特長
1.業界トップクラスの耐風圧性能
一般社団法人ベターリビングの「BL認定基準(墜落防止手すり)」に新設された、等級Sp3(等分布荷重5000N/㎡)に対応する耐風圧性能を実現。
中低層から超高層マンションまで、安全性の高い住空間を提供する。
 
2.寒冷地向けに特化した「FINEMASTER CB」
「FINEMASTER CB」は、凍害や躯体内への雨水浸入を抑制できるPC造専用の“先付ドライアンカー工法”を採用。
躯体のコンクリート部材に埋設されたインサートに、ドライアンカーをボルト固定して手すりを取り付ける乾式工法。
モルタルや接着剤を使用しないため、施工時に天候や気温の影響を受けにくく、北海道など寒冷地での施工に好適である。
 
3.確実な品質保証のためのBL保険
墜落防止手すりのBL認定商品には、10年間の保証責任保険と賠償責任保険で構成されたBL保険が付与されており、長期に渡り商品に係る瑕疵に対する品質保証を受けることができる。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社
https://alumi.st-grp.co.jp/



木造NBR工法

2022年9月12日 分類: 建築資材・工法

鋼構造建築物の屋根構造をデッキプレート下地乾式屋根とし,全面または一部のデッキプレート屋根構造が面内せん断力を負担する「NBR工法®」を,新たに木造建築物への適用を可能にしたもの。
ジャパン建材㈱と共同で開発され,(一財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得している。
 
従来工法と比べ屋根受材の部材数が省略でき,材料・施工費・施工工数の低減が可能となる。
 

 
■問い合わせ先
日鉄建材株式会社
https://www.ns-kenzai.co.jp/



木質耐震垂れ壁構法

 分類: 建築資材・工法

東京大学,銘建工業株式会社と共同で開発された構法。鉄骨造の柱にCLTの木質垂れ壁を接合し,地震時には鉄骨柱と木質垂れ壁のフレームがラーメン構造の働きをすることで耐震性能を発揮する。
 
(一財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得。
鉄骨造とのハイブリッド構造として,オフィスビルや商業施設などの中高層建築物への導入により,都市の木質化を推進する。
 

 
■問い合わせ先
株式会社熊谷組

https://www.kumagaigumi.co.jp/



日よけシェード「サングッド」

 分類: 建築資材・工法

窓の外部に取り付けることにより,室内への日射熱の侵入を効果的にカットできる日よけシェード。
今回,さらに遮熱性能が高い「高遮熱生地」が発売された。
 
今回追加した高遮熱生地は,日射熱を85~88%カットできるもので,サンドベージュ,ディープグレー,ダークブラウン,ディープブラックの4色が取り揃えられている。
オーソドックスで外壁の色に合わせやすく,飽きの来ないラインアップとなっている。
 
また従来品と同様に,外からは室内の様子が分かりにくく,室内からは外の様子が分かるようメッシュ状の生地を使用しているが,遮熱性能とともに「見えにくさ」もアップしており,在宅時間の増加とともに拡大した目隠し需要ともマッチしている。
 
【その他の特長】
① サングッドはスプリングによる自動巻き上げ式を採用。
ダブルブレーキによるソフトクローズ機構を搭載することで,スクリーンが収納しきる直前でブレーキがかかりゆっくり巻き上がり,ボトムバーが静かに収納される。
また,シャフトのバタつきや操作音も小さい。
② スクリーンを使用していない時はボトムバーがボックス内に完全収納されるため,見た目のスマート感がアップする。
 

■問い合わせ先
セイキ販売株式会社  
https://www.seiki.gr.jp/



格子ユニット ルポウッドタイプ

2022年9月7日 分類: 建築資材・工法

優れた木質感を持つ人口木材「ルポウッド(REPOS WOOD)」を使用した外装ルーバー。
 
「格子ユニット」は,建物の玄関や外壁などに設置することで目隠しや外観デザインのアクセントとなる外装ルーバーで,格子材と胴縁をユニット化することで現場での省施工を実現する製品として好評を得ている。
 
これまでの「合成木材タイプ」と「アルミ・アルミラミネートタイプ」のバリエーションに,今回「ルポウッドタイプ」を追加したことで,同社エクステリア製品のトータルコーディネートを図る。
 
製品の特長
① 天然木のような風合いと高い耐久性・耐腐朽性:格子材は温もりがある自然な木質感を再現。また天然木に比べ耐候性・耐久性が高いため経年による色あせや腐食も起こりにくく,シロアリの食害にも強い。
② アルミ製補強材との複合構造により格子強度を向上:格子材は中空になっており,アルミの補強材を挿入し複合構造とすることで,温もりがある意匠ながら十分な強度を確保する。
③ 高い運搬性・施工性:格子材と胴縁を完成品ユニット化し,さらに1ユニットの重量をおおむね20㎏以下にすることで現場での運搬や施工の負担を軽減している。
 

 
■問い合わせ先
セイキ販売株式会社

https://www.seiki.gr.jp/



中島正夫氏 著 「中大規模木造建築物の耐久設計と維持保全」

2022年6月21日 分類: 建築資材・工法

さまざまな劣化原因から建物の安全性と美観を守る耐久設計と維持保全の要点を、部位や部材、劣化の種類ごとに詳しく解説した1冊。
 
中大規模木造建築物の耐久設計と維持保全
 
近年増えている中大規模の木造建築物に特化した内容であり、市庁舎や学校施設、屋内プールなどの豊富な事例が、写真とともに紹介されている。
新しい建築材料の特徴や、各種劣化現象のメカニズムなどの技術情報や調査・実験結果も多数掲載。
 
 
■お問い合わせ
森北出版株式会社
https://www.morikita.co.jp/



幼児向け 手洗いカウンター 「フラップMO」

 分類: 建築資材・工法

子どもの体格に合わせたサイズ展開と、シンク12色・カウンター63色の豊富なカラーバリエーションが好評の同社従来品「フラップ」
 
フラップMO
 
今回発売された「フラップMO」は、シンクの奥行を50mm小さくすることで、子どもの手がより水栓に届きやすくなっている。
カウンターの高さは3種類から選択できるほか、シンクの間口は1mm単位で指定可能で、施工場所に隙間なく設置できる。
 
 
■お問い合わせ
株式会社エービーシー商会
https://www.abc-t.co.jp



超小型EV専用機械式駐車場 「EVエコパーク®」

 分類: 建築資材・工法

世界初となる超小型電気自動車専用の機械式駐車場。
 

  • EVエコパーク®
  • EVエコパーク®2

  •  
    省スペースかつ大容量、スピーディーな入出庫といった同社の従来品である「エコパーク®」の機能に、駐車中に自動充電できるという付加価値を追加。
    超小型EV普及の課題となっている、駐車スペースと充電施設の不足を解消し、カーボンニュートラルに貢献する。
     
    ■製品の特長
    1.コンパクトで大容量
    直径9.5m、高さ15mの円筒型で、占有面積は約80m2、収容台数は40台。
    一般的な平置き駐車場では約400m2の土地が必要となるが、本製品はその5分の1程度の占有面積となる。
     
    2.スピーディーな入出庫
    入庫時間は平均18.9秒(最短15.5秒)、出庫時間は平均19.7秒(最短17.2秒)。
    待ち時間が少なく、滞留も発生しづらいため、駐車場前の広い待合スペースも不要。
     
     
    ■お問い合わせ
    株式会社技研製作所
    https://www.giken.com/ja/



    ガラスアンテナ 「WAVEATTOCH®」

     分類: 建築資材・工法

    株式会社NTTドコモ株式会社JTOWERの技術協力のもと開発された、日本国内の携帯キャリア4社に割り当てられた5G Sub6帯全周波数に対応するガラスアンテナ。
     
    WAVEATTOCH®
     
    5Gは、4Gと比較して高い周波数が用いられていることより、一つの基地局でカバーできる通信エリアが狭くなるため、5G通信エリアの拡充に当たっては基地局数をより一層増やすことが必要となる。
    しかし、新たに基地局を設置するための物理的な場所の確保および景観上の制約が課題となっており、複数の携帯キャリア間で共同使用する「インフラシェアリング」がこれまで以上に重要となることが指摘されている。
     
    本製品は「インフラシェアリング」に利用可能であり、携帯キャリアの設備投資負担の軽減に寄与する。
    また、建物の外観を損なわないデザインであるため、景観への配慮が重視される場所への導入が期待される。
    本秋よりJTOWERと商用実験を開始し、11月より商業生産を始める予定となっている。
     
     
    ■お問い合わせ
    AGC株式会社
    https://www.agc.com/



    前の10件

    最近の記事

    RSS購読する

    カテゴリ

    過去記事

     

      掲載をご希望の方へ


      土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

      けんせつPlaza

      積算資料ポケット版WEB

      BookけんせつPlaza

      建設マネジメント技術

      一般財団法人 経済調査会