建設ITガイド

トップ >> 成功事例集 成功事例集

建設ソフトやハードウェアなどのITツールを導入して成功した事例を紹介します。
サムネイル 高精度な3D計測からモデル作成までのリードタイムを大幅短縮
U's Factoryは、2013年の設立当初から点群データを活用することで、3Dモデル生成、各種図面作成に至るトータル時間を劇的に短縮できると判断。3Dレーザースキャナーを導入し、現場の状況に応じて各機種を最適に組み合わせることで、高精度な点群データを短時間で効率よく取得するノウハウを積み重ねている。
株式会社U's Factory

サムネイル 現場の声をアプリに生かして現場改革 生産性と建設業界の魅力を高める取り組み
戸田建設は、図面共有アプリ「CheX(チェクロス)」、仕上げ検査支援アプリ「LAXSY(ラクシー)」、巡回点検支援アプリ「AQuick(エークイック)」を導入する等、施工現場のIT化を積極的に推進している。背景には、生産性向上もさることながら、次世代に向けた建設業界全体の魅力向上が急務であるとの想いがあった。
戸田建設株式会社

サムネイル もしも他社の製品を導入していたら、ここまで要望に応えてくれていたかな?と感じます
施工現場をITによって効率化する、をテーマに青木あすなろ建設では、「図面・現場管理・情報共有アプリSPIDER PLUS®(スパイダープラス)」を導入した。スパイダープラスは、タブレットによる管理、写真整理の効率化、仕上げ検査のIT化だけでなく、さらに労働時間短縮と紙の削減、社員のモチベーションアップまで実現したという。
青木あすなろ建設株式会社

サムネイル eYACHOで変わる建設現場 −現場主導で業務に溶け込むeYACHO−
三井住友建設株式会社では、ICT活用による生産性向上・業務改善推進施策の一環として、建設部門において全店建築作業所の建築技術者および本・支店支援部署にiPadを導入した。標準アプリとして採用した「eYACHO for Business(以下eYACHO)」の業務への積極的な導入を進めている。
三井住友建設株式会社

サムネイル 図面や資料等をタブレットでいつでも確認 〜建設業における労働時間短縮、働き方改革を推進〜
2018年に創業135年を迎えた飛島建設。近年は建設・防災領域の高度な技術で「未来の産業振興・発展を支える企業」となるべく、企業変革を推進。「New Business Contractor(新しいビジネスを創造する者)」へと進化を目指し、同時に労働時間短縮や働き方改革の推進を図っている。
飛島建設株式会社

サムネイル BIMの取組をARCHICADで着実に進め、2D/3D併用のハイブリッドのマスターBIMに挑戦
イチケンは、商業施設を中心とする多様な建築物の企画、設計、施工、維持管理をトータルに展開している総合建設企業である。特にスーパーマーケットやホテルなど商業施設の建設に豊富な実績を持ち、蓄積した高度な技術とノウハウに定評がある。そんな同社が本格的なBIMへの取り組みを開始したのは2016年。比較的、最近始まったチャレンジだが、ユニークな取り組みの数々により、挑戦開始から4年目を迎えた現在、着実に実績を積み重ねている。
株式会社イチケン

サムネイル 適正工期での受注を推進し将来にわたる担い手を確保するために
Excelや描画系の工程表作成ソフトを使用する会社が多い中、フジタでは適正工期での受注と、それによる担い手確保を目的として「適正工期算定プログラム・コストナビ工程表日建連版」を導入している。同製品は、計画建物の階数や建築面積等の簡単な建物概要を入力するだけで工程表を自動作成することができるため、適正な工程の作成だけでなく、若手社員の教育にも有効だという。
株式会社フジタ

サムネイル 積算・見積ソフトの導入で業務の効率化を図り「働き方改革」を実現する
株式会社アシストは、創業以来「施主様の笑顔のために私は何ができるのか」を行動基本とし、大手住宅メーカーから「親身な対応」と「高い施工能力」が認められ、現在では首都圏5事業所で稼働する、関東有数の施工実績を持つ総合設備会社。
株式会社アシスト

サムネイル 積算+実行予算システム導入でヒューマンエラーを回避
西の大都市「大阪市」を地盤とし、官公庁の売上高が9 割を占める株式会社 久本組は、多彩な技術の蓄積と、地道な努力を積み重ねることで着実に業績を伸ばしている。とりわけ重要性の高い公共工事の入札・積算対策や、受注後の利益確保に対する取り組みについて、システム導入効果等を中心に工事部積算課課長の森氏に聞いた。
株式会社久本組

サムネイル タブレット型野帳で橋梁点検。ICT活用で内業時間が激減 少人数で直営点検数の増加に対応
宇治市維持課保全係は、市内全域の橋やトンネルなどの点検・修繕、道路の舗装や照明の維持管理から、市民の依頼による側溝の修繕まで幅広い業務を行う。そこで橋の点検業務の効率化を考えていた時期に「アレリオ橋梁点検」を知り、導入を決定。導入後の成果について、維持課保全係の松田氏に伺った。
宇治市役所

前の10件

新製品ニュース

3D建築CADとデータ連携ができる間取り作成アプリ『まどりっち』


建設ITガイド 電子書籍 2020版
建設ITガイド2020のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会