建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> カナフレックスコーポレーション、大成ロテックと業務提携 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

カナフレックスコーポレーション、大成ロテックと業務提携

2023年1月17日 分類: その他

建設用資材メーカーであるカナフレックスコーポレーション株式会社(本社:大阪府大阪市、代表:金尾茂樹)は、大手道路舗装会社である大成ロテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表:西田義則)と2022年12月30日に、土木資材・建設資材・再生可能エネルギー用資材の新製品の開発、新分野の開拓を共同または協力して推進することを目的とした業務提携を締結した。
 
カナフレックス
 
 
■概要
カナフレックスコーポレーションは、インフラを支えるパイプ、ホースの他、電線共同溝特殊部や老朽化した管路を更生させるための工法を開発、販売。
2015年には従来コンクリートに変わる全く新しい材料、繊維補強軽量セラミックス材 『カナクリート(Kanacrete™)』の開発に成功。
通常のコンクリートに比べ軽量であるにもかかわらず、約3倍の曲げ強度と約2倍の圧縮強度を有し、かつ断熱性にも優れており、多くの製品を開発し日本の土木建設、インフラを支えている。
 
同時に大成ロテック株式会社は、人に快適な道づくり、環境に配慮した舗装を目指し、舗装技術の研鑽に努めてきた。
道路舗装のエキスパートとして、高速道路や一般道路、空港・港湾、街路などの社会基盤整備に取り組んでいる。
また、住みよい住環境を整える宅地造成工事、上下水道管や電線類のライフラインを地中化する管路工事など、災害に強いまちづくりを支えている。
 
日本のインフラは現在インフラの老朽化が進み、深刻な社会問題となっており、今後20年で建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなる見込みだ。
このインフラ老朽化問題を解決するためには、早急な更新工事が必要だ。
この度の大成ロテック株式会社との業務提携により、共同で研究、開発、設計、試作、商品化生産、販売を進めることにより、より良い優れた製品を、よりスピーディーに提供する。
 
 
 
■お問い合わせ
カナフレックスコーポレーション株式会社

https://kanaflex.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会