建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 早期復旧法・強化復旧法 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

早期復旧法・強化復旧法

2022年5月24日 分類: 土木資材・工法

降雨や地震により被災した盛土の早期復旧を実現する工法。
岡三リビック株式会社小岩金網株式会社ライト工業株式会社との共同研究により開発されたものである。
 
早期復旧法・強化復旧法
 
■早期復旧法
盛土が被害を受けた場合に、大型土のうの代わりにかご枠を使用するのが特長。
被災した区間にかご枠を設置し、その中に砕石を埋めることで早期復旧を可能にする。
また、従来工法のような複雑な工程がなく、耐降雨性も7割程度向上し、さらに工期は3割、工事費は6割削減することができる。
 
■強化復旧法
早期復旧法に地山補強材を追加施工することで耐震性能を高める工法。
早期復旧法に比べ5割程度強い地震まで耐えることができる。
 
なお「強化復旧法」は、令和元年の台風19号で被災した三陸鉄道リアス線の盛土復旧工事に採用されている。
 
 
■お問い合わせ
公益財団法人鉄道総合技術研究所
https://www.rtri.or.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会