建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> LIXILが断熱リフォーム工法『ココエコ(ウォールインプラス)』をモデルチェンジ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

LIXILが断熱リフォーム工法『ココエコ(ウォールインプラス)』をモデルチェンジ

2014年6月10日 分類: 住宅建材

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長: 藤森 義明)は、“一部屋単位”で断熱リフォームができる工法『ココエコ』について、 リフォームに使用する断熱パネル『ウォールインプラス』のモデルチェンジを行い、対象エリアを省エネ基準(平成25年基準)地域区分4地域(旧Ⅲ地域)以南の国内全地域に拡大の上、6月1日に発売した。
 
LIXILが断熱リフォーム工法『ココエコ(ウォールインプラス)』をモデルチェンジ
 
■工法の概要
防音・断熱内窓「インプラス」に加え、 厚さ215mmの一般的な断熱材(グラスウール16kg)の断熱性能に相当する“厚さ12mmの真空断熱材”を採用した断熱パネル「ウォール インプラス」(パネル厚30mm)「フロア インプラス」(パネル厚15mm)を使用し、窓・壁・床の断熱リフォームが、部屋の内側から“一部屋単位”で容易に施工可能。
 
今回のモデルチェンジでは、断熱パネル「ウォールインプラス」を、 断熱性能や価格はそのままに、石こうボードと真空断熱材が一体化したパネル仕様(パネル厚30mm)とした。
これにより、従来必要だった石こうボードの施工工程を省くことができ、これまで早くても3日はかかっていたリフォーム工事を、最短1日で実施することが可能となった。
また、接着剤を使用してパネルを壁に圧着するだけの簡単施工のため、現場加工やビス留めの手間がほとんど不要となっている。
そのため、施主は隣室にいても騒音や粉じんをほとんど気にすることなく、生活することが可能。
さらに、事前の採寸や割付の必要がない、その場でカットして使用する「規格パネル」 も新たにラインアップした。
 
■問合せ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会