建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発

2022年6月2日 分類: 建設機械・工具

株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区、取締役社長:佐々木 正人)は、株式会社東海理化(本社:愛知県丹羽郡、代表取締役社長:二之夕 裕美)、株式会社東海理化クリエイト(本社:名古屋市東区、取締役社長:林 茂)、株式会社レンタルのニッケン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:南岡 正剛)と共同で、位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発した。
 
位置プラス「高車管理」のキーレスシステムを開発
 
■開発の背景
近年需要が増えている物流倉庫や生産施設、商業施設などの建築工事では、内装・設備工事の足場として多くの高車を使用している。
そのため元請会社は高車をレンタル会社から一括で借り受け、日々使用する協力会社を割り当てる配車を行い、配車に合わせて高車鍵の貸出・返却管理業務を行っている。
 
株式会社竹中工務店は、2021年に高車の位置や予約等を統合的に管理できるアプリ「高車管理」を開発し配車に関わる業務を効率化してきたが、鍵の貸し出し・返却業務には手間がかかっていた。
そのため高車鍵のデジタル化は現場からの要望も強かったが、レンタル会社が保有する高車のメーカー・機種は多数あるため、これらに対応するキーレスシステムの開発は難易度が高く、実現できていなかった。
 
しかし今回、アプリの予約機能と株式会社東海理化のデジタルキーを連動することで、高車鍵のスマートフォンアプリでの解錠が可能になり、元請会社・協力会社の鍵管理手間を大幅に削減することができるようになった。
 
 
■システムの概要
位置プラス「高車管理」は、高所作業車の位置把握や予約等を行う業務アプリである。
そのキーレスシステムは、建設現場への搬入前に高車の鍵部分に予め取付ける「外付けキーレスデバイス」と、建設現場内で高車管理アプリの予約機能と連動して解錠信号を送信できる「解錠システム」で構成されている。
「解錠システム」「高車管理」アプリの予約機能とデジタルキーを連動させ、予約者のスマートフォンのアプリを通じてBluetoothの解錠信号を送信。
そうして「外付けキーレスデバイス」が解錠信号を受け付け、解錠の制御を行う仕組みである。
 
 
■問い合わせ先
株式会社竹中工務店
https://www.takenaka.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会