建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

構造計算システム KIZUKURIシリーズの新バージョンをリリース

2016年12月1日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、有限会社木造舎(本社:神奈川県横浜市、取締役:金 廣和)から事業を譲受した構造計算システム『KIZUKURI』および『KIZUKURI 2x4』の新バージョンを2016年12月5日にリリースする。
 
構造計算システム KIZUKURIシリーズの新バージョンをリリース
 
■製品の概要
軸組工法対応の『KIZUKURI』および枠組壁工法対応の『KIZUKURI 2x4』は、それぞれの工法による木造建築物および混構造の木造部分の構造計算を行うソフトである。
各製品の主な特長と新機能は下記の通り。
 
『KIZUKURI Ver7.5』
●主要金物メーカー5社の柱梁接合金物テンプレートを提供
構造躯体工法の主流となる「柱-梁接合金物」「梁-梁接合金物」の固定荷重等の共通情報が含まれるテンプレートを主要5メーカーからの許諾により、提供できるようになった。
また、最適な金物を自動で選定できる機能も搭載。
【対応金物メーカー】カナイ、カネシン、ストローグ、タツミ、タナカ
●中大規模建築物の計算が可能
X/Y方向の通り数を180通り/179グリッドに拡張し、中大規模建築物の計算が可能となった。
 
 
『KIZUKURI 2x4 Ver5.0』
●概要書の出力項目を追加
 ・建物規模(延べ面積・建築面積 他)
 ・構造上の特徴
 ・構造計算方針
 ・適応する構造計算(計算チャート)
●その他の新機能
 ・たて枠材・マグサ材の登録部材の「検定計算結果一覧表」が出力可能となった。
 ・接合部の設計一覧の(金物覧)に引き寄せ金物を表示できるようになった。
 ・略伏図の壁のプロパティに「両端部金物設定」機能を追加し、引き抜き力略伏図に使用する
  引き寄せ金物を出力できるようになった。
 
■標準価格(税抜)
KIZUKURI Ver7.5:\450,000
KIZUKURI 2x4 Ver5.0:\450,000
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/



ホームズ君省エネ診断エキスパート『すまいのエコナビオプション』

2016年11月25日 分類: 建築系

株式会社インテグラル(本社:茨城県つくば市、代表取締役:柳澤泰男)は、ホームズ君省エネ診断エキスパート
『すまいのエコナビオプション』を強化した新バージョンを2016年12月下旬に発売する。
 
ホームズ君省エネ診断エキスパート『すまいのエコナビオプション』新バージョン発売
 
■製品の概要
建築物省エネ法の省エネ基準では、立地の日当たり度合いを考慮せず建物が日影になることが一切ないことを前提とした外皮性能と
一次エネルギー消費量を基準として定めているため、実状と異なることがあった。
 
これに対して、新バージョンでは、ホームズ君の直感的なインターフェイスと動的熱負荷計算エンジンEESLISMエンジン(※)
との連携により、建物の断熱仕様と敷地の立地条件を入力するだけで、省エネ基準に基づく外皮性能(UA値、ηAC値)のみならず、
建物への日影のかかり方と気象データから実状にあった日射取得量を精緻に計算し、さらに、壁体の材料構成から求められる
断熱性能に加え蓄熱性能(熱容量)、暖冷房運転スケジュール、在室人数、内部発熱、換気経路等を考慮した
精緻な暖冷房負荷計算・室温計算が簡単に行えるようになった。
精緻な暖冷房負荷計算ができることで、本当のゼロエネルギー住宅の設計、最適室温を考慮した快適かつ健康度の高い設計、
太陽エネルギーを活かしたパッシブ設計が可能となる。
 
(※):EESLISMは、建築環境学の第一人者である工学院大学名誉教授宇田川光弘氏らが開発した建築周囲環境および
設備システムを含めた多数室動的熱負荷計算プログラム(フリーウェア)で、建築、設備の両方で構成される建築熱環境制御システムの
汎用シミュレーションプログラムとして実績がる。
EESLISM提供者に使用許諾を得て、ホームズ君に同梱して出荷するもの。
また、このEESLISMとホームズ君の連携については、佐藤エネルギーリサーチ(株)、東京大学准教授前真之氏、前研究室メンバーに
技術指導を受けて開発を行った。
 
■標準価格(税込)
183,600円
 
■問い合わせ先
株式会社インテグラル
TEL:029-850-3331
http://www.integral.co.jp/



デザイン・設計業務の効率化を実現する『Vectorworks2017』発売開始

2016年11月16日 分類: CAD、BIM・CIM

キヤノンマーケティングジャパングループのエーアンドエー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:川瀬英一)は、
デザイン・設計業務の効率化を実現するCADソフトの新バージョン『Vectorworks 2017』を2017年1月13日に発売した。
 
デザイン・設計業務の効率化を実現するCADソフトの新バージョン『Vectorworks2017』発売開始
 
■製品の概要
『Vectorworks 2017』は、2D/3Dのシームレスな作図・モデリング機能をはじめ、
彩色豊かなプレゼンテーション、リアルなレンダリングなど、デザイナーの設計環境を支援する汎用CADソフトウエアである。
また、BIM・建築設計/インテリア、舞台設計、ランドスケープデザインの各専門分野製品ラインナップにより、
デザイン・設計業務のさらなる効率化を実現する。
主な特長は下記の通り。
 
1.さらに進化した3Dモデリング機能
・3Dソリッド、ポリゴンメッシュなどの各図形からサブディビジョン図形への変換機能を搭載
 手軽な3Dモデリングを実現
・新たにブリッジモード、ミラーモデリングモードを搭載。柔軟な3Dモデリングを実現
 
2.拡張されたBIMワークフロー
・クラウドストレージとの連携したプロジェクト共有
・プロジェクト共有の共有管理機能を強化。図形単位の管理を実現し、利用状況をカラーとスクリーンヒントで即座に判別が可能
・Revitデータ形式(.rvtファイル/.rfaファイル)の取り込み機能を搭載
・室内展開図を自動生成する室内展開図機能搭載
・陸屋根の勾配と谷線の作成が可能なスラブ水勾配ツール
 
3.新たなシェアインターフェイス
・Webビュー取り出し機能を搭載(デザインシリーズ以上)
 WebブラウザーやVRゴーグルで3Dモデルの空間を仮想体感可能
・実写データと3Dモデルとのフォトモンタージュを実現するCamera Match機能を搭載
 イメージを具現化したプレゼンテーションが可能
・多彩な2D表現を追求した2D図形や文字への影の表現効果と透明な背景のイメージ取り出し
・誰でも利用できるVectorworks Cloud Services でVectorworks 2017でのコミュニケーションを強化
 
4.用途、利用環境ごとに選択可能な充実の製品ラインナップ
・ベーシックな「Vectorworks Fundamentals」をはじめ、BIM・3D設計を可能にする建築設計向けの「Vectorworks Architect」、
 造園設計向け「Vectorworks Landmark」、舞台照明/設計向け「Vectorworks Spotlight」など専門分野ごとに選べる製品構成を
 提供。
・PCごとにライセンスを管理する「スタンドアロン版」とサーバ/クライアント型で大規模なライセンス管理、運用を可能にする
 「サイトプロテクションネットワーク版」の2種を用意
 
■標準価格(税別)
30万5,000円〜
 
■問い合わせ先
エーアンドエー株式会社
TEL:03-3518-0131
http://www.aanda.co.jp/



VRに対応した新商品バーチャル空間体感システム『GLOOBE VR』発売

2016年11月2日 分類: 建築系

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、 代表取締役社長:林 治克)は、
VR(バーチャルリアリティ)に対応した新商品バーチャル空間体感システム『GLOOBE VR』を11月24日にリリースする。
 
VRに対応した新商品バーチャル空間体感システム『GLOOBE VR』発売
 
■製品の概要
GLOOBE2017で作成したBIMモデル(3次元建物モデル)を利用し、これまでの紙や画面で視るだけのプレゼンテーションから、
圧倒的な没入感でまるで自分がその場に立っているかのような空間体験が可能となる。
7月より販売中の「ARCHITREND VR ※」と同様に、Oculus Rift(オキュラス リフト)、HTC Vive(バイブ)などの
ヘッドマウントディスプレイを装着することで、建物内外の空間スケールや設備機器の配置イメージをリアルに感じる事ができ、
建材・設備と住まいの3D シミュレーションサイト「3D カタログ.com」と合わせて活用することで、
リアリティのあるプレゼンテーションが可能。
※「ARCHITREND VR」は、同社 3D 建築CAD システム ARCHITREND ZERO 専用のバーチャル空間体感システム。
 
■標準価格(税別)
【GLOOBE VR 本体】 360,000 円/年
 ・Oculus ビューア 60,000 円/年
 ・Vive ビューア 60,000 円/年
 
※1年毎に契約更新が必要。
※GLOOBE VRの利用には「GLOOBE VR 本体」、及び「Oculus ビューア」もしくは「Vive ビューア」のいずれかが必要。
※VR体験には、GLOOBE 2017以降の「GLOOBE 基本」以上のプログラムが必要。
※VR体験には、上記ソフト以外に「Oculus Rift」「HTC Vive」いずれかのヘッドマウントディスプレイが必要。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
TEL:0776-67-7110
http://archi.fukuicompu.co.jp/



建築ピボット 建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』

2016年10月31日 分類: CAD、BIM・CIM

株式会社建築ピボット(本社:東京都文京区、代表取締役社長:千葉貴史)は、データ連携の強化、構造や法規などの
専門分野の機能の充実など、様々な改善を行った建築設計・製図CAD『DRA-CAD15シリーズ』を新発売する。
 
建築ピボットが建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』を発売
 
■製品の概要
「DRA-CAD」は、直感的に目的の操作が行える建築設計・製図CADである。
デザイン、シミュレーション、プレゼンテーション、基本設計、実施設計、行政への各種申請・届出、施工図作成、
維持管理関連業務など、建築の企画から生産、運用までのあらゆる場面をカバーし、
さまざまな業種、職種のユーザーが利用できる設計支援ソフト。
PDFのCADデータ変換をはじめさまざまな形式のデータを有効利用でき、他社CADデータ(DWG/DXF/JWW)や
SXFとの互換性に優れている。
また、IFCファイルを介してBIMソフトとも連携可能。
面積表や建具表、法規対応機能、構造図作成コマンドも標準装備し、画像や文字の表現手法も多彩。
 
今回の新バージョンでは、同社の「i-ARM」をはじめとしたさまざまなソフトウェアのデータを利用し、設計業務を円滑に進めるため、互換性の向上や連携機能の強化を行った。
また、図面編集に関するコマンドの改良や、構造設計や設備設計向けの新機能、法規や建築計画の専門機能などの機能を追加した。
主な特長は下記の通り。
 
●データ連携、リソース共有による円滑な設計業務をサポート
・AutoCADとのデータ変換
・Jw_cadとのデータ変換
・i-ARMとの連携
・分散レンダリング
 
●構造設計、設備設計向け機能
・網掛けハッチング
・クイックメジャー
・グリッド
 
●3次元の表現手法の追加と操作性の向上
・帯筋文字
・断面性能
・アイソメ変形
 
●法規など建築専門機能
・任意座標求積表
・有効換気面積(居室)の計算
・トイレの適正器具数算定
 
●その他の新機能
・ポリライン内選択と前回の選択
・マルチタッチ対応
 
※出荷時期
【DRA-CAD15】2016年11月1日出荷
【DRA-CAD15 LE】2016年11月15日出荷
 
■標準価格(税別)
【DRA-CAD15(建築設計・製図CAD)】:190,000円
【DRA-CAD15 LE(2次元製図CAD)】:95,000円
 
■問い合わせ先
株式会社建築ピボット
http://www.pivot.co.jp/index.html



メガソフトから仮想現実空間を自作できるVR体感システム

2016年10月20日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、高さや空間の広がりをヘッドマウントディスプレイで
体感できる仮想現実空間を、自作・編集できるVRシミュレーションシステム『メガソフトVRソリューション ハウジングエディション』を10月26日より販売開始する。
 
仮想現実空間を自作できるVR体感システム『メガソフトVRソリューション ハウジングエディション』
 
■製品の概要
まるでその場にいるかのような没入感を体感できるVRヘッドマウントディスプレイだが、それには専用のコンテンツが必要である。
これまで仮想現実データの制作は専門業者に外注することが一般的で、VRを利用したい企業にとってはその都度コストと時間が
かかることが課題であった。
 
本システムは、豊富な3DコンテンツをVRヘッドマウントディスプレイで閲覧するためのオールインワンシステムで、
ヘッドマウントディスプレイ用の仮想現実空間の作成、仮想現実空間の体験がワンストップで行える。
また、シミュレーション機能を使って、目の前にあるように感じる家具や設備、壁紙、床材などをその場で変更することも可能。
 
360度VRを閲覧するには、ヘッドマウントディスプレイと、それを動作させるための高性能なPCが必要だが、本システムは、
動作確認済みのそれらのハードウェアを同梱し、初期導入や年間保守などのサポートもついている。
360度VRを実際に体験できるショールームも同社の東京事務所内に設置している。
※VR体験は要予約、詳細はメガソフト法人営業部(03-5213-6730)まで。
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:03-5213-6730
http://www.megasoft.co.jp/



設計変更業務に新たな仕組みを提供する『設計変更システム』発売

2016年10月14日 分類: 建設共通

株式会社建設システム(本社:静岡県富士市、代表取締役:栗田富夫)は、設計変更業務に新たな仕組みを提供する
『設計変更システム』を、10月27日より発売する。
 
設計変更業務に新たな仕組みを提供する『設計変更システム』発売
 
■製品の概要
従来の目視による設計書・設計図の照合や、電卓等による手計算での数量確認、変更した図面情報を計算書に反映させるなどの
設計変更業務の負担を軽減し、効率的で正確な設計変更作業を実現。
主な特長は下記の通り。
 
デキスパートに取り込んだ設計書数量(積算情報)を元に、CAD図面上の数量(旗上げ等の数値)を検索し、照合することにより、
効率的で正確な作業を実現。
また、設計書・設計図の照合時に、CAD図面上の数量と、デキスパートに取り込んだ設計書数量を関連付けしておくことにより、
朱書きした図面の変更情報をデキスパートに取り込むことが可能。
さらに、日々の施工時に変更した図面情報を取得し、計算書・延長調書に朱書き等を半自動で反映することができる。
操作性は使い慣れたExcelベースなので、導入後すぐに使用することができる。
 
■標準価格(税別)
500,000円
 
■問い合わせ先
株式会社建設システム
TEL:0545-23-2600
http://www.kentem.jp/news/20161003_01/



福井コンピュータ 住宅プレゼンソフト『Roomo3D(ルーモ3D)』を発売

2016年9月29日 分類: 建築系

福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂寅輝)では、建材・設備と住まいの
3Dシミュレーションサイト「3D カタログ.com」の建材・設備データと連携し、新築戸建て住宅やリフォームプランなどの
提案に必要な資料を短時間で作成できる「3D カタログ.com」専用の住宅プレゼンソフト『Roomo3D(ルーモ3D)』を、
10月4日より発売する。
 
福井コンピュータドットコムが住宅プレゼンソフト『Roomo3D(ルーモ3D)』を10月4日より発売
 
■製品の概要
本製品は、国内の主要な建材・設備メーカー101社、約4,500シリーズの製品が収録されている「3D カタログ.com」と
密に連携しながら運用できる、住宅プレゼン用ソフトウェアである。
住宅営業担当者やコーディネータが、3DCGパースを使った初期提案や、詳細な設計を必要としないリフォーム提案で
活用できる機能が充実しており、短時間で簡単に3D住宅モデルを作成できる操作性と、導入しやすい料金体系を
実現している。
また、モデリングやプレゼンといった主要機能の他に、プラン提案と同時に見積もりの提示が可能となる「営業見積」も
オプションとして同時発売する。
主な特長は下記の通り。
 
●実際の住宅設備・建材データを活用したプラン提案
「3D カタログ.com」と完全連携し、実際の住宅設備・建材データを活用した新築およびリフォームの提案を実現。
●新築・リフォーム提案資料を短時間で作成
・間取り入力と同時に3Dモデルが生成され、数分程度で1棟分のモデリングが完成する抜群の操作性を実現。
・高品質&高速レンダリングで、誰でも美しいCGパースを簡単に作成可能。
・使用建材が自動でレイアウトされるプレゼンボード作成機能を装備。
 テンプレートも豊富に取り揃えている。
●リフォームイメージ提案ならモデリング不要
 水まわりや外装のリフォームイメージ提案の場合など、「3D カタログ.com」のサンプルプラン上でシミュレーションし、    「Roomo3D」にプランをダウンロードして活用が可能。
●プラン作成と同時に見積り提示が可能
 作成したプランをもとに、床・壁・天井まで数量を算出し、テンプレートを使って自動的に見積書を作成可能なため、
 受注活動を強力に支援。
●WEB上で施主への提案が可能
 作成したプランは「3D カタログ.com」上で施主に提示が可能で、実際の住宅設備・建材データを使った
 カラーコーディネートや仕様検討が可能。
●30日間無料体験と低価格の利用料で、導入のしやすさも特徴
・教材動画を見ながら、実際にプラン作成や「3D カタログ.com」のコンテンツ利用など、サービスを30日間無料で
 体験してから契約が可能。
・利用料は月額1万円(税抜)からで、導入しやすい料金設定としている。
・更新プログラムを随時提供し、常に最新の環境にて利用可能。
 
■標準価格(税別)
【Roomo3D】:月額10,000円
 ※ 3D住宅モデリング、CG レンダリング、プレゼンボード作成が可能。
 ※ 3Dカタログ.com有料会員Bの機能、動画教材が付属。
【営業見積(オプション)】:月額3,000円
 ※ 見積計算、見積書作成が可能、動画教材が付属。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com



BIMデータから3Dインタラクティブコンテンツを作成する『Autodesk LIVE』

2016年9月27日 分類: CAD、BIM・CIM

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:マイケル・キング)は、ソフトウェアとクラウド サービスを
連携させて、高品質な3Dインタラクティブ ビジュアライゼーションを実現する技術「LIVE Design」の開発を進めている。
 
その第1弾として、BIMソフトウェア「AutodeskR RevitR」のBIMデータから、バーチャル リアリティ(VR)などに使える
3Dインタラクティブコンテンツを簡単な操作で作成できるクラウドサービス『Autodesk LIVE』を、9月下旬から
同社オンラインストアで発売する。
 
BIMデータから3Dインタラクティブコンテンツを作成するクラウドサービス『Autodesk LIVE』
BIM データのプロパティを 表示している例
 
■サービスの概要
建設業界では、建物の外観や内部の情報をプロジェクトの関係者と共有したり、施主や利用者に説明したりする際に、
2D/3D CGを使用することが頻繁にあるが、制作は専門業者に外注することが一般的である。
この場合、2Dでは完成後のスケール感や雰囲気を体験しにくく設計意図が伝わらなかったり、
3Dでは制作に時間と費用がかかり、変更・修正の手間も発生する。
これに対して『Autodesk LIVE』は、設計者がRevitの簡単な操作で建物のリアルな3Dインタラクティブコンテンツを制作できる。
 
このコンテンツは建物の外観や内部を実際の建物のように表現して、見た目やスケール感を確認できるだけでなく、
車椅子や高齢者、子供の利用を想定して視点の高さを変えて内部を移動しながら、障害物の有無や扉の動きの
安全性を検討したりすることが可能。
また、季節の気象条件を変えて、太陽光が窓からどこまで差し込むかを確認して照明の量を検討したり、
人や植物の3Dデータをコンテンツ内に配置して人の流れや視線に入る風景を確認することもできる。
 
このサービスを利用することで、建設プロジェクト関係者、施主、利用者など、立場の異なる人たちが完成前の建物や
施設の内外をバーチャル上でリアルに体感できるようになるので、今までとは異なる新しい方法でプロジェクトの
品質向上を目指すことができる。
 
●建設プロジェクト関係者のメリット
このコンテンツにはBIMデータが含まれるので、完成後のイメージが理解・共有しやすくなるだけでなく、
より質の高いレベルの情報共有による業務効率の向上と作業品質の向上が期待できる。
検討後の修正は設計者がRevitのBIMデータで行うので、外注業者や多くの人を介在する必要がなく、
全ての情報が一元管理される。
 
●施主、利用者のメリット
着工前や完成前に、さまざまな条件の使い勝手をバーチャルでリアルに体感できるので、運用後のイメージを
より明確に理解することができる。
また、異なる用途で見せたい場面だけを組み合わせてプロモーションに使用することも可能。
Autodesk LIVEで制作した3Dインタラクティブコンテンツは、無料で提供するビューワを使用してVR機器、
iPadR、PCなどで見ることが可能で、現場を離れた会議室でも時差のある海外でもいつでも見ることができる。
さらに、「Autodesk LIVE」で作成したデータを同社ゲーム制作エンジン「Stingray」で加工すると、
コンテンツを見る操作画面を用途に合わせて柔軟に変更することも可能。
 
■標準価格(税抜)
【Autodesk LIVE】:1カ月 5,000円
※同社オンラインストアにて提供
【Autodesk LIVE Viewer】:無償
※同社Webサイトにて提供
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp



住まいの仕様検討やカラーコーディネートをWEB上で実現する新サービス

2016年9月26日 分類: CAD、BIM・CIM

福井コンピュータドットコム株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:野坂寅輝)では、建材・設備と住まいの
3Dシミュレーションサイト『3D カタログ.com』において、住まいの仕様検討やカラーコーディネートをWEB上で実現する
新サービスを、10月4日より提供開始する。
 
福井コンピュータドットコムが住まいの仕様検討やカラーコーディネートをWEB上で実現する新サービスを開始
 
■サービスの概要
建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト『3D カタログ.com』(https://www.3cata.com)は、主要建材メーカー101社、
約4,500シリーズの製品を収録した“複合型WEBショールーム”として、2016年4月よりサービスを提供している。
今回提供開始するサービスは、新築戸建てやリフォーム案件において、成約後にCADで設計される住宅プランデータを
「3D カタログ.com」上で施主と共有し、実際に使用する建材や住宅設備をWEB上で視覚的にコーディネート、
選定を行えるサービスである。
 
提案側となる住宅会社は、自社で取り扱い可能な建材や住宅設備の候補を絞りこんだ提案が可能で、
候補の中から施主に選定を依頼する。
提案された施主は、サイト上に立体表示されるプランに建材や住宅設備を配置し、好みのコーディネートを視覚的に確認しながら、
実際に使用するものを選定できるため、イメージ通りの住まいづくりに役立つ。
 
●「3D カタログ.com」新サービスの運用イメージ
①実際の設計プランを公開
 CADで設計したプランを「3D カタログ.com」にアップロードし、自社で取扱い可能な建材などを設定した状態で提案。
②建材・住宅設備を視覚的に選定
「3D カタログ.com」に公開されたプランに、提案された建材を使ってコーディネートし、選定結果を住宅会社に連絡。
③コーディネート結果を設計に反映
 コーディネート結果を「3D カタログ.com」からCADにダウンロードし、各種図面や積算などに反映させることが可能。
④コーディネート結果を出力
 コーディネート結果をイメージボードとして出力・印刷することも可能で、具体的な打ち合わせなどに使用できる。
 
さらに提案中のプランデータをVR(バーチャルリアリティ)システムへ連携させることも可能で、実際のスケール感を確かめながら、
住まいづくりの検討を具体的に行えるようになる。
 
■問い合わせ先
福井コンピュータドットコム株式会社
TEL:0776-67-8890
http://www.fukuicomputer.com



前の10件

最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会