建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> その他 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

連結して使える連結機構台座付きナノクリスタルコアを発売

2022年4月27日 分類: その他

星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山晃章)は、長年にわたり蓄積された技術を活用し、ノイズ対策製品シリーズの新ラインアップとして、「連結機構台座付きナノクリスタルコア」を発売した。
 
連結して使える連結機構台座付きナノクリスタルコアを発売1 連結して使える連結機構台座付きナノクリスタルコアを発売2
 
■製品の概要
連結機構台座付きナノクリスタルコアは、高透磁率のナノ結晶磁性材料を用いることで、広帯域(10kHz~100MHz)で優れたインピーダンス特性を有し、広い温度範囲(-40℃~130℃)でも安定した性能を保つことができる。
また、連結使用を想定した形状により、設置時の作業性と安定性を向上させた。
 
 
■製品の特長
1.標準仕様と耐磁気飽和仕様との2タイプ
2.連結使用を想定した設計でガタつきを低減
3.台座により取付け作業が容易
4.広い温度範囲(-40℃~130℃)でも安定した性能
 
 
■製品の詳細
 
形番:E04RKD784026BCN
仕様:標準
 
形番:E04RKE784026BCN
仕様:耐磁気飽和
 
 
■問い合わせ先
星和電機株式会社
https://www.seiwa.co.jp/



366通りのエコチューニングファクトブック「ECOTUNING FACT 366」を一般公開

 分類: その他

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会(本社:東京都荒川区)は、これからの脱炭素時代に向けた「エコチューニング」の哲学から経済メリット、代表的な手法などを紹介するエコチューニングファクトブック「ECOTUNING FACT 366」(電子ブック版)を公開した。
 
366通りのエコチューニングファクトブック「ECOTUNING FACT 366」が一般公開
 
■背景
地球規模で脱炭素が叫ばれている今、企業や自治体は再生エネルギー導入や省エネルギーを率先して行うことが求められている。
しかし、高額な投資を必要とする再生エネルギー設備を即座に採り入れることは難しいのも事実である。
そこで、大きな設備投資を必要とせず建物の設備機器の運用を最適化することで温室効果ガスと光熱水費を削減できる技術、環境省の「エコチューニング」である。
 
この技術は366通りもあり、それぞれの建物に合わせた「温室効果ガスと光熱水費削減」の方法を見つけることができる。
自治体や民間事業者のエコ化ガイドとして、またこれからの日本に必要な「脱炭素+省エネルギー教育」の学校教材として、活用の幅を広げている。
 
 
■ECOTUNING FACT 366 電子ブックの概要
 
構成:61頁(ActiBook)
利用料:無料
 
対象
脱炭素・省エネ推進実施者:自治体担当者、民間のビルオーナーなど
脱炭素・省エネ教育:中学生以上(大人まで)
 
推進主体
公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会
エコチューニング推進センター
 
ECOTUNING FACT 366 公開サイト
https://ecotuning.jp/
 
 
■エコチューニングとは
エコチューニングとは、環境省が確立・推進する事業である。
「地球温暖化対策計画(令和3年10月22日閣議決定)」に明記された施策で、また「環境配慮契約法」「グリーン購入法」「地方公共団体実行計画」のために、環境省が推奨する施策である。
建物の「既設の設備機器の運用改善」によってエネルギー消費効率の高い機器への入れ替えなどの設備投資が不要になり、ムダなエネルギーの削減によって温室効果ガス削減を実現。
しかし一般的な「暑い、寒い、暗い」といったガマンは必要なく、快適性や生産性はそのまま。
一過性の省エネルギー診断や機器の更新とは異なり、常にエネルギーの「診断→計画→運用→改善」を行い、継続的に温室効果ガス削減を実現する施策である。
 
 
■りそなグループによるZoomセミナー
 
「ECOTUNING FACT 366」一般公開とともに、エコチューニング推進に賛同している、りそなグループによるZoomセミナーが開催される。
 
日 時:2022年6月7日(火)15:00~16:30(Zoom)
定 員:100名
参加費:無料
 
第1部
「南極で体験した地球気候変動と二酸化炭素」
第62次南極地域観測隊・越冬隊員 伊達元成氏
 
第2部
「ビルを丸ごと節電しながら脱炭素を進める方法(エコチューニング)」
三幸株式会社 兒玉憲明氏(エコチューニングコンサルタント)
 
「エコチューニングファクトブックのご紹介」
公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会 ビルメン WEB 編集長 内野一郎(うちの・いちろう)氏
 
主催:りそなグループ(りそな銀行/埼玉りそな銀行/関西みらい銀行/みなと銀行/りそな総合研究所)
後援:公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会
 
 
■問い合わせ先
公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会
エコチューニング推進センター
https://eco-tuning.j-bma.or.jp/



転職支援サービス「caree tech(キャリテック)」

2022年4月4日 分類: その他

SAT株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:二見 哲史)は、新しい事業として4月中旬から、現場・技術系仕事に特化した転職支援サービス「caree tech(キャリテック)」を開始する。
 
転職支援サービス「caree tech(キャリテック )」が4月から始動
 
求職者と企業 をマッチングさせるWEBサイト「caree tech」は、資格取得から就職・転職までを一貫してサポートすることで、「資格を取ったはいいが、どのように活用していけばいいのか?」といった資格取得後の不安や悩みを解消する。
また、慢性的な人手不足に悩む業界全体の課題解決にも貢献していく。
 
■背景
総務省がまとめた2021年の労働力調査の平均結果によると、産業別にみた場合の建設業の就業者数は482万人で前年度比10万人の減少が報告されている。
建設業の就業者数は2016年に500万人を割り込み、2018年に503万人まで回復したものの、再び減少に転じて、3年連続で500万人を下回っている現状である。
特に就業者の高齢化などもあり、慢性的な人手不足が業界の課題となっている。
 
就労者数の推移
 
 
■求職者と企業をマッチングする転職支援サービス
そこでSAT株式会社では、これまでの通信教育に並ぶ新しい事業として、現場・技術系の仕事に特化した「転職支援サービス」を4月中旬から開始。
資格を所持し、働く意欲のある人と人材を欲している企業をマッチングさせるWEBサイト「caree tech」で双方を結び付ける役割を担う。
現場・技術系資格に特化した通信教育を取り扱っている同社のパイプを基に、高確率で就職・転職をつなげていく。
 
一貫してサポート
資格取得から就職・転職までを一貫してサポート!
 
 
■caree techの概要
求職者の登録は無料で、求人を掲載する企業側は、マッチングが成立した時点で年収の一部を支払う。
また、企業側が登録している求職者に対してスカウトのメールを送ることができるスカウト制度も導入している。
 
利用の流れ
利用の流れ
 
 
■問い合わせ先
SAT株式会社
https://www.sat-co.info/



土木学会CPD認定プログラムを取得した「施工動画!」リニューアルオープン

2022年4月1日 分類: 土木資材・工法 | その他

一般財団法人 経済調査会(東京都港区、理事長:森北 佳昭)は、2020年12月に開設した動画コンテンツ「施工動画!」を、2022年4月1日にリニューアルオープンした。
 
施工動画!
 
 
「施工動画!」は、3Dモデルによる工事の施工手順や積算方法をWeb上で「いつでも」「どこでも」学べ、公共土木工事に携わる施工者、設計者、発注者が広く活用できる。
2022年4月より、これまでの10工種に加え新たに18工種を追加し、さらに土木学会CPD認定プログラム(e-ラーニング)を取得した。
 
 
■「施工動画!」の特長
1.さまざまな工種の施工手順や留意点が分かる
国の基準に準拠した工種で、「土木施工単価」、「工事歩掛要覧」等に掲載されている工種を対象に3Dモデルにより動画を作成しており、実際の作業手順(流れ)や施工上の留意点について解説しています。
 
2.積算方法が分かる
工種ごとに積算方法や積算上の留意点を解説しており、当該工種に関する積算方法を理解しやすい内容となっている。
 
3.「いつでも」「どこでも」
PCだけでなくタブレットやスマートフォンにも対応しているため、通信環境が整っていれば「いつでも」「どこでも」該当工種について閲覧できる。
 
 
■「施工動画!」の概要
【名称】施工動画!
【URL】https://www.sekodoga.com/
【追加工種】トンネル工、床版取替工、下水道工事、ひび割れ補修工(充てん工法、低圧注入工法)、断面修復工、切削オーバーレイ工、鉄筋工、ガス圧接工、道路標識設置工、道路付属物設置工、吹付枠工、橋梁塗装工、構造物とりこわし工、機械式継手工、連続繊維シート補強工、抵抗板付鋼製杭基礎工、ひび割れ誘発目地設置工
 
 
■問い合わせ先
一般財団法人 経済調査会
https://www.sekodoga.com/
https://www.zai-keicho.or.jp/



加熱式たばこの臭いを強力脱臭「トルネックス 脱臭カウンター」を発売

2022年3月8日 分類: その他

株式会社トルネックス(本社:東京都中央区、代表取締役:松井 周生)は、喫煙所システムの脱臭機能を大幅に強化した「トルネックス 脱臭カウンター」を発売した。
 
加熱式たばこのニオイを強力脱臭「トルネックス 脱臭カウンター」を発売
 
 
■商品の特長
 
1.加熱式たばこの臭いを除去
フィルタを1回通過しただけで、たばこ専用脱臭フィルタでTVOCを94%以上除去し、たばこの臭いを強力に脱臭する。
加熱式たばこ専用喫煙室に設置することで、気になる臭いを除去することができる。
 
2.粉塵を 99.97%除去
吸引した微粒子(0.3um)をフィルタを1回通過しただけで、HEPAフィルタが99.97%除去。
加熱式たばこの粉塵・臭いを素早く清浄化し、浄化した空気は室内に循環する。
 
3.人体検知センサー付きで省エネ運転
人が近づいた際に作動する人体検知センサ付きで省エネ運転を実現。
 
4.コンパクトサイズ、キャスター付き
コンパクトサイズでキャスター付きのため、移動も簡単。
コンセントを差し込むだけで、簡単に脱臭効果を発揮することができる。
 
5.USBポート2個付き
スマートフォンや加熱式たばこを充電できるUSBポートが2個付いている。
 
 
■問い合わせ先
株式会社トルネックス
http://www.tornex.co.jp/



人工竜巻を搭載した、換気に替わる大風量空気清浄機「トルネックス ブラスト」

2022年1月19日 分類: その他

株式会社トルネックス(本社:東京都中央区、代表取締役:松井 周生)は、トルネード吸引を搭載した大風量タイプの業務用空気清浄機「トルネックス ブラスト」を2022年2月より販売開始する。
 
人工竜巻搭載!換気に替わる大風量空気清浄機「トルネックス ブラスト」を発売
 
■トルネックス ブラスト
空気清浄機にトルネード吸引を搭載したことにより、空気を効率的に吸引、素早く清浄化。
清浄化された空気はハニカムサーキュレーション排気により、室内全体に循環させる。
また、トルネックス ブラストに搭載されている電子式集塵フィルタはウイルスサイズの粒子を高効率で捕集できるため、室内の換気回数を増やし、飛沫によるリスクの低減にもつながる。
フィルタに吸着したウイルス・細菌などは、深紫外線ランプで紫外線UV-Cを照らし続けることで活動が抑制。
一般的なHEPAフィルタとは異なり、圧力損失が少なく目詰まりしにくい構造のため、空気の流れを妨げずに十分な「相当換気量」を確保することが可能である。
またトルネックス ブラストはオフィスや商業施設、公共施設、病院などの人が集まるスペースに設置することで、1台で床面積約138m2の大空間に対応することができる。
 
 
■商品概要
 
商品名:トルネックス ブラスト TORNEX BLAST AUFMJH
 
外形寸法:W780×D400×H1030mm
質量:66kg
 
処理風量(m3/h):標準540 強960 ターボ1200
消費電力(W):標準144 強180 ターボ 230
運転音(dB):標準40 強53 ターボ59
 
適用床面積: ~138m2
電源:AC100V 50/60Hz
 
UVランプ1本搭載
※処理風量、消費電力、運転音はご使用になる地域により異なる。
 
 
■特長
 
1.大風量 トルネード吸引搭載
竜巻の持つ特性「均等吸引力」による偏りのない効率的な吸引を実現。大風量で汚れた空気を素早く吸引する。また本体両サイドの吸引口から均一に吸引することで、人工竜巻を発生させている。
 
2.ハニカムサーキュレーション整流排気
清浄化した空気をハニカムサーキュレーション整流排気により、遠くまで放出し、室内にきれいな空気を循環させる。
排気方向は前後15度ずつ変動可能。
 
 
3.使い始めと風量が変わらない目詰まりしにくいフィルタ
 
 1:プレフィルタ:SUS24 メッシュ
 金属製の細かいメッシュが目に見えるホコリをキャッチ。
 
 2:メインフィルタ:電子式集塵フィルタ
 ウイルスサイズとほぼ同じ0.08qm以上の粒子を高効率で除去。
 目詰まりしにくく、吸引力がほぼ変わらない。
 
 3:脱臭フィルタ:HCフィルタ(活性炭+無機脱臭剤) 空気中の臭いを除去。
 ※オプションにて「ハイブリッド HEPA フィルタ」を追加搭載可能
 
4.フィルタに吸着させたウイルスや細菌をUV照射し抑制
ウイルス・細菌などの除菌に大きな効果がある紫外線 UV-C(波長 253.7nm)をフィルタに照らし続けることで、捕集したウイルスや細菌のDNA/RNA構造が破壊され、活動が抑制される。
 
5.フィルタ性能評価試験
一般財団法人 北里環境科学センターの浮遊ウイルス除去性能評価試験では、空気清浄機を作動しない場合(自然減衰)では、15分経過しても浮遊ウイルス数がほとんど減少しなかったが、空気清浄機を作動させると3分で自然減衰の90%以下、5分で自然減衰の99%以下に減少した。
また粉塵除去性能評価試験では、ウイルスと同じ大きさの粒子を捕集。
トルネックスの電子式集塵フィルタは、ウイルスとほとんど同じ粒子サイズ(0.08qm)の粉塵でも、フィルタを一回通過した時の捕集効率が非常に高くなっていることが証明された。
 
 
■問い合わせ先
株式会社トルネックス
http://www.tornex.co.jp/



オンラインセミナー「家づくりの新常態のカタチ」開催

2020年9月7日 分類: その他

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、住宅事業者向けに、新建ハウジングとのコラボレーションによる「家づくりの新常態のカタチ」をテーマとしたオンラインセミナーを、全国にLIVE配信する。
 

 
■概要
新型コロナウイルスの影響で、暮らし方が変化すると共に生まれるニューノーマルに、施主と工務店はいかに対応していくのか、またそれらに貢献できるIT技術とは何なのか、「住宅設計のスペシャリスト」建築家の伊礼智氏と、パソコン・スマホの活用法でさまざまなメディア出演やユーチューバーとして活動中の「ITツールのスペシャリスト」戸田覚氏が、家づくりの新常態(ニューノーマル)をテーマに講演する。
また、新建ハウジングを発行する新建新聞社の代表取締役社長である三浦祐成氏と、同社代表取締役社長の佐藤浩一による、ITとメディアがニューノーマルでできることについてトークセッションを行う。
 

・開催日時 :2020年9月15日(火)13:30~16:00
 
・タイトル :A-Styleフォーラム2020
           新建ハウジングとのコラボ企画 「家づくりの新常態のカタチ」
 
・定員   :無制限(YouTubeLIVEでの生配信)
 
・参加料  :無料
 
・詳細・申込: https://archi.fukuicompu.co.jp/feature/event.html
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/



激甚災害等発生時の復興及および防災目的のマップPRO無料開放を決定

2020年7月22日 分類: その他

地盤ネットホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:山本 強)の子会社、地盤ネット株式会社(東京都新宿区、代表取締役:伊東洋一)は、「令和2年7月豪雨」による多大な被害状況に対する復興支援・今後の防災対策を目的として、40項目以上の地盤・災害・不動産情報や安全性の高い物件情報が閲覧可能な有料オンラインサービス『地盤安心マップPRO』を無料開放する。
 

 

■『地盤安心マップRPRO』で、度重なる自然災害から「住まい」と「社会」を守る取り組み
地盤ネットは、従来、省庁や機関ごとに個別のホームページに掲載されていた地盤関連データ40種以上をひとつに集約した「地盤安心マップPRO」を2016年にリリース。
現在500社以上の住宅サービス事業者が利用している。
誰でも簡単に、多種多様な地盤、土地情報をオンライン上で把握し、地盤からその土地の特性を見極め、安全な土地選びに活用することができる有料サービスである。
このたび「令和2年7月豪雨」の被害を踏まえ、防災・減災への取り組みの一つとして、今後の激甚災害等(激甚災害・特定非常災害・非常災害)の適用があった災害発生後、1 か月間、無料開放を実施することにした。
 
 

■申込みについて
 
申込期間:7月17日~7月31日まで
 

無料開放期間:申込後、随時開始~8月31日まで
 

対象者:住宅事業者、自然災害から自宅を守りたい一般の生活者
 
詳細・申込・相談窓口:https://jibannet.co.jp/mappro/
 
 
 

■問い合わせ先
地盤ネットホールディングス株式会社
https://jiban-holdings.jp/



現場調査と図面作成をトータルサポートするサービス

2020年1月27日 分類: その他

株式会社Toiro(トイロ)(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:松崎 香代子)は、時間・人・コストがかかりがちな現場調査から図面作成までを、専門スタッフが一貫して行うサービスを提供している。
 

 
■特長
・経験豊富なプロフェッショナルによる、現場調査代行サービス
オフィスレイアウトに欠かせない現場調査を代行し、リアルな情報を反映させた現場図面を届ける。
使用するのは、最高精度のレーザー距離計。一般的なスケールでは測定できないような長い距離や、脚立に乗っても届かない高い天井設備なども、正確に図面化することが可能。
加えて、デザイナー目線で躯体から細部まで現場撮影した写真も併せて納品。
現場に足を運ぶことなく、必要な情報を入手することができる。
 
・さまざまななニーズに柔軟に対応、コストカットと効率的な設計を両立
現場調査では、「プランニングに集中したいので現場調査のみ代行したい」「基本図面と現場の寸法が合っているか確認したい」等、さまざまな要望に柔軟に対応する。
また、図面作成に関しても「社内の設計部だけでは対応しきれない」「社内に設計部署がないが、顧客に分かりやすく伝える資料が欲しい」「外部に委託しているが設計費が高い」等、多岐にわたるニーズに応えることが可能。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社Toiro
http://toiro.co



ネットワーク機器向けセキュリティ組み込みサービス『DiXiM Security』

2020年1月15日 分類: その他

株式会社デジオン(本社:福岡市早良区、代表取締役社長:田浦 寿敏)は、「DiXiM スマートライフソリューション(ホームネットワークにおけるIoTデバイスのセキュリティ課題を多角的に解決するネットワークサービスシリーズ)」の第一弾として、スマートホームやネットワーク機器向けセキュリティ機能組み込みサービス『DiXiM Security』を販売している。
 

 
■概要
パソコンやスマートフォンなどは、インターネット接続リスクに備えたウイルスソフトの導入が一般的だが、スマートスピーカーやテレビなどのスマート家電へのセキュリティソフトの導入は浸透しておらず、スマート家電のランサムウェアなどのウイルス感染や、ウイルスに感染したことによるDDoS攻撃加担など、実際にさまざまな問題が起こっている。
デジオンでは、ホームネットワークの入り口となる機器にセキュリティ機能を搭載し、サイバー攻撃の侵入を検知、遮断することで、家庭内の全ての機器をネット接続のリスクから守るためのサービスとして『DiXiM Security』を展開している。
『DiXiM Security』は、ルーターやセキュリティボックスなどのネットワーク機器や、スマートホームやスマート家電への提供を想定した、セキュリティ機能組み込みサービスである。
 
■機能
1.リスクディテクション
インターネット接続におけるさまざまなセキュリティリスクを想定した検知・監視サービス。
 
・C&Cサーバーからのアクセスや有害サイトへのアクセスを検知・遮断する「WEBレピュテーション」
・特定カテゴリへのアクセスを遮断して子供の不適切サイト閲覧を防止する「カテゴリフィルタリング」
・通信データのハッシュ値をチェックしてネットワーク接続デバイスのウイルス感染を防止する「データウイルススキャン」
 
2.エンドポイントディフェンダ
ホームネットワーク機器のリスクに対する防御および対策を提案するサービス。
 
・ネットワーク機器本体のウイルス感染を防止する「アンチウイルス」
・LAN内のデバイスを検知してLAN内部への侵入有無を監視する「LAN内への不正接続防止」
・サービスに必要な特定URLのみにアクセスを制限することで、ウイルス感染や不正アクセスなどによる情報漏えいやDDoS攻撃への加担リスクを防ぐ「ホワイトリスト型アクセスコントロール」
・メーカーごとにウイルスパターン定義ファイルをカスタマイズする「パターンファイルカスタマイズ」
 
■Kaspersky Labとのデータベース連携
Kaspersky Labの世界最高レベルのセキュリティ脅威情報をリアルタイムに受け、デジオンでデータベース化し独自のセキュリティ機能を加えることで、より強固なセキュリティサービスを実現。
 
■特長
・これまでカーネルへの組み込みが必要とされてきたセキュリティ機能を、ユーザーランドで動作する組み込みモジュールとして提供。そのため、デバイス側開発・検証コストの削減、ファームアップデートでのモジュール更新など柔軟な対応が可能に。
・アプリやライセンス更新システムなどの提供も可能なため、セキュリティサービスソリューションをワンストップで提供。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社デジオン
https://www.digion.com



前の10件

最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会