建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> カーテンウォール「NL-R」仕様拡大 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

カーテンウォール「NL-R」仕様拡大

2022年5月9日 分類: 建築資材・工法

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:平能 正三)は、カーテンウォール「NL-R」の開口部に高水密なビル用サッシ「MTG-70R高性能」を採用し、カーテンウォールの仕様を拡大する。
 
カーテンウォール「NL-R」仕様拡大
 
■背景
近年、集中豪雨や大型台風などの異常気象が増加傾向にあり、これまで以上にハイスペックな性能が求められている。
そこで今回、カーテンウォール「NL-R」の開口部に組み込むサッシに高い水密性能1500Paを確保した「MTG-70R高性能」を追加。ハイスペック性能へのニーズに応えた。
また、防火設備として国土交通大臣の認定(個別認定)を取得した「防火型MTG-70R高性能」も合わせてラインアップし、高性能を維持しながら防火設備への対応が可能となった。
 
 
■商品の特長
 
1.高い水密性能
カーテンウォール「NL-R」の開口部へ組み込むサッシにビル用サッシ「MTG-70R高性能」を新たにラインアップ。
従来組み込みが可能だったビル用サッシ「MTG-70R」の水密性能W-5(500Pa)からスペックアップし、JIS基準の最高等級を超える水密性能1500Paを実現した。
 
 
2.防火設備のバリエーション
 
・大臣認定防火設備の仕様追加
カーテンウォール「NL-R」の防火設備として国土交通大臣の認定(個別認定)を取得したビル用サッシ「防火型MTG-70R高性能」を仕様追加。
「防火型MTG-70R高性能」の高い水密性能1500Paを持った防火設備の対応が可能となった。
 
・耐熱強化ガラスによる透明な防火設備
防火設備のガラスは網入リガラスのほか、透明な耐熱強化ガラス仕様もラインアップ。
開口部からの眺望を損なわずに防火対応することが可能となった。
 
耐熱強化ガラスによる透明な防火設備
 
 
・窓種追加で防火設備の対応力強化
「防火型MTG-70R高性能」の新設定と同時に「防火型MTG-70R」の対応窓種やガラスの種類を追加。
窓種を4種類から11種類に拡充したことにより、建物の意匠や高さに適した防火設備を選択できるようになった。
 
 
■防火設備 窓種一覧
 
防火設備 窓種一覧
 
 
■仕様
 
仕様
 
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
https://alumi.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会