建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建築系 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

建築プランニングソフト「3Dアーキデザイナー10Professional」が機能強化

2019年4月18日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締社長役:井町良明)は、建築プランニングソフト「3Dアーキデザイナー10Professional」の追加機能として、建築確認申請に必要な各種図面を一括して出力できる製品『確認申請図支援キット』を発売した。
 
メガソフト
 

■製品の概要
『確認申請図支援キット』は、建築プランニングソフト「3Dアーキデザイナー10Professional」(以下、3Dアーキデザイナー)に建築確認申請用図面出力機能を追加するためのオプション製品。
同製品を組み込むことで、3Dアーキデザイナーの間取りデータから建築確認申請時に提出する図面のうち、配置図、敷地求積図、床面積求積図、平面図、立面図、断面図、屋根伏図を一括して自動的に出力できるようになる。
生成された各図面は、種類ごと、要素ごとにレイヤーで分類されるため、CADツールを使っての加筆・修正も容易。
加筆・修正は、同製品のドラフトCAD機能で行うほか、DXF、DWG、JWWなどの形式に対応するCADソフトにデータを引き渡して、使い慣れたツールを利用することも可能である。
『確認申請図支援キット』を利用することで、間取り検討から、パースや提案ボードを使った施主へのプレゼンテーション、申請図面作成まで、一つのデータで対応できるようになり、業務効率の大幅な向上が見込める。
『確認申請図支援キット』は、3Dアーキデザイナー(永久ライセンス版)のオプションとして追加購入する製品だが、3Dアーキデザイナー(クラウドライセンス版)では、最新版にアップデートすることで、追加料金なしで利用できるようになる。
 

■一括出力できる図面
1.配置図
・敷地の形状、道路の幅や位置、敷地に対する建物の位置などを出力。
・樋先線や延焼ラインも自動描画される。
・通り芯や建物外壁線など、各線の線種も任意に変更できる。
 

2.敷地求積図
・敷地求積図を自動で出力できる。
・敷地の求積は三斜入力による敷地求積のほか、測量座標を入力して作成することもできる。
・求積表も自動で生成される。
 

3.床面積求積図
・床面積求積図を自動で出力できる。
・求積表も自動で生成される。
 

4.平面図
・壁芯、管柱・間柱・通し柱などの各種柱が自動で生成できる。
・住宅設備のシンボルを自動で配置する。
・耐力壁の壁倍率に対応した記号を自動で配置する。
・階段仕様、換気設備、防火設備などの凡例記号を自動で配置する。凡例表も描画される。
 

5.立面図
・東立面、西立面、南立面、北立面を選択して出力できる。
・敷地、道路の表示・非表示などを任意で設定できる。
・通り芯や寸法線も自動で描画される。
 
6.断面図
・断面の位置を任意に指定して、断面図を出力できる。
・敷地、道路、敷地境界線、道路境界線の表示・非表示などを任意で設定できる。
・通り芯や寸法線も自動で描画される。
 

7.屋根伏図
・全ての階、または任意の階を指定して屋根伏図を出力できる。
・ドーマーがあればその外径が描写される。
・勾配の他、棟、軒、軒の出、谷、ケラバの寸法も自動で表示される。

 
 
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp



リフォーム後の完成イメージをその場で比較検討できるiPadアプリが登場

2019年4月9日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、リフォームする部屋を撮影して、その場で外壁塗装・壁紙張り替え・カーテン設置・照明シミュレーション・ドア付け替え後のイメージなどを複数パターン作成し、施主と一緒に比較検討できるiPadアプリ『なぞってリフォーム』をApp Storeで無料配布する。
 
なぞってリフォーム
 
■製品の概要
なぞってリフォームは、「写真を指でなぞる」という簡単な操作方法で、リフォーム後の完成イメージをシミュレーションできるiPad用アプリである。
住宅の外観や室内の写真撮影、リフォーム箇所の選択、壁材、床材の張り替え、ドアの付け替え、ビフォー&アフターの見比べが、このアプリだけで行える。
新バージョンでは、壁材・床材に加えて、玄関ドアやカーテンの設置機能や、リフォームイメージに高級感を与える照明効果機能が追加された。
これにより、外壁リフォームから室内リフォームまで、より幅広いリフォーム工事の提案とシミュレーションが可能になった。
 

■追加された新機能
・玄関ドアのカラーシミュレーション
現状の住宅写真を使ってさまざまなドアを付け替えたイメージを作成して見比べることができるので、無難なものから思い切ったデザインのものまで、施主に検討してもらえる。
 

・ライティングレタッチ
なぞってリフォームのライティングレタッチ機能を使えば、高級感のある間接照明表現が、シールを貼るような感覚で設定できる。
 

・カーテンカラーシミュレーション
さまざまなカラーのカーテンパーツを収録しているので、簡単に室内のカラーコーディネートを提案できる。
 

・寸法線の色替え機能
寸法線の5色で表現できるようになった。 リフォーム箇所ごとに寸法線の色を変えれば、複数の寸法線が書き込まれていてもひと目で違いがわかり、現調時の入力間違いも防げる。
 
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp/



『FM-Refine』Ver.3(エフエム・リファイン)を新発売

2018年12月28日 分類: 建築系

株式会社FMシステム(本社:東京都文京区代表取締役社長:柴田英昭)は、長期修繕計画システム『FM-Refine』Ver.3(エフエム・リファイン)を新発売。
 
FM-Refine
 
 

■『FM-Refine』Ver.3の概要
FM-Refine Ver.3(エフエム・リファイン)は、建築物件の規模や用途などの概要情報と、使用している仕上や材料の部位部材情報、数愛情報を入力することで、竣工後にかかる修繕費用や更新費用を簡単にシミュレーションできる画期的なシステムである。
建物に使われている材料毎の数量と単価を利用し、修繕周期・修繕率・更新周期・更新率などを換算し、何年
後の維持管理に、いくらかかるかを把握できる。
また、標準収録されているBIM-FM連携ツールを用いて、BIMモデルのプロパティ情報から長期修繕計画のシミュレーションに必要な基礎情報のデータベースを簡単に構築できる。
 

■『FM-Refine』Ver.3の特長
・複数建物の長期修繕計画年表を1枚のワークシートにExcel出力
複数の建物の長期修繕計画年表を、まとめて1枚のワークシートにExcel出力することができる。
出力したExcelシートを基にさまざまな分析検討がさらに容易に行える。
 

・複数建物の部位部材情報をまとめてインポート&エクスポート可能
複数の建物の部位部材情報をまとめて1枚のワークシートにエクスポートする。
修正後のExcelからシステム側の建物および項目を自動認識し、インポートできる。
 

・BELCAデータのインポート機能を搭載
(公社)ロングライフピル推進協会出版(BELCA)の「建築物のライフサイクルマネジメント用データ集」を購入頂くと、書籍付録の長期修繕用の部位部材機器データを、効率よく、活用することができる。
 

・設定した期間での画面表示とExcel出力が可能に
「計算条件設定」画面で設定した対象期間での画面表示およびExcel出力が可能になり、これにより空白年度を
除外した画面表示や出力が行える。
 

・インポート・エクスポートを柔軟に
システム側にある項目のみを並び順に関係なく自動認識しインポートすることができる。新たな項目をシステム
側に作成しておけば新たな情報のインポートをスムーズに行うことができる。
 

・しきい値の設定を使いやすく
更新時期に近い修繕、計画末年に近い更新をそれぞれ別個に指定でき、設定方法も年数指定で分かりやすくなった。
計画末年の更新をやめた場合は、計画末年までを修繕で自動配置する。
 

・施設台帳管理システム(FINE-WEBS)との連携
同社FM関連製品のFINE-WEBS(施設台帳管理システム)から、建物や工事実績のデータをFM-Refineの建物情報、実績情報として取り込むことができる。またFM-RefineからFINE-WEBSを起動し情報を閲覧することも可能。
 
 

■問い合わせ先
株式会社FMシステム
https://www.fmsystem.co.jp/



BIM対応建築積算システム『FKS SecondStage』リリース

2018年11月20日 分類: 建築系

協栄産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水谷 廣司)は、建築積算システム「FKS」を完全リニューアルし、BIM対応建築積算システム『FKS SecondStage』としてリリースした。
 
FKS SecondStage
 

BIMと建築積算との連携を強化するとともに、新アーキテクチャを搭載し従来製品に比べ計算速度の大幅アップを実現。BIM連携と計算処理速度向上により大幅に積算業務の効率化が可能となる。
 

■RC数量積算システム「FKS/RC」 SecondStage
1.BIM連携(IFC形式、ST-Bridge形式)により断面リストの自動入力、伏図の自動作図に対応
2.計算処理速度が大幅アップ、従来製品(FKS/RC Ver.9)に比べ計算時間を1/3に短縮 ※同社調べ
3.3Dビューアをさらに強化、独立基礎の勾配表示、梁ハンチの表示、増打の表示/非表示機能を追加
 

■仕上数量積算システム「FKS/FN」 SecondStage
1.BIM連携(IFC形式)により仕上表、仕上拾いデータを自動入力
2.計算処理速度が大幅アップ、従来製品(FKS/FN Ver.8)に比べ計算時間を1/3に短縮 ※同社調べ
3.ショット機能をさらに強化、複数の下図ファイルを切り替えての同時拾い機能を追加
 
 

■問い合わせ先
協栄産業株式会社
https://www.kyoei.co.jp/



業界初iPhoneで内外装シミュレーションが可能

 分類: 建築系

スリーエムジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は、iPhone専用アプリをリリースし、内外装材の「3Mダイノックフィルム」の施工シミュレーションを手軽に実施可能にした。iPhone用アプリ「3Mダイノックフィルム/サンプル請求」をダウンロードすれば、1,000以上の柄から希望のデザインを選び、施工のシミュレーションができる。
 
3M
 

■特長
 

1.内外装シミュレーション
・施工したい場所を撮影し、希望する「3Mダイノックフィルム」の柄を選択するだけで簡単に施工シミュレーションが可能
・ワンタッチで簡単に柄の変更ができるので、提案時に施主の希望をその場で反映してシミュレーションを提示できる
・実際の施工場所の画像だけでなく、パースの画像でもシミュレーションが可能
・作成したイメージを保存して、メールなどでシェアすることも可能
 

2.似柄検索
・壁紙や柄などをアプリで撮影すると「3Mダイノックフィルム」の中から似ている柄が複数提案される
・1,000柄以上が掲載されている見本帳から、自分のイメージに合った柄を探す手間が省ける
 

3.見本帳の確認・サンプル請求
・厚さ30mm、重さ1.3kgの見本帳を持ち歩かなくても、デジタル見本帳で1,000以上の柄をiPhoneから確認ができる
・内外装シミュレーション、似柄検索を含む全ての画面からカットサンプルの請求ができる
 
 

■問い合わせ先
スリーエムジャパン株式会社
https://www.mmm.co.jp



RPG的体験型のプレゼン空間を自分で作ることのできるVRシステムを公開

2018年7月9日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、ユーザー自身がVR用空間を作成できる同社のVRシステム=メガソフトVRソリューションに、HMD(VR用ゴーグル)装着者自身のハンドコントローラーによる操作で、空間内の任意の場所へ移動したり、家具を動かす・扉を開く・照明を点灯するなどの操作ができる機能を開発した。
新機能は2018年6月1日出荷分から同製品に標準搭載し、保守契約中の同製品ユーザーにはアップデータとして無料配布する。
 
メガソフトVRソリューション
 

●メガソフトVRソリューション
2016年10月より販売してきたメガソフトVRソリューションは、クリエーターに頼らずエンドユーザー自身がVR空間を作れる点、VR体験中にオペレーター操作で空間編集ができる点が大きな特徴で、これまでに住宅、インテリア、医療施設など、さまざまな空間の体験や検討に活用されている。
 

今回のバージョンアップでは、RPGのフィールドで繰り広げられる冒険のように、扉を開く・中へ入る・物を動かす・紐づけされたイベントを再生する・照明のON/OFFなど動きのあるVR空間を、エンドユーザー自身が平易に作成でき、VR空間で即座にプレイできるようになった。
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社 法人営業部
TEL: 03-5213-6730
https://www.megasoft.co.jp/



『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』新発売

 分類: 建築系

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、低層マンションのオーナーおよび管理組合向けに、1窓当たり1時間程度で交換できる低層マンション向けリフォーム専用カバーサッシ『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』を発売した。
 
ビルサッシ サーモス-H RF20180704
 

■概要
昨今の中古マンション需要の拡大や、リフォーム適齢期と呼ばれる築25年から35年のマンションのうち、5階建以下(低層)が50%以上を占めていることなどから、低層マンション向けの窓リフォームのニーズは今後ますます高まることが予想されている。
 

『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』は、業界に先駆け、1窓当たり1時間程度の作業時間で交換できるカバー工法を採用した低層マンション向けリフォーム専用カバーサッシ「ビルサッシ サーモス-H RF」(2014年発売)の防火仕様である。
非防火仕様と同じく、短時間でJIS等級H-4の高い断熱性能を有した窓に手軽にリフォームできることに加え、従来品3に比べ障子のフレーム幅を最大で約30%細くでき、ガラス面積を広くすることで採光性を高められるのが特長。
 

マンションの大規模修繕時やマンション全体の改修時に、防火対象の居室の窓には『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』を、それ以外は非防火仕様の「ビルサッシ サーモス-H RF」を併用することで、外観の意匠性を統一しつつ、住居空間の快適さも両立し、マンションの資産価値を高める。
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



「ARCHITREND リフォームパレット」発売

2018年6月29日 分類: 建築系

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、リフォーム前の物件の写真を使って、リフォームイメージを簡単に作成、提案できるリフォームフォトシミュレータ『ARCHITRENDリフォームパレット』を2018年7月18日に発売する。
 
「ARCHITREND リフォームパレット」
 

■概要
国が進めるストック重視の住宅政策や築20年を超えた住宅の増加に伴い、リフォーム市場は今後ますます拡大することが見込まれている。
リフォーム業への新規参入の増加により受注競争が一層激しくなることが予想され、価格面の訴求だけではなく、提案内容の充実や提案スピードの向上など、消費者に対する信頼性を高める対応も必要となってくる。
『ARCHITREND リフォームパレット』は、実売されている建材データをリフォーム前の物件写真に合成し、リフォームの完成イメージをリアルかつスピーディーに作成できるシステムである。
消費者への完成イメージの伝達はもちろん、個々の建材選定から全体のコーディネイト検討までのプロセスに使用することで、リフォーム提案における信頼の獲得といった付加価値の向上につなげることができるツールである。
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/



省エネ住宅設計支援ツール『建もの燃費ナビPowered by A’s』

2018年6月25日 分類: 建築系

株式会社シーピーユー(本社:石川県金沢市、代表取締役 宮川 昌江)は、住宅建築事業者向けの省エネ住宅設計支援ツール『建もの燃費ナビ Powered by A’s』の30日間無料体験版の提供を開始した。
 
建もの燃費ナビ
 

■建もの燃費ナビとは
『建もの燃費ナビ』は、簡単な操作で入力した住宅の間取りや屋根と、計算に必要な情報を設定すると“建物の燃費”を計算する省エネ住宅設計支援ツールとして、一般社団法人パッシブハウス・ジャパン(代表理事 森みわ 氏)監修のもと開発された。
建物にも自動車と同じように燃費があり、燃費が良い住宅は、省エネ性能に優れている。
「建もの燃費ナビ」の燃費は、世界基準の「一次エネルギー消費量」を指標としている。
基本入力情報から建物の形状、窓の寸法や位置、庇の影の影響などを自動で拾い出し、本製品に搭載している全国842カ所のアメダス気象データや、PHPP 計算エンジンなどをから、燃費の基となる暖房・冷房、給湯、調理、照明、換気設備のエネルギー消費を計算する。
計算結果は、等級判定ではなく、0.01単位で信頼性のある正確な数値を導き、グラフなどを用いた視覚的に分かりやすい提案シートで出力する。
 

■画面周りのアイコンを一新
2011年にリリースした「建もの燃費ナビ」は、ベースのソフトウェアの入れ替えに伴い、アイコンを刷新し、新たに『建もの燃費ナビ Powered by A’s』としてリニューアルした。
新しい『建もの燃費ナビ』では、定評のある機能面はそのままに、入力操作の身体的な負担を軽減できるよう目に優しいグリーン色とグレー色を基調にしたアイコンを採用している。
 

■CAD データを活用&CAD 入力なしで、計算する
CEDEXM 形式のファイルのエクスポートに対応の他社製建築3次元CADで作成した基本入力データを「建もの燃費ナビ」に読み込み、燃費の計算が行える。プレゼンや設計で使用している使い慣れたCADのデータを生かし、基本入力を軽減することができる。
また、CAD入力に不慣れな方でも、Excelで入力するような感覚で、計算に必要な情報を直接入力し、計算を実行できる「CADスキップ」機能も搭載した。
 

■問い合わせ先
株式会社シーピーユー 企画課
TEL.076-280-8023
http://www.cpu-net.co.jp/



「ICT × 人材教育」でリフォーム受注を伸ばす『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』をリリース

2018年3月8日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、一級建築士事務所株式会社リ・ワークショップの現場経験から生まれたリフォームノウハウと同社が持つICT技術を掛け合わせ共同開発した『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』を2018年3月5日にリリースした。
 
『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』
 
■製品の概要
同製品は、ヒアリングテクニックやコミュニケーションスキルの強化を目的としたセミナー・研修と住宅プレゼンツール「ALTA」をパッケージ化し、ソフト・ハード両面の知識とスキルを向上することでリフォームの提案力を強化する。
主な特長は下記の通り。
 
●「交換リフォーム」を「空間リフォーム」へ ALTAを最大限活用し、提案・受注できる人材を育成
 
『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』は、リフォームのボリュームゾーンである設備交換・内装更新等の「交換リフォーム」の顧客でも、コト提案により「空間リフォーム」に引き上げることができる提案力を身につけることを目的としている。
ALTAを最大限活用できる人材を育成するためのプログラムである。
 
●「プレゼンツール」と「ヒアリング・プランニング研修」をパッケージ化
 
[プレゼンツール ALTA]
「ALTA」は、CAD未経験者でも簡単・短時間でパースやプレゼンシート、見積書等、住宅提案に必要な資料を作成可能な新築・リフォーム対応の住宅プレゼンツールである。
 
[セミナー・研修]
ALTAの操作指導の他、一級建築士事務所の「リ・ワークショップ」が講師を務め、ALTAを活用したヒアリング力・プランニング力の強化研修を実施する。
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
http://www.cstnet.co.jp/



前の10件

最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会