建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建築系 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

BIM対応建築積算システム『FKS SecondStage』リリース

2018年11月20日 分類: 建築系

協栄産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水谷 廣司)は、建築積算システム「FKS」を完全リニューアルし、BIM対応建築積算システム『FKS SecondStage』としてリリースした。
 
FKS SecondStage
 

BIMと建築積算との連携を強化するとともに、新アーキテクチャを搭載し従来製品に比べ計算速度の大幅アップを実現。BIM連携と計算処理速度向上により大幅に積算業務の効率化が可能となる。
 

■RC数量積算システム「FKS/RC」 SecondStage
1.BIM連携(IFC形式、ST-Bridge形式)により断面リストの自動入力、伏図の自動作図に対応
2.計算処理速度が大幅アップ、従来製品(FKS/RC Ver.9)に比べ計算時間を1/3に短縮 ※同社調べ
3.3Dビューアをさらに強化、独立基礎の勾配表示、梁ハンチの表示、増打の表示/非表示機能を追加
 

■仕上数量積算システム「FKS/FN」 SecondStage
1.BIM連携(IFC形式)により仕上表、仕上拾いデータを自動入力
2.計算処理速度が大幅アップ、従来製品(FKS/FN Ver.8)に比べ計算時間を1/3に短縮 ※同社調べ
3.ショット機能をさらに強化、複数の下図ファイルを切り替えての同時拾い機能を追加
 
 

■問い合わせ先
協栄産業株式会社
https://www.kyoei.co.jp/



業界初iPhoneで内外装シミュレーションが可能

 分類: 建築系

スリーエムジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は、iPhone専用アプリをリリースし、内外装材の「3Mダイノックフィルム」の施工シミュレーションを手軽に実施可能にした。iPhone用アプリ「3Mダイノックフィルム/サンプル請求」をダウンロードすれば、1,000以上の柄から希望のデザインを選び、施工のシミュレーションができる。
 
3M
 

■特長
 

1.内外装シミュレーション
・施工したい場所を撮影し、希望する「3Mダイノックフィルム」の柄を選択するだけで簡単に施工シミュレーションが可能
・ワンタッチで簡単に柄の変更ができるので、提案時に施主の希望をその場で反映してシミュレーションを提示できる
・実際の施工場所の画像だけでなく、パースの画像でもシミュレーションが可能
・作成したイメージを保存して、メールなどでシェアすることも可能
 

2.似柄検索
・壁紙や柄などをアプリで撮影すると「3Mダイノックフィルム」の中から似ている柄が複数提案される
・1,000柄以上が掲載されている見本帳から、自分のイメージに合った柄を探す手間が省ける
 

3.見本帳の確認・サンプル請求
・厚さ30mm、重さ1.3kgの見本帳を持ち歩かなくても、デジタル見本帳で1,000以上の柄をiPhoneから確認ができる
・内外装シミュレーション、似柄検索を含む全ての画面からカットサンプルの請求ができる
 
 

■問い合わせ先
スリーエムジャパン株式会社
https://www.mmm.co.jp



RPG的体験型のプレゼン空間を自分で作ることのできるVRシステムを公開

2018年7月9日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、ユーザー自身がVR用空間を作成できる同社のVRシステム=メガソフトVRソリューションに、HMD(VR用ゴーグル)装着者自身のハンドコントローラーによる操作で、空間内の任意の場所へ移動したり、家具を動かす・扉を開く・照明を点灯するなどの操作ができる機能を開発した。
新機能は2018年6月1日出荷分から同製品に標準搭載し、保守契約中の同製品ユーザーにはアップデータとして無料配布する。
 
メガソフトVRソリューション
 

●メガソフトVRソリューション
2016年10月より販売してきたメガソフトVRソリューションは、クリエーターに頼らずエンドユーザー自身がVR空間を作れる点、VR体験中にオペレーター操作で空間編集ができる点が大きな特徴で、これまでに住宅、インテリア、医療施設など、さまざまな空間の体験や検討に活用されている。
 

今回のバージョンアップでは、RPGのフィールドで繰り広げられる冒険のように、扉を開く・中へ入る・物を動かす・紐づけされたイベントを再生する・照明のON/OFFなど動きのあるVR空間を、エンドユーザー自身が平易に作成でき、VR空間で即座にプレイできるようになった。
 

■問い合わせ先
メガソフト株式会社 法人営業部
TEL: 03-5213-6730
https://www.megasoft.co.jp/



『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』新発売

 分類: 建築系

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、低層マンションのオーナーおよび管理組合向けに、1窓当たり1時間程度で交換できる低層マンション向けリフォーム専用カバーサッシ『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』を発売した。
 
ビルサッシ サーモス-H RF20180704
 

■概要
昨今の中古マンション需要の拡大や、リフォーム適齢期と呼ばれる築25年から35年のマンションのうち、5階建以下(低層)が50%以上を占めていることなどから、低層マンション向けの窓リフォームのニーズは今後ますます高まることが予想されている。
 

『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』は、業界に先駆け、1窓当たり1時間程度の作業時間で交換できるカバー工法を採用した低層マンション向けリフォーム専用カバーサッシ「ビルサッシ サーモス-H RF」(2014年発売)の防火仕様である。
非防火仕様と同じく、短時間でJIS等級H-4の高い断熱性能を有した窓に手軽にリフォームできることに加え、従来品3に比べ障子のフレーム幅を最大で約30%細くでき、ガラス面積を広くすることで採光性を高められるのが特長。
 

マンションの大規模修繕時やマンション全体の改修時に、防火対象の居室の窓には『ビルサッシ サーモス-H RF 防火戸』を、それ以外は非防火仕様の「ビルサッシ サーモス-H RF」を併用することで、外観の意匠性を統一しつつ、住居空間の快適さも両立し、マンションの資産価値を高める。
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



「ARCHITREND リフォームパレット」発売

2018年6月29日 分類: 建築系

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、リフォーム前の物件の写真を使って、リフォームイメージを簡単に作成、提案できるリフォームフォトシミュレータ『ARCHITRENDリフォームパレット』を2018年7月18日に発売する。
 
「ARCHITREND リフォームパレット」
 

■概要
国が進めるストック重視の住宅政策や築20年を超えた住宅の増加に伴い、リフォーム市場は今後ますます拡大することが見込まれている。
リフォーム業への新規参入の増加により受注競争が一層激しくなることが予想され、価格面の訴求だけではなく、提案内容の充実や提案スピードの向上など、消費者に対する信頼性を高める対応も必要となってくる。
『ARCHITREND リフォームパレット』は、実売されている建材データをリフォーム前の物件写真に合成し、リフォームの完成イメージをリアルかつスピーディーに作成できるシステムである。
消費者への完成イメージの伝達はもちろん、個々の建材選定から全体のコーディネイト検討までのプロセスに使用することで、リフォーム提案における信頼の獲得といった付加価値の向上につなげることができるツールである。
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/



省エネ住宅設計支援ツール『建もの燃費ナビPowered by A’s』

2018年6月25日 分類: 建築系

株式会社シーピーユー(本社:石川県金沢市、代表取締役 宮川 昌江)は、住宅建築事業者向けの省エネ住宅設計支援ツール『建もの燃費ナビ Powered by A’s』の30日間無料体験版の提供を開始した。
 
建もの燃費ナビ
 

■建もの燃費ナビとは
『建もの燃費ナビ』は、簡単な操作で入力した住宅の間取りや屋根と、計算に必要な情報を設定すると“建物の燃費”を計算する省エネ住宅設計支援ツールとして、一般社団法人パッシブハウス・ジャパン(代表理事 森みわ 氏)監修のもと開発された。
建物にも自動車と同じように燃費があり、燃費が良い住宅は、省エネ性能に優れている。
「建もの燃費ナビ」の燃費は、世界基準の「一次エネルギー消費量」を指標としている。
基本入力情報から建物の形状、窓の寸法や位置、庇の影の影響などを自動で拾い出し、本製品に搭載している全国842カ所のアメダス気象データや、PHPP 計算エンジンなどをから、燃費の基となる暖房・冷房、給湯、調理、照明、換気設備のエネルギー消費を計算する。
計算結果は、等級判定ではなく、0.01単位で信頼性のある正確な数値を導き、グラフなどを用いた視覚的に分かりやすい提案シートで出力する。
 

■画面周りのアイコンを一新
2011年にリリースした「建もの燃費ナビ」は、ベースのソフトウェアの入れ替えに伴い、アイコンを刷新し、新たに『建もの燃費ナビ Powered by A’s』としてリニューアルした。
新しい『建もの燃費ナビ』では、定評のある機能面はそのままに、入力操作の身体的な負担を軽減できるよう目に優しいグリーン色とグレー色を基調にしたアイコンを採用している。
 

■CAD データを活用&CAD 入力なしで、計算する
CEDEXM 形式のファイルのエクスポートに対応の他社製建築3次元CADで作成した基本入力データを「建もの燃費ナビ」に読み込み、燃費の計算が行える。プレゼンや設計で使用している使い慣れたCADのデータを生かし、基本入力を軽減することができる。
また、CAD入力に不慣れな方でも、Excelで入力するような感覚で、計算に必要な情報を直接入力し、計算を実行できる「CADスキップ」機能も搭載した。
 

■問い合わせ先
株式会社シーピーユー 企画課
TEL.076-280-8023
http://www.cpu-net.co.jp/



「ICT × 人材教育」でリフォーム受注を伸ばす『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』をリリース

2018年3月8日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、一級建築士事務所株式会社リ・ワークショップの現場経験から生まれたリフォームノウハウと同社が持つICT技術を掛け合わせ共同開発した『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』を2018年3月5日にリリースした。
 
『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』
 
■製品の概要
同製品は、ヒアリングテクニックやコミュニケーションスキルの強化を目的としたセミナー・研修と住宅プレゼンツール「ALTA」をパッケージ化し、ソフト・ハード両面の知識とスキルを向上することでリフォームの提案力を強化する。
主な特長は下記の通り。
 
●「交換リフォーム」を「空間リフォーム」へ ALTAを最大限活用し、提案・受注できる人材を育成
 
『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』は、リフォームのボリュームゾーンである設備交換・内装更新等の「交換リフォーム」の顧客でも、コト提案により「空間リフォーム」に引き上げることができる提案力を身につけることを目的としている。
ALTAを最大限活用できる人材を育成するためのプログラムである。
 
●「プレゼンツール」と「ヒアリング・プランニング研修」をパッケージ化
 
[プレゼンツール ALTA]
「ALTA」は、CAD未経験者でも簡単・短時間でパースやプレゼンシート、見積書等、住宅提案に必要な資料を作成可能な新築・リフォーム対応の住宅プレゼンツールである。
 
[セミナー・研修]
ALTAの操作指導の他、一級建築士事務所の「リ・ワークショップ」が講師を務め、ALTAを活用したヒアリング力・プランニング力の強化研修を実施する。
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
http://www.cstnet.co.jp/



「複数人同時」にVR体験が可能なHMDタイプの住宅プレゼン用VRシステム『ALTA VR-Mini マルチオプション』

2018年2月22日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、2017年5月31日にリリースしたHMD(ヘッドマウントディスプレイ)タイプの住宅プレゼン用VRシステム『ALTA VR-Mini』オプション商品として、複数台のHMDが同時に接続可能となる『ALTA VR-mini マルチオプション』を2018年2月21日にリリースした。
これにより1人ずつでしか体験することができなかったVRのデメリットを解消し、施主家族が同時に同じ空間を体験することが可能になる。
 
  「複数人同時」にVR体験が可能なHMDタイプの住宅プレゼン用VRシステム『ALTA VR-Mini マルチオプション』
 
■製品の概要
1.VRを活用した分かりやすい「体感型プレゼン」でビルダーの提案力を向上
『ALTA VR-Mini』は、VR技術によってバーチャルの住空間をつくり出し、まるで建物の中にいるような感覚を味わうことができるシステムである。
家を建てる前に、バーチャルの住空間を施主に体感してもらうことによって、完成イメージを楽しく・分かりやすく伝えることができる。
2.家族全員で同時にVR体験が可能
住宅プレゼンシステム「ALTA」で施主に提案する3Dプランを作成し、PCとHMDをつなげば、作成した提案プランをVRで分かりやすくプレゼンできる。
HMDは複数台接続できるため、家族全員で同じ空間を同時にVR体感することが可能である。
 
主な特長は下記の通り。
 
●約4m×4mのスペースを自由に移動
約4m×4mのスペースにVR空間を創り出し、スペース内を歩いたり、しゃがんだり、自由に動きまわることができる。
コントローラの十字キーで視点を移動するのではなく、実際の設置スペース内を自分の足で歩きまわれるため、臨場感溢れるバーチャル空間を体験できる。
●VR体験をしながらプラン変更
商談中に施主の要望を聞きながら、間取りや建具、内外装等の変更が行え、その場ですぐ、修正内容をVRで確認できるので、打合せもスムーズに進む。
●日照シミュレーションで具体的なプラン提案
間取りや建具、内外装等の変更だけでなく、日当たりのシミュレーションや建具の開閉をアニメーションで体感でき、より現実に近いプランで具体的な打合せが行える。
 
■ 標準価格(税別
ALTA VR-Mini マルチオプション 300,000円
※「ALTA VR-Mini マルチオプション」の利用には別途下記の内容が必要。
(2名同時接続の場合)
 
【ソフトウェア】
 ・住宅プレゼンシステム「ALTA」
 ・住宅プレゼン用VRシステム「ALTA VR-Mini」
 
【ハードウェア】
 ・操作用PC×1台
 ・描画用PC×2台 (モニタ・マウス・キーボード含む)
 ・ヘッドマウントディスプレイ×2台
 ・コントローラー×2台
 ・センサー×2台(ポールスタンド付)
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
https://www.cstnet.co.jp/



指一本で壁・床チェンジiPad用簡単リフォームアプリ『なぞってリフォーム』

2017年12月28日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、写真を指でなぞるだけで素早く壁や床を選択し、ワンタッチで壁材・床材の張り替えをシミュレーションできるiPad用リフォームシミュレーションアプリ『なぞってリフォーム』をApp storeにて発売開始した。
 
指一本で壁・床チェンジiPad用簡単リフォームアプリ『なぞってリフォーム』
 
■製品の概要
同製品は、iPadのタッチパネルを生かしたシンプルな操作で手軽に写真加工ができるアプリ。
現場で写真を撮影し、リフォームしたい壁や床を指でなぞるだけで、自動的に壁や床の部分が選択範囲に指定される。
選択が完了したら、あらかじめ収録されている壁材・床材の中から張り替えたい素材を選ぶだけで選択範囲内に張り付けることが可能。
 
収録されている素材は無料で使えるものの他、実在メーカーの製品データを含む約11000点もの素材がアプリ内に用意されており、必要に応じて購入して使用できる。
さらに、ユーザーが用意した画像も素材として登録できるので、自社の業務に合わせたリフォームシミュレーションが可能。
※3Dアーキデザイナー10クラウドライセンスのユーザー、またはメガソフトデータセンター会員は契約期間中、全ての有料素材を利用可能。
 
対応製品:Apple社 iPad(※Retina対応機器以降)
対応OS:iOS 10、11
 
■標準価格
無料(※アプリ内課金あり)
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/



枠組壁工法版 木造住宅構造計算システム『KIZUKURI 2×4 Ver5.5』リリース

2017年12月6日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸)は、木造住宅構造計算システム「KIZUKURI」シリーズの枠組壁工法版『KIZUKURI 2×4』の新バージョンを2017年11月30日にリリースした。
 
枠組壁工法版 木造住宅構造計算システム『KIZUKURI 2×4 Ver5.5』リリース
 
■製品の概要
同システムは、木造建築物及び混構造の木造部分の構造計算を行うソフト。
今回のバージョンでは、作業者の生産性を向上させ、中大規模建築物の計算業務に必要な機能を追加した。
主な新機能は以下の通り。
 
●じん性の検討
共同住宅や中大規模の非住宅でも求められるじん性の検討機能を追加。
 
●耐力壁に直行する横架材の短期回転力計算
直行する架構の応力を自動考慮。
 
●PHの偏心率計算
ペントハウスの偏心率の計算に対応。
 
●JWデータの下絵表示
JWデータを下絵表示することで、初期の入力作業を効率化。
 
●その他の新機能
・構造区画の領域X表示
・(告示第1791号)部材検討(1.5倍)での個別計算の表記
・固定荷重の設定範囲の表示
・耐力壁配置図の長さ表記
・Kiz-Sub 38mm厚アンカーボルトの計算 等
 
■標準価格(税別)
新規購入:450,000円
増設:225,000円(2本目以降の価格)
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
TEL:03-5363-0650
http://www.cstnet.co.jp/index.html



前の10件

最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会