建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 2019年7月 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

製品ラインアップが拡張された『Solibri Product Family』をリリース

2019年7月2日 分類: CAD、BIM・CIM

グラフィソフトジャパン株式会社は、Solibri社の『Solibri Office』『Solibri Site』、『Solibri Anywhere』(以下『Solibri Product Family』)を7月8日より提供開始する。
 
Solibri Product Family
 
■概要
今回リリースする『Solibri Product Family』は、建設業界におけるBIMデータを中心としたワークフローの中で、設計および施工の現場においてより高品質なBIMデータがプロジェクト全体を通して活用されることを目的に、製品のラインアップを拡張したもの。
これまでのSolibri Model Checkerは「Solibri Office」へ、Solibri Model Viewerは「Solibri Anywhere」へと名称が変更されるのと同時に、機能が拡張されたものとなり、さらに新しい製品として「Solibri Site」がラインアップに加わる。
 
■製品ラインアップ
Solibri Office
旧Solibri Model Checkerと同一の機能性をもち、ルールベースのチェックを含めた全ての機能を利用できる製品。
BIMデータのチェックを中心とする、事務所内での活用に最適化されている。
 
Solibri Site
Solibri Officeの機能のうち、モデルチェックおよびカスタムルール作成を除いた全ての機能を利用できる製品である。
建設現場におけるモデルの閲覧およびデータの活用(案件および分類の作成、情報の取出しなど)に最適化されている。
 
Solibri Anywhere
旧Solibri Model Viewerと同一の機能性に加えて、案件の並べ替え機能などを利用できる、無償版ビューア製品である。
高品質なBIMデータにアクセスし、コメントをするなど、BIMを中心としたワークフローへの貢献に最適化されている。
 
 
 

■問い合わせ先
グラフィソフトジャパン株式会社
http://www.graphisoft.co.jp



住宅プレゼンシステムALTA『スマ積サービス』を開始

2019年7月1日 分類: 建築系

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾 良幸)は、建築事業者向け住宅プレゼンシステム「ALTA」の保守契約ユーザーへの無料サービスとして、積算・見積業務の生産性を向上する『スマ積(せき)サービス』を開始した。
 
スマ積サービス
 
■概要
住宅プレゼンシステム「ALTA」は、パースやプレゼンシート、見積書、図面の作成、法規チェック等が行える工務店・ビルダー向けの営業支援ツールである。
今回、同社では、約3,000社のユーザーを通じて、蓄積されたノウハウをもとに積算業務にかかる時間を短縮し、スマートに見積を作成する『スマ積サービス』の提供を開始する。
従来、ALTAで積算・見積の精度を高めるためには、自社で利用する建材・資材の商品単価マスターと自社独自の拾い出し計算式を事前に設定する必要があった。
この度開始する『スマ積サービス』では、商品単価マスターと計算式をセットにした「見積テンプレート」を提供することで根拠のある正確な見積を手間なく、スピーディに作成することが可能である。
 

■見積テンプレートの特長
・約15メーカー、13,000点の「単価マスター」を搭載
・プランで入力した建材や資材の内容が見積へ自動で反映
・約3,000社のノウハウが詰まった「計算式」を搭載
・年に1〜2回の配信※
 
※今回は第1弾として下記内容を手掛ける工務店・ビルダー向けの見積テンプレートを配信する。
新築戸建て、在来工法、年間棟数10〜30棟、坪単価40〜50万円
 
 
 
■問い合わせ先
株式会社コンピュータシステム研究所
https://www.cstnet.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会