建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 2019年2月 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus』の写真帳票のレイアウトが自由に変更可能に

2019年2月5日 分類: 建設共通

株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤謙自)は、同社が開発・販売する図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus(スパイダープラス)』をバージョンアップした。写真帳票レイアウトを自由に変更が可能になった。工事写真・配筋検査の帳票に対応し、建設現場の事務作業時間を大幅に短縮する。
 
帳票出力
 

■概要
従来、定型のフォーマットのみだった写真帳票が、自由にレイアウトを変更することが可能になった。
各企業様式の帳票フォーマットを登録でき、各現場ごとでも独自の帳票フォーマットを登録できる。
あらかじめ出力したいフォーマットを登録できるので、現場から事務所へ戻られてからの帳票作成・編集作業を短縮する。
 

■『SpiderPlus』導入後の帳票作成
・現場で撮影しながら写真整理ができ、データ整理の時間を削減できる
・写真帳票にメモも出力され、メモ転記の手間をなくし、転記ミスを防止
・事前に必要な帳票レイアウトを登録でき、事務作業時間を大幅に短縮できる
 
 

■問い合わせ先
株式会社レゴリス
https://spider-plus.com



図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus』スマートフォン版を大幅バージョンアップ

 分類: 建設共通

株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤謙自)は、同社が開発・販売する図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus(スパイダープラス)』のSpiderPlusスマートフォン版を大幅バージョンアップ。
自由に編集できる電子黒板でスムーズな工事写真撮影が可能になる。
 
SpiderPlus iphone版
 
 

■概要
事前に電子黒板テンプレートを作成、状況に応じた黒板を選んで撮影できるため、現場でスムーズな撮影記録ができる。
従来、工事黒板の消し書きに時間を取られていた撮影記録が、電子黒板機能を使うことで消し書きの手間が削減でき、黒板を立てる手間も人員も不要になるため、作業時間の削減だけでなく、人員の削減にもつながる。
撮影・記録した内容の情報共有が簡単に行えるため、現場と事務所間、現場と現場間などで、作業進捗状況がすぐに把握できる。
また、事務所に戻ってからの写真整理やメモの転記作業がなくなり、簡単に工事写真帳票が作成できるため、大幅な事務作業時間の短縮につながる。
今回のバージョンアップでは、帳票レイアウトカスタマイズも可能になり、任意のフォーマットで出力が可能になる。
 
 

■問い合わせ先
株式会社レゴリス
https://spider-plus.com



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会