建設ITガイド

トップ >> 成功事例集 成功事例集

建設ソフトやハードウェアなどのITツールを導入して成功した事例を紹介します。
サムネイル 3次元地形データを使った 効率的な道路計画
秋田県に本社を置く、株式会社 創研コンサルタントは今年4月に設立35周年を迎えた地域密着型の総合建設コンサルタント。多くの有資格者を抱え、受注した業務を優良業務として秋田県知事から2年連続表彰されるなど、秋田県屈指の建設マネジメント力を発揮している。
株式会社 創研コンサルタント

サムネイル REAL4を駆使してコストダウン 利益率改善を実現! 会社を劇的に変革したREAL4導入
REAL4を駆使することでコストダウンを実現し、業務の流れを変え、利益率の改善を実現。手掛けた工事を若い従業員がTwitter(ツイッター)で発信するなど、若い力の刺激にもつながっている。
株式会社 藪野興業

サムネイル 「道路附属物点検システム」で 省力化以上の効果が強みに
太平洋総合コンサルタント株式会社は、北海道釧路市に本社を置く建設総合コンサルタント。1975年の創業以来、常に事業部門を拡張し続けてきた、地域密着の成長企業だ。
太平洋総合コンサルタント株式会社

サムネイル 「阿蘇大橋」復旧業務のCIM事例 〜3Dモデルがつなぐ未来の懸け橋〜
2016年4月に発生した最大震度7の熊本地震により、阿蘇大橋が崩落した映像の衝撃は記憶に新しいところであろう。熊本市内と阿蘇地方をつなぐ交通の要衝であった阿蘇大橋の復旧については国が直轄事業として推進し、同年5月には「国道325号阿蘇大橋橋梁予備検討業務」が発注された。
株式会社 長大

サムネイル やってみなければ分からない! 初挑戦のi-Construction 工事現場で豊富なi-Conノウハウ を蓄積&活用
埼玉県春日部市に本社を置く金杉建設株式会社は、70年余の歴史を持つ地域密着型の建設会社である。
金杉建設株式会社

サムネイル 「何かおもしろいことを…」から始まったBIMへの挑戦
社長の一言からBIMの取り組みを開始した共立建設株式会社。当初は3Dプリンターで模型を作成するためのBIM導入だったが、ARCHICADの導入を機に、「やりたいこと」が「できること」に変わっていった。現在ではARCHICADを導入したことにより、スマートフォンやタブレットを使って現場でもBIMが積極的に使われている。
共立建設株式会社

サムネイル 総合設備工事業における 3次元計測の活用
BIMやCIMの高まりを受けて、3Dスキャナーを導入する企業が増えている。しかし、3Dスキャナーで得られる高精度の点群データを効率的に活用することは難しいといわれている。株式会社 九電工では、3Dスキャナーと併せて点群処理ソフトウェア「Galaxy-Eye」を導入することでこの問題の解消し、モデルの作成など設備BIMへの展開を図っている。
株式会社 九電工

サムネイル 5年ごとの買い直しが不要でコストを大幅削減。現場の声が反映される仕組みで満足度が上昇。
高木建設株式会社は、会社設立が昭和初期にさかのぼる長い伝統を誇り、当初は木材業も営んでいた。現在は、道路改良・砂防堰堤・上下水道管等埋設・河川などの土木工事をはじめ、公共・民間の建築工事、さらに古民家再生にも実績を上げている。
高木建設株式会社

サムネイル 積算・見積ソフトの導入で、業務の統一化と激化する競争入札に対応する。
株式会社 東電工業社は、1916年の創業以来、「誠実」をモットーに、電気設備工事一筋に事業を進めている。施工実績は、豊富な技術を生かし、官公庁発注工事をはじめ、病院・金融機関・集合住宅、土木工事分野におけるダム工事やシールド工事の電気設備工事など多岐にわたる。
株式会社 東電工業社

サムネイル Revit鉄骨詳細連携システムの構築
大成建設株式会社では、構造設計用BIMツールとしてAutodesk社のRevitを採用し、確認申請に伴う多くの作図に活用している。しかし、Revitは国内仕様となっていないため、鉄骨詳細検討を行うにはプレートやボルトなどの鉄骨詳細部材を1箇所ずつ手入力で行う必要があり、現実的ではない。そこで、Revitと3Dモデリングに対応した鉄骨専用CADを連携させ効率化を図っている。
大成建設株式会社

新製品ニュース

『EX-TREND武蔵 Ver.19』と『TREND-POINT Ver.6.1』 同時リリース


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会