建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 情報共有Cloudサービス basepage(ベースページ)
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

情報共有Cloudサービス basepage(ベースページ)

川田テクノシステム株式会社

関係者間のコミュニケーション強化を実現する強固なセキュリティの情報共有クラウドサービス

 

概 要

国土交通省が推進する「工事・業務情報共有システム」として国内トップクラスの実績の「basepage」は、関係者間のコミュニケーションの強化を目指し、遠隔臨場でも活用できるWEB会議システム、VR・MRへの連携等のさまざまなコンテンツの提供を開始。JDCC制定ファシリティスタンダードでティア4相当のデータセンターと契約しており、さらに「basepage」はISMSクラウドセキュリティの認証を取得(詳細はホームページのホワイトペーパー参照)により高度なセキュリティ環境のサービスを提供している。その他、地図情報を利用しての災害時情報管理や維持・保全管理システム、資機材管理システムに加え、移動体通信を利用しての運行管理など用途に応じたアレンジが可能。災害MAPや重機管理技術をベースとして開発されたシステムとして、特許も取得している(特許第6368340号)。利用できる端末はPCだけではなく、スマートフォンやタブレット等が利用可能。
 


basepageを使った事例紹介

■ 工事/業務情報共有

 
国土交通省が推進している「工事施工中における受発注者間の情報共有のシステム機能要件 Rev.5.2」および「業務履行中における受発注者間の情報共有システム機能要件 Rev1.2」に対応。書類の届出、決裁時間の大幅短縮に貢献する「ワークフロー」をはじめ、円滑に工事や業務を実施可能とするコミュニケーションの強化を目指した掲示板や、WEB会議(遠隔臨場利用)などさまざまなコンテンツを搭載した。
 
 

■ BIM/CIM対応リクワイヤメント

 
国土交通省から要求されているBIM/CIMリクワイヤメントに対応して、3次元CIMモデル閲覧のための3次元CADビューワ機能を搭載。3次元CIMモデルをブラウザのみで閲覧できるほか、VR、MR への出力、360度カメラ画像も閲覧できる機能により、円滑な説明会や打合せを実現した。
 
 

■ 電子地図の活用(GISコンテンツ)

 
・スマート端末を使った維持点検管理
橋梁・道路の点検作業を支援するシステム。点検アプリを使って現場でも簡単に点検内容を入力でき、リアルタイムに位置情報とともに反映される。端末からCAD図面や点検書類・過去の帳票の確認ができることにより資料の持ち運びが軽減できる。点検帳票の自動作成機能により事務所での作業が大幅に削減できるほか、点検現場、作業事務所、発注者の誰もが無駄なく情報を共有できることにより効果的な点検作業を実現した。
 
・災害情報共有
スマートフォンからの被害状況(位置情報、現場写真)報告をシステム内に集約することにより、災害場所、災害状況が一目で分かるため、対応指示の迅速化が図ることができる。情報は電子地図上に集約表示できるため、応急復旧の状況をリアルタイムに把握できるほか時系列に確認可能。
 
・資機材データベース構築
災害発生時等に復旧に必要なものは資機材(資材、機材、重機、オペレータ)。自社や各県建設業協会会員各社の保有資機材、あるいは現場での資機材稼働状況を把握できる。災害情報共有と一元化を図ることで、国や県・市町村・各県建設業協会といった関係機関との情報共有により、迅速な災害対応を実現する。
 
 

標準価格

月額使用料金制(規模・機能に応じて異なる)
 
川田テクノシステム株式会社
Tel.03-6367-5641
https://www.kts.co.jp/asp/basepage/index.html
 
動作環境
Webブラウザ   Internet Explorer(11以上)、Firefox、Google Chrome
ディスプレイ    1366×768以上が表示可能なもの
 
 


新製品ニュース

BIM対応の新製品「構造モデラー+Revit Op.」発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会