建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> デジタル野帳 eYACHO for Business
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

デジタル野帳 eYACHO for Business

株式会社MetaMoJi

全ての現場が進化する 建設DXを強力に推進

 
eYACHO
 
 
デジタル野帳「eYACHO for Business(以下、eYACHO)」は、建設現場の生産性向上を支援するため、株式会社大林組と共同開発されたアプリである。
現場業務に必要な機能を多数搭載しており、打合せ記録、帳票作成、情報共有、TODO管理、など一連の業務がeYACHO上で集約して行える。
 
従来の紙の野帳をeYACHOに置き換えることで、建設現場の働き方を改革し、業務効率化による生産性向上と時短に貢献する。

 

紙の野帳をデジタル化

 
紙の野帳同様、自由自在に手書きでメモやイラストを手書きでき、写真や動画、音声録音による記録も可能。
もちろんPDFや写真の上にもメモを書き込める。
音声はメモや写真と紐付けられ、編集した時点からピンポイントで頭出し再生ができる。
 
建設用語を約4万語搭載した日本語手書き入力「建設mazec(マゼック)」を搭載しており、数文字書くだけで専門用語に変換できる。
キーボード入力不要で、快適かつ効率的な入力環境が現場で実現する。
 

建設用語を手書きで効率的に入力「建設mazec」

建設用語を手書きで効率的に入力「建設mazec」


 

図面も資料も一つに集約

 
図面や資料をPDFでeYACHOに取り込んでおけば、タブレット一つで現場に臨める。
工事写真も撮影できるので黒板の持ち運びも不要。
安全衛生日誌などの各種書類もペーパーレスで作成可能。
ワークスタイル変革で仕事が身軽になる。
 

図面も資料もひとつに集約

図面も資料もひとつに集約


 

リアルタイムな情報共有

 
ネットワーク環境下において、図面や設計図に複数人が同時に書き込み、瞬時に共有できる「Share(シェア)」機能を搭載。
事務所と現場など離れた場所においてもリアルタイムな情報共有による簡単確実なコミュニケーションが可能。
本機能は幅広い用途が見込まれるが、迅速で確実な意思疎通により、チームでの業務効率が大幅に向上する。
遠隔臨場や遠隔立会にも活用することで、移動時間の削減効果が期待できる。
 

リアルタイム共有で円滑なコミュニケーション

リアルタイム共有で円滑なコミュニケーション


 

書類作成も現場で完結

 
Excelベースの帳票から、タブレットで入力できるように簡単に帳票が作成できる。
画像認識AI 技術を応用したテンプレート作成支援機能を搭載、フォーム作成の手間が省力化できる。
また、現場ごとに異なる運用に合わせて現場の担当者が項目を変更できる柔軟性を備えている。
日報や安全パトロールなどの入力が現場で完了し、各所への承認依頼もeYACHO上でスピーディーに行えるなど、事務所での持ち帰り業務の削減と時短に貢献する。
 
そのほか自動計算可能な「出面表」や、業務効率化に役立つ各種業務テンプレート・アイテムも多数提供している。
 

書類作成も現場で完結

書類作成も現場で完結


 

現場で役立つ特長機能

図面PDFや用紙に縮尺設定

 
図面に縮尺を設定しておくと、実寸が登録された重機などのアイテムが縮尺に応じた大きさで貼り付けられる。
現場配置図も簡単に作成できる。
 

図面や用紙に縮尺が設定可能

図面や用紙に縮尺が設定可能


 

テンプレートと図面ピンのリンク

 
図面にピンを立てて写真や点検項目の紐 付けや、ピンに設定した内容を台帳形式で出力可能。
 

テンプレートと図面ピンのリンク

テンプレートと図面ピンのリンク

 

レイヤー機能

 
寸法線、設備や配線、打合せメモなどを別々のレイヤーに作成し、重ねたり表示を切り替えたりすることで設計レビューにも活用できる。
シェアノートにして複数人で個々のレイヤーを編集できるため、利便性が向上する。
 

レイヤー機能

レイヤー機能


 

データ管理/全文検索

 
メモや写真、ページやノートにタグを付けて分類・整理できるので、円滑な進捗管理、業務のやり忘れや手戻りの防止に役立つ。
 
全てのノートや指定フォルダ内のノートを横断した文字列検索が可能。
必要な情報が瞬時に取り出せる。
 
ノート内のデータから目的に合ったデータのみを集約して表示することで、さまざまな視点から情報を把握できる高度な機能も提供している。

 

データ連携

 
・図面管理ソフト連携
CheXやSPIDERPLUSなどの図面管理アプリとも連携可能。
 
・各種ストレージサービスとも連携
BOX、Dropbox、OneDriveなどの各種
ストレージサービスに対応しており、データの有効活用を支援する。
 
・各種計測機器との連携
Bluetooth接続可能な計測機器の測定値をeYACHOの帳票に直接入力可能。
 
・チャットアプリとの連携
ビジネスチャット「direct /ダイレクト」を介してeYACHOの図面や資料が即時に通知できる。

 

ログイン連携

 
外部サービスを利用したログインが可能。

 

標準価格(税別)

 
初期導入費 30万円
1ライセンス 2万8,000円/年(5ユーザー~)
 
株式会社MetaMoJi

Tel.03-5114-2912(法人事業部)
 
動作環境
対応OS iOS 11.4以降 Windows 10 バージョン 1703以降/ 2019 LTSC以降


最終更新日:2023-06-21




新製品ニュース

建築業向け現場管理クラウドアプリ「PRODOUGU 検査オプション」をリリース建築業向け現場管理クラウドアプリ「PRODOUGU 検査オプション」をリリース


建設ITガイド 電子書籍 2024版
建設ITガイド2024のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会