建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 施工Revo
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

施工Revo

株式会社 建設システム

施工CIMに向けた次世代システム


s55_1.jpg


概要

「施工Revo」は、日々蓄積されるデキスパートデータを集約し、施工する工事内容の設計書情報や測点、座標データを基に現場を4次元(3次元+時間軸)表示する次世代システム。

デキスパートシリーズの各ソフト(写管屋・現場大将・情報化施工(TS出来形)サポートツール・A納図 [A-NOTE]・A納図 [A-NOTE][2.5次元]・工程管理システム)で作成したデータを基に、現場を4次元化。
大きな手間をかけることなく、従来の作業を行うだけで施工CIMを見据えた4次元データを作成できる。
また、工事に関するあらゆるデータを集約することで、会社内外における工事現場の見える化が実現する。


手間をかけずに4次元データを作成

設計書情報や測点・座標データを基に現場を4次元(3次元+時間軸)表示。
デキスパートシリーズの各ソフトを使用して、従来の作業を行うだけで手間なく4次元データを作成できる。


工事の進捗状況を視覚的に把握

同デキスパートシリーズの「工程管理システム」で作成した工程データ(計画・実施)を基に、工事の進捗に合わせて4次元データが切り替わるので、視覚的に分かりやすく工事の進捗状況を把握できる。
作業員だけではなく、発注者や近隣住民の方にも工事の進捗を視覚的に分かりやすく伝えることができる。


写真や書類の関連付け

工種や測点ごとに、工事写真や書類の関連付けができる。
GPS情報が付加された写真であれば、3Dビュー上の撮影位置に自動配置も可能。
作成したデータは、より伝わる検査ツールとして活用することができ発注者のイメージアップにもつながる。


完成イメージが見える複数路線配置

入力済みの路線データを複数配置。
データを集約するだけで、複雑な路線の現場でも完成イメージを見える化できる。


ワンランク上の活用

同デキスパートシリーズの「安全管理サイガード」や「施工計画書作成支援システム」で作成した4次元データを活用すれば、よりリアルな現場をイメージすることができ、ワンランク上の安全管理書類や施工計画書の作成が実現する。


「施工Revo」の製品情報は下記からも閲覧可能。
スマートフォンなどのリーダーを使用し、下の「QRコード」より。

s55_2.jpg


標準価格(税別)
要問い合わせ
(株)建設システム
Tel.0545-23-2600
http://www.kentem.jp/
動作環境:
OS:
Microsoft Windows 10 Home、Pro、Enterprise/Updateなし(バージョン 10.0)、Update(バージョン 1511)
Microsoft Windows 8.1、Pro、Enterprise/Updateなし、 Update(KB2919355)
Microsoft Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimate、Enterprise/SP1
Microsoft Windows Vista Home Basic、Home Premium、Ultimate、Business、Enterprise/SP2
※上記OSのうち、10、8.1、7のみ64ビット版に対応
CPU:Intel Core 2 Duo もしくは互換プロセッサ2GHz以上(Core i5以上推奨)
メモリ:2GB以上(4GB以上推奨)
HDD空容量:10GB以上の空き容量(20GB以上推奨) ※SSD(フラッシュメモリドライブ)も使用可能
※最新の動作環境に関しては、同社ホームページで確認のこと

新製品ニュース

道路橋梁インフラの維持・メンテナンスをスマートに 『Maplet SM』販売開始


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会