建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 情報共有ASPサービス「basepage(ベースページ)」
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

情報共有ASPサービス「basepage(ベースページ)」

川田テクノシステム株式会社

実績多数の情報共有ASPサービス データ管理の手間とコストを削減する



s58_1.jpg
スマート端末と電子MAPを連携して、さまざまな運用が可能


概要

インターネットを利用してIDCに構築されたサーバーに情報を保存し、社内の各部門間や協力会社、発注者と情報を共有できるASPサービス。
工事情報共有システムとして多数の利用実績がある。
専門知識は不要で、インターネットに接続できる環境であればいつでもどこからでも利用でき、サーバー管理やソフトウェアを購入する手間とコストを削減できる。


スマート端末を使った維持点検管理

橋梁・道路の点検作業を支援するシステム。
点検アプリを使って現場でも簡単に点検内容を入力でき、リアルタイムに情報が反映される。
点検作業時の書類の持ち運びを軽減するだけでなく、過去の帳票の確認や、点検現場からの関係者への一斉情報発信ができる。
また、データの視覚的確認や点検帳票の自動作成など、点検現場、事務所、発注者それぞれが効率アップを図れる。


s58_2.jpg
スケジュール管理等の基本機能も充実


資機材データベース構築

保有資機材および各現場での資機材稼働状況を把握し、情報の一元化および関係機関との情報共有を図ることによって、災害発生時に、より効果的な復旧活動を目指す。
位置情報、写真情報なども同時に扱うことができるため、資機材の保管位置も電子地図上で確認でき、被災地との位置関係も視覚的に捉えることができる。


s58_3.jpg
蓄積したデータから帳票作成


災害情報共有

GPS機能付きの携帯電話やスマートフォンを使うことにより、災害状況(位置情報、現場写真)をひとつのシステムに集約でき、作業指示の迅速化が図れる。
情報は電子地図上に蓄積できるため、応急復旧の対策検討に有効。


BCP対策に

災害時および常時におけるBCP対策として情報伝達手段の確保、安否確認、現場データの保守が要求される中、簡単に安否確認が行えるコンテンツや、クラウドでデータのバックアップをとるコンテンツなどを利用することにより、低コストでBCP支援環境を構築できる。


工事情報共有に

受発注者間の業務効率化を目的とし、国土交通省が推進している「工事施工中における受発注者間の情報共有のシステム機能要件(Rev.4.0)」に対応。
打合せのための移動時間などを大幅に削減し、ワンデーレスポンスを実現する。


標準価格(税別)
月額使用料金制(規模・機能に応じて異なる)
川田テクノシステム(株)
Tel.03-5643-2361
http://www.basepage.com
動作環境:
Webブラウザ:Internet Explorer(8以上)、Firefox、Google Chrome
ディスプレイ:1366×768以上が表示可能なもの

新製品ニュース

Mixed Reality(MR:複合現実)システムの最新版『GyroEye 2019.2』リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会