建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 土木積算システム「メビウスZERO」
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

土木積算システム「メビウスZERO」

吉備システム株式会社

「積算力」が向上するメビウスZERO(ゼロ)



s37_1.jpg


概要

土木積算システム「メビウスZERO」は、豊富な導入実績と長年の積算ノウハウで積み重ねてきた、高度な積算機能を取り揃えている。
効率の良いユーザーインターフェース、高い機能の先進性、柔軟に対応できる汎用性が特長であり、利用者のニーズに即応できるハイスペックなシステムである。


優れた操作性と高いパフォーマンス

日常的に使い慣れているOfficeソフト風の画面構成が特徴的であり、直感的な操作感覚で必要な機能を簡単に使用できる。
経費シミュレーションやパフォーマンスの優れた機能は、積算効率を格段に向上してくれるだろう。


自動バックアップ・更新チェック機能

大切な工事データは自動バックアップ機能より、システム終了時に工事データを自動保存することができる。
また、最新プログラム・単価データのアップデートに関しても自動更新チェック機能により、必要なものだけを素早くダウンロードでき、常に最新の状態で積算システムを利用することが可能である。


総価契約単価合意方式に対応

受発注者間の契約変更時において、単価協議や請負代金の変更などがあった場合も、「単価個別合意方式」および「単価包括合意方式」に基づいた変更設計の積算・経費計算に対応している。
難航しがちな設計変更協議を円滑化し、生産性の向上にも役立つ機能である。


複数設計書・点在工事の合算

複数の設計書を工事ごとに合算することが可能であり、経費金額も割合・按分・先取などさまざまな計算方法で合算経費を算出できる。
さらに、施工箇所が点在している複数の工事を一体で発注したい場合でも、一つの工事として経費計算することが可能であり、さまざまな設計書計算に対応した合算機能を搭載している。


取り込みデータの自動判別置換

取り込んだ設計書データの未確定アイコンをクリックすると、工種名称等から施工パッケージや歩掛を自動判定してくれる。
さらに候補も自動検索し、素早いデータ置換が可能。
積算業務の省力化が期待できる。


設計書の取込と連動表示

発注者から提供されている設計書ファイル(PDF形式、Excel形式)の取り込みはもちろん、取り込んだデータと設計書ファイル(別ウィンドウ)との連動表示が可能である。
手作業で行っていた設計書との照合も、メビウスZEROでは積算作業の動きに合わせて設計書がシンクロ表示するので、積算時間が大幅に短縮され、積算担当者の入力業務をサポートしてくれる。


標準価格(税別)
オープン価格
吉備システム(株)
Tel.086-256-9301
http://www.kibi.co.jp
動作環境:
OS:WindowsVista(SP1)/7/8/8.1/10、WindowsServer2008(R2)/2012(R2)
CPU:Intel core i5以上推奨
メモリ:4GB以上推奨
HDD空容量:20GB以上推奨(1県当たり)

新製品ニュース

福井コンピュータ、3次元測量機能を強化した測量CADシステムをリリース


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会