建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 次世代BIMアプリケーション CADWe’ll Linx
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

次世代BIMアプリケーション CADWe’ll Linx

株式会社ダイテック

Tfasの後継ソフトとして、コラボレーション機能やデータ連携、カスタマイズ機能が充実

 

概 要

 
コラボレーション機能で複数人でモデリングを可能とし、マクロ機能によりカスタマイズや他システムとの連携を実現する。
設計~施工~運用まで、業務全体の生産性を画期的に向上させる次世代BIMアプリケーション。

 
 

■ ワンモデルをマルチビューイング

 
3DCADのため一つのモデルをさまざまな角度から表現できる。
作図編集したオブジェクトは、全てのビューに反映される。

ワンモデルをマルチビューイング


■ コラボレーション機能でワンモデル運用

 
ワンモデルを複数人で同時作業することで図面の統合作業が不要になり、修正が1カ所で済むなどデータの差し替え作業が簡単になる。

 
 

■ 版管理機能

 
Linxのプロジェクトファイルは図面履歴を持つことができる。
ユーザーが登録した時点の図面状態をいつでも呼び出すことができる。

版管理機能


■ オブジェクトデータベース機能

 
図面内の全ての情報をデータベースとして扱える。
出力情報は、機器表・発注書など自由なフォーマットで出力でき、出力帳票から情報編集が可能となる。
さらにExcel機器リストから図面へ自動配置することもできプロット業務の改革を実現。

 
 

■ ユーザーカスタマイズ機能

 
普段よく使う機能をお気に入り登録して素早く実行するなど、自在なカスタマイズ環境を提供する。
またコマンドを組み合わせてマクロ登録することで、好みの操作を機能化することができる。
使えば使うほど、ユーザー個々に合わせたツールに成長する。
 
 

■ 施工支援機能

 
熟練者には作図効率を、初心者には間違い防止になる施工支援機能では、耐震支持材を建築設備耐震設計・施工指針を基に自動配置できる。
また、梁情報から梁貫通可能な最適レベルの検討や梁貫通の横方向の有効範囲表示と干渉チェックができる。

施工支援機能



 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社ダイテック
Tel.03-5762-3511
https://www.daitec.jp/
 
動作環境
要問い合わせ
 
 



新製品ニュース

球体ドローン最新機種 「ELIOS 3」をJapan Drone2022で発表球体ドローン最新機種 「ELIOS 3」をJapan Drone2022で発表


建設ITガイド 電子書籍 2022版
建設ITガイド2022のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会