建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築鉄骨専用CAD KAPシステム
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築鉄骨専用CAD KAPシステム

日本ファブテック株式会社

ファブリケータ業務の全ての領域をサポートする鉄骨構造物トータルシステム

 


概 要

 
KAPシステムは、構造設計ソフトと設備ソフトとの連携はもちろん、RevitモデルデータからKAP for Revitを介してKAPモデルへの変換が可能な鉄骨専用CADである。鉄骨に関する幅広い適用範囲・多彩な加工シミュレーションを得意としており、近年ではリモートワークでのマルチ入力など新しいビジネススタイルに合わせた機能を搭載した。以下に主な機能紹介を行う。
 

■ BIM取り組み

 
KAP for Revit
大規模プロジェクトで設計者が作成するRevitの構造データをKAP for RevitでKAPモデルに変換が可能となり、KAPモデルの入力作業が大幅に軽減できる。
 
EGリングのクラウド判定
独自開発「EGリング」の設置可否をクラウド判定し、KAPシステム側にてその場で判定結果を確認できる。NG箇所は赤字で表示されひと目で分かる仕様となっており、設備検討の大幅な時間短縮が可能。
 
BIM連携について
設備との連携では、Rebro・T-fas・DesignDraft・Cadewa等の設備BIMソフトから出力されたデータを一括でKAPシステムのスリーブデータに変換できる。また、BIMの標準フォーマットであるIFCについてはKAPシステムの3Dモデルからタイワの「実寸法師」を介して出力可能である。さらにST-Bridgeの出力にも対応し、各専門業者からのBIMモデルをBIMソフトで集約して現場打合せに利用し、その場で部材の干渉チェックなどを行うことが可能である。
 
BIMデータを活用した現場運用
「製造工程管理」は、製作の各工程に完了予定日を設定し完了日を工程ごとに入力すると、サーバーに情報を集約し伏図で工程の進捗状況を色分けして確認できる。
「カラーチェック」は、大梁・小梁など種別や鋼材の材質ごとなどさまざまな属性に対して、3Dモデルの色分けが可能でチェックに活用できる。QRコードの出力が可能で、タブレットを活用しボルトチェックや製品検査チェックなど現場でのQRコード管理にも対応が可能である。
 
Webアプリケーション
モデル化された工事を同時に複数の人がWebブラウザを介して閲覧することができ、工事の製造進捗管理にも対応している。Webブラウザから確認可能な情報は、重量、溶接長、面積、ボルト本数等の文字情報に限らず、一般図や加工図等の2次元図面(SVG)や3次元モデル(X3D)も含まれる。
 

 
3Dのモデルに寸法線等のアクセサリを付け加えた「3D詳細図」をAutoCAD−WSのクラウド上にアップロードし、iPadやAndroid端末から閲覧することも可能である。
 
 


 

■ KAPシステムの特徴

 
自動生成とトレース機能
取り合いデップス差を考慮した梁フランジの刃落とし加工や、方杖・デッキ受け・かさ上げ材や仮設金物を自動生成する。柱仕口部やCFT構造の充填孔や空気抜き孔を入力条件によって自動加工する。BIMモデルをCAD機能で加工し、異形水平ダイヤの形状変更が可能、その加工手順のログで再生を可能である。CAD機能でファスナー等を生成し、自由に配置ができて、変更も一元管理している。
 
大型物件への適用性
通常の鉄骨関連BIMソフトでは入力と同時にモデル化処理を行うため、大型物件においてはレスポンスに問題が生じるケースが多く、最大処理トン数は数千トンレベルと考えられる。KAPでは入力とモデル化は別処理で行う。その結果、数万トン級の処理も可能である。
 
・特殊取り合いの適用範囲
鉄骨加工をシミュレートするマクロ言語により、新たな取り合い方法が発生してもこのマクロ言語を駆使し即時対応が可能である。また新たな材料や既製品についても迅速に対応しリリースしている。
 
 

■ クラウドリモート機能

 
新型コロナウイルス対策によるクラウド活用し遠隔地から複数人で同時作業する「並行入力」をプレリリースした。参加人数と鉄骨トン数の制限はなく変更データにメッセージを加えることができ、自分のデータをいつでも最新状態に保つことが可能である。海外拠点と連携する鉄骨ファブリケータでも場所を選ばず世界各国とのワークシェアリングが可能である。
 
  


 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
日本ファブテック株式会社
Tel.03-5524-1851
http://www.j-fab.co.jp
 
動作環境
要問い合わせ
 
 


新製品ニュース

オルツが建築業界向け『建築GIJIROKU』強化音声認識エンジンをリリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会