建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 3D点群処理システム TREND-POINT
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

3D点群処理システム TREND-POINT

福井コンピュータ株式会社

“i-Construction”を強力に支援する3D点群処理システム

 

概 要

 
「TREND-POINT」は、普及が進む点群データの処理・活用を支援するシステムである。膨大な点群データを快適に取り扱え、多種多彩なフィルタリング機能(ゴミ取り)による点群データの加工や三角網(TIN)の作成・編集、各種計測などの機能を実装し、点群データの活用を幅広くサポートする。

 

■ 出来形管理要領対応

 
国土交通省“i-Construction”の出来形管理要領や農林水産省「情報化施工技術の活用ガイドライン」に準拠した成果作成が可能。設計との差異が規格値に対してどの程度収まっているかをヒートマップで表現し、評価情報も画面上に表示できる。ICT土工の出来形管理要領で規定されたソフトウェアのうち、帳票作成および数量算出を行うソフトウェアの機能要件をとりまとめた「多点計測技術を用いた出来形管理に関するソフトウェアの機能要求仕様書(ICT土工編)Ver.1.0 平成30年7月版」に対応している。

ヒートマップ作成

 

■ メッシュ土量計算機能

 
同一箇所の点群データや設計データ(TINデータ)を用いた土量計算が可能。土木工事数量算出要領(案)における、3次元CADソフト等を用いた数量算出に対応した、メッシュ法(点高法)や三角網による土量計算(プリズモイダル法)により、i-Construction工事の出来高管理での活用が可能となっている。また「3次元点群処理ソフト(TREND- POINT)を用いた施工土量計測システム(登録番号:KK-150058-VE)」としてNETISへ登録されている。

メッシュ土量計算


 

■ 断面作成機能

 
線形情報を設定し、点群データから断面の抽出が可能。地形を確認しながらの中間点の追加や、三次元点群データを使用した断面図作成マニュアル(国土地理院)に対応した測量成果の作成が行える。不要断面の除外や横断方向角も自由に設定することができ、任意箇所での断面抽出にも対応。作成した断面データはDXF/DWG形式や縦横断SIMA形式(任意断面の場合は横断SIMA形式)で出力し、CADでの図面作成や3次元設計データの修正などで利用することができる。
 

■ 点群を活用した測量業務への対応

 
点群を活用した3Dトレースや等高線による平面図や土量計算解析結果図面、点群ペーロケによる路線線形計画や概略設計に加え、UAVレーザー測量の精度管理帳票など、新技術を用いた3次元測量業務や成果作成の効率化を支援する。
 

■ 3Dモデル(TREND-CORE)連携

 
「TREND-POINT」の現況点群上に、CIMコミュニケーションシステム「TRENDCORE」で計画したモデルを配置し、既設構造物等との干渉確認および計測が可能。現況点群に対し計画モデルを配置することで、発注者や協力会社との打合せ時に完成イメージを共有できる。
 

TREND-COREの3DモデルをTREND-POINTに配置
データ提供:YDN(やんちゃな土木ネットワーク)


 

■ CIMPHONY Plus連携

 
3次元地図を用いて現場データの利活用が可能なデータ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」では、電子小黒板や3次元データ等を“時間軸”と“位置情報”で管理・共有できる。点群データや3次元設計データなどを3次元地図上に配置・保管することで、工事の進捗に応じた計測や設計、出来形状況などを立体的にシミュレーションでき、WEBブラウザのみで、点群や設計データを3次元地図上に重ねて表示できる。TREND-POINT ではCIMPHONY Plus との連携機能を搭載し、点群データのスムーズな連携が可能となっている。
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
福井コンピュータ株式会社
Tel.0570-039-291
(福井コンピュータグループ総合案内)
https://const.fukuicompu.co.jp
 

動作環境
OS
Windows 10/8.1/7 SP1(ともに64bit)
CPU
推奨 Core i7(最低Core i5以上)
メモリ
推奨 16GB(最低8GB以上)
HDD空容量
推奨 500GB(最低100GB以上)※SSD推奨
VIDEO
推奨 OpenGL 4.0(最低 OpenGL 3.3以上)
※ VIDEOは、NVIDIA社製推奨。
(AMD社製などNVIDIA社製のVIDEO以外では、描画が正常にされないなど一部動作に制限あり)
VIDEOメモリ
推奨 2GB(最低1GB以上)
 
 



新製品ニュース

オルツが建築業界向け『建築GIJIROKU』強化音声認識エンジンをリリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会