建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> TP-PLANNER
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

TP-PLANNER

株式会社コミュニケーションシステム

土地情報から建物ボリューム設定までの企画BIM



s20_1.jpg


概要

TP-PLANNERは、建築企画設計における、土地情報入力からプラン、面積表、構造計算連動、パース、面積表作成に至る建築企画設計ツールを全て有する統合型建築企画設計専用CAD。
ファイル形式はDXF、DWG、JWWの他、最終データとしては躯体、建具情法を有するBIM情報をIFCあるいはST-Bridge連動する。
さらにKMZファイルでGoogle Earthによるビューイングが可能。
企画BIMとして設計最上流部を担う。
昭和63年の発表以来、機能向上を続け充実したサポート体制で多くの建築士、不動産鑑定士、研究者、行政など幅広く利用されている。


形態制限に伴う法規にフル対応

●境界条件
屈曲道路、始終点幅員高低差が異なる道路の日影規制ライン:天空率算定位置の自動発生。
日影規制ラインは閉鎖型:発散方式による逆日影が可能。 ●敷地内外高低差を考慮したボリューム算出
平均地盤計算、3m以内ごとの地盤面設定、日影平均地盤設定機能あり。
建物形状変更に伴い逐次再計算が可能になる。
●採光斜線対応
隣地、隣棟間離隔距離の有効採光距離逆算機能および採光斜線断面図表示。
●全国の高度斜線が登録済み。
●平成24/25年度改正建築基準法対応済み
備蓄倉庫等容積緩和、昇降機等容積不参入。


s20_2.jpg


豊富な逆日影日影規制ツール

●逆日影チャートによる可能空間算出
逆日影チャートをドラッグし確認しながら可能空間を算出。
日影NGブロック抽出およびカット機能。
●精度チェック
逆日影計算結果を建物変換し日影作図による精度チェックにより安心してプラン作成。


s20_3.jpg


プランニングツール

逆日影限界ラインを参照しながらのプランは容積率および住戸数の消化が逐次確認される。
面積表はExcelマクロで自動作成。
階高を有するブロックはパース、日影・斜線断面・天空率も逐次処理。
プランから壁厚自動発生により効率的に建具入力が行える。


s20_4.jpg


天空率・天空光計算

天空率施行に他社に先駆けて対応。
一の道路、一の隣地などJCBA方式全てに対応。
適合建築物、算定位置を法解析し自動作成。
逆天空率機能。申請図自動作成機能など煩雑な天空率計算を高精度・高速対応する。


s20_5.jpg


構造計算への対応

仮定断面算出機能と構造計算ソフトSS3(ユニオンシステム製)との連動処理。
STBridge連動。


s20_6.jpg


概算見積もりソフト連動

概算見積専用ソフトコストナビPro(建築ソフト製)との連動によりプランデータから見積書が30分程度で作成される。


s20_7.jpg


標準価格(税別)
TP-PLANNER 400,000円
不動産鑑定Pro 500,000円
Volume Pro/Professional 700,000円
(株)コミュニケーションシステム
Tel.03-3207-8211
http://www.com-sys.co.jp/
動作環境:
OS:Windows 10/8/7/Vista
HDD空容量:50MB以上の空き容量

新製品ニュース

データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』の新機能を今秋リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会