建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築設備CAD FILDER Cube /電気設備CAD FILDER Cube 電気
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築設備CAD FILDER Cube /電気設備CAD FILDER Cube 電気

ダイキン工業株式会社

一棟丸ごと作図・BIM対応建築設備CAD



s25_1.jpg


概要

空調機総合メーカーとして長年設備業界とともに歩み蓄積したノウハウや技術を生かした設備専用3次元CAD「FILDER Cube」。
3D建築モデルデータの取り込みやIFC、Be-Bridge、3D DXF出力などBIMに対応。

s25_2.jpg


PDF図面・紙図面をそのまま活用、リニューアルに効果的

建築図などのPDF図面をそのまま読み込み図面上の図形を、機器器具、部材情報を手軽に付加することができる。
電気設備図面なら、「電気シンボル化・配線化」機能により、シンボルや配線として活用することができる。
また、紙図面しかないリニューアル現場では、スキャナで画像データとして取り込み、CADに読み込ませることで図面として活用することが可能となる。
さらに「画像データのCADデータ化(ラスターベクター変換」)によりCADデータとして活用できるようになる。
図面上に書かれた絵をそのまま部材として登録し活用できるので、大幅に作図時間を効率化することができる。


見積り・材料発注等との緊密な連携による業務の負荷軽減

積算見積りシステム「PLANESTシリーズ」(コスモ・ソフト社製)と連携し、ダイキン工業製設備CADで作図した設備図面を根拠に金額換算し、スピーディに見積りを作成する。
具体的な流れとしては、設備図面を基に、ef/Bitzマスターから資材・施工区分情報等を引用して施工区分を設定。
さらに拾い情報を付加して拾い部品を配置し、拾い漏れ確認等も行った上で、ef/Bitzと連携して拾い出力を行う。
その場で容易に積算見積りできるので、現場での協力業者の見積り査定に手軽に活用でき、図面から工事済み範囲を指示していくことで、現状の出来高を算出することにも応用できる。

一方、材料発注業務での活用については、図面に配置された機器から自動で機器表を作る「機器表自動作成」機能がベースとなる。
作図段階で図面に配置した機器や電線、配管、ダクトなど各種資材情報をワンタッチで自動集計。
機器表も自動作成する。
機器表は維持管理フェーズでメンテナンスに活用し、新規の物件の設計開始時には、ベースとなる仕様として連携させれば省力化が実現する。
これらの自動集計した内容から、材料を発注する発注業務へ連携させれば、材料発注業務も負荷軽減できる。


CADシェアリングが運用コストの削減に貢献(特許取得 特許第3531806 他)

●購入したライセンスを複数人で使い回せる。
●購入ライセンス数を超えて同時利用が可能。
超えたライセンスにはレンタル料金「400円(税別)/時間」を課金する、リーズナブルなシステム。
●詳しい利用状況を毎月集計。WEB上で確認。

s25_3.jpg


標準価格(税別)
要問い合わせ
ダイキン工業(株)
Tel.03-6716-0475
http://www.comtec.daikin.co.jp/SS/
動作環境:
OS:Windows 10(32bit/64bit)Windows 8.1, 8(32bit/64bit)Windows 7 SP1(32bit/64bit)
CPU:Core i5、Core i7 推奨
メモリ:3GB以上(64bitの場合:8GB以上推奨、32bitの場合:4GB以上推奨)
HDD空容量:2GB以上の空き容量

新製品ニュース

Mixed Reality(MR:複合現実)システムの最新版『GyroEye 2019.2』リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会