建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築・土木 3Dモデル 総合コミュニケーションツール BIM/CIM Ark Series
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築・土木 3Dモデル 総合コミュニケーションツール BIM/CIM Ark Series

株式会社 コンピュータシステム研究所

3Dモデルの表示・閲覧からBIM/CIMデータの伝達・納品管理までトータルサポート



s1_1.jpg


概要

「BIM/CIM Ark Series」は、既存のCADに依存せず、IFC/DWG/OBJデータなどの連携を取り、3Dモデルのマネジメントやレビューに使用できる、建築・土木の3Dモデル総合コミュニケーションツールである。
属性管理を行える「BIM/CIM Ark」、レビューや納品ツールとして活用できる「BIM/CIM Ark Assist」、3Dモデルの表示や閲覧のできる「BIM/CIM Ark Viewer」の3製品の総称で、ユーザーの目的に合わせて「BIM/CIM Ark Series」を選択することが可能だ。
また、Autodesk Revitのアドインツール(別売)を使用すると、RevitのデータをArk Seriesに変換することもできる。


IFCデータとは
建物の形状や寸法とともに、部材の種類や仕様などの「属性情報」を含んだ「共有プロジェクトモデル」を通じて各種ソフト間をつなぎ、相互運用を可能にする設計や施工の生産性を高めることを目的としてIAI(International Alliance for Interoperability)が策定しているBIMデータの国際基準フォーマットがIFCデータのことである。
そして、BIM/CIM ArkSeriesは2014年度のIFC検定に合格している。


BIM/CIM Ark Viewer
複数のIFC・DWG・OBJデータから統合モデルを作成し、部材ごとに表示/非表示、色、透過率をコントロールできるフリーソフトである。
寸法の確認や任意の位置で3Dモデルの断面表示をすることも可能だ。


BIM/CIM Ark Assist
「BIM/CIM Ark Viewer」の機能に加え、現在のモデル表示を“シーン”として登録、その“シーン”にコメント(朱書き)を追加できる。
また、それらを“EXEパック出力”すると、実行形式のファイル(EXEファイル)が作成され、CADのインストールされていないPCで3Dモデルの表示、そして登録されたシーンやコメントも閲覧することが可能だ。


BIM/CIM Ark
「BIM/CIM Ark Assist」の機能に加え、4Dシミュレーションの作成や、属性情報や属性項目の表示・追加・編集が行え、ExcelやCSV形式で出力することで、2次活用も可能である。
また、新バージョンではマネジメントツールとしての機能が拡張され、点群データをそのまま取り込んで他のデータと統合することや、モデルのないところにピンを配置して情報を入力することができるようになった。


標準価格(税別)
要問い合わせ
(株)コンピュータシステム研究所
Tel.03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/
動作環境:
OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista 64bit
CPU:Intel Core2 Duo以上
メモリ:4GB以上
グラフィック:Direct X9以上
その他:.NET Framework 4

新製品ニュース

データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』の新機能を今秋リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会