建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> オートデスクBIMソリューション
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

オートデスクBIMソリューション

オートデスク株式会社

Autodesk Building Design Suite



s14_1.jpg


概要

建築業界の広範な業務ワークフローにBIMを適用しながら、企画、設計、施工、維持管理を効率的に行えるように支援する包括的なBIMソリューション。
意匠、構造、設備の設計に必要なBIMアプリケーション「Autodesk Revit」、汎用2D/3Dアプリケーション「Autodesk AutoCAD」、意匠設計用に設計された専用機能を使い慣れたAutoCADで使用できる「Autodesk AutoCAD Architecture」、複数のモデルを統合してコラボレーションの改善、施工のシミュレーション、見積の数量化、レ ビューの強化を可能にする「AutodeskNavisworks」、映画品質のビジュアルや動画を作成して設計の意図を伝えることができる「Autodesk 3ds Max」など建設ワークフロー全般をサポートする各種アプリケーションが含まれている。


s14_2.jpg


特長

●BIMソフトウェアとインテリジェントな3Dモデルを利用して、より優れた建物の建設を推進
●統合された解析機能を使用して設計・施工での意思決定を行える
●魅力的なビジュアライゼーションやウォークスルーを使用してアイデアをより効果的に提案できる
●整合性のある、より高品質な設計図書や現況モデルの作成
●プロジェクトの工期を短期化して、設計のコストを削減
●Autodesk Navisworks Manageは、設計および施工の技術者に干渉チェックおよび空間的な調整を行うための高度なツールを提供する、包括的なプロジェクトレビューソリューション


Autodesk Dynamo



s14_3.jpg


プログラミングの方法を知らなくても、モデルの動作をカスタマイズして拡張することができるAutodesk Dynamoは、設計者用のビジュアルなプログラミング環境を提供し、Revitの要素とデータのジオメトリや動作を駆動するロジックを視覚的に作成することができる。

Dynamoはオープンソースとして無償提供されており、ユーザーの手によってさまざまな連携ツールが開発されている。


s14_4.jpg


Autodesk Revit 建築設計、構造設計、設備設計の全てに利用できるBIMソフトウェア



s14_5.jpg


Autodesk Revitは、ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)用に開発されており、建築設計、構造設計、設備設計で利用できることはもとより、施工まで利用できる一貫性のある3Dモデルベースのプラットフォームであり、プロジェクトのコンセプト段階のアイデアを実際の施工(建設)まで結び付けることができる。

Autodesk RevitはBIMソフトウェアとしての3Dモデリング機能、作図機能の他に3Dスキャナーの点群データの表示編集、各社BIM対応ソフトウェアとの連携、Subscription契約者向けのさまざまなクラウドサービスなど、設計効率の向上やデータ連携を容易にする各種ソリューションが用意されている。


点群データの表示と編集

ReCapリアリティ キャプチャ ソフトウェアの編集ツールと選択ツールを使用して、スキャンされた点群データのクリーンアップ、編成、視覚化を行うことができる。
Autodesk Revitで、3Dスキャナーで取得した現況のインテリジェントな3Dデータを使用すると、より正確で迅速な改修のワークフローを作成することができる。
Autodesk Building Design Suiteに同梱されたAutodesk Navisworksを使用して、現況のスキャンデータを設計データと比較して施工を検証することもできる。


s14_6.jpg


IFC認定

Autodesk Revit は、Industry Foundation Classes(IFC)規格の2x3 Coordination Viewインポートおよびエクスポートについて、buildingSMART Internationalに認定されているので、各種BIMソリューションとの連携が可能だ。
標準に準拠する任意の設計プログラムにIFCファイルを読み込むことにより、建築業界、エンジニアリング業界、建設業界全体にわたる大規模な相互運用性がサポートされる。


s14_7.jpg


各種BIM対応ソフトウェアとのダイレクト連携

Autodesk Revitは、IFCでの連携だけでなく、日本の建築設計に不可欠な各種ソフトウェアとダイレクトにも連携することで、より効率的で高速なデータ連携も実現している。

主な連携例:日積サーベイ「HELIOS」、ユニオンシステム「SS3(SS3 Link)」、NTTファシリティーズ総研「SEIN ST-CNV for Autodesk Revit」、NYKシステムズ「レブロリンク」、イズミシステム設計「STABRO負荷計算for Revit」


説得力あるレンダリング

Rendering in Autodesk A360を使ってクラウド上の高パフォーマンスなコンピューティングパワーを使ってレンダリングすれば、時間とコストをかけることなく、説得力のあるフォトリアリスティックなビジュアライゼーションやパノラマを作成することができる。
デスクトップ環境に縛られることもなければ、専用のレンダリング ハードウェアを購入する必要もない。


s14_8.jpg


詳細なエネルギー解析

Energy Analysis for Autodesk Revitを使用すると、設計の早い段階でエネルギー消費量とライフサイクル コストを把握できる。


s14_9.jpg


効率の最適化

WEBベースのエネルギー解析ソフトウェアであるAutodesk Green Building Studioを使用すると、設計プロセスの早い段階で建物全体の解析を行ったり、エネルギー効率を最適化したり、カーボンニュートラルの実現に取り組むことができる。


s14_10.jpg


さまざまな照明解析

高速で正確な自動LEED昼光解析、電気照明解析、太陽光照明解析を、Revitのデザイン環境内で直接実行することができる。
Lighting Analysis for Revit(英語)により、電気照明と太陽光照明の結果をRevitモデル上で直接かつ迅速に反映させることができ結果は、一般的に使用されるシミュレーションツールであるRadianceに対して検証され、キャンバス内に素早く表示される。


s14_11.jpg


強力な構造解析

Structural Analysis for Autodesk Revitを使用すると、より多くの設計案を検討したり、着工前に性能を予測できる。


s14_12.jpg


標準価格(税別)
永久ライセンス:1,045,000円
期間ライセンス:
3カ月 157,000円/1年 418,000円
2年 836,000円/3年 1,254,000円
オートデスク(株)
http://www.autodesk.co.jp
動作環境:
要問い合わせ

新製品ニュース

Mixed Reality(MR:複合現実)システムの最新版『GyroEye 2019.2』リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会