建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建設CAD版「3D都市モデルデータ」
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建設CAD版「3D都市モデルデータ」

GSA株式会社 株式会社 ゼンリン

詳細地図情報と専用車両で計測したデータにより現実の街を忠実に3Dモデル化



s35_1.jpg
建設CAD版「3D都市モデルデータ」(上段:品川周辺、下段左:横浜周辺、下段右:東京駅周辺)


開発背景

建設業界ではBIM/CIMの普及により3D化が進んできているが、計画モデル以外に近隣建物や近隣構造物の図面がなく3Dモデル化するために工数やコストがかさむなどの問題点が指摘されている。
一方で、計画モデルや近隣地形、近隣構造物等を3Dモデル化すると、大容量となりCADやモデラーではPCが動かなくなる恐れもある。
建設CAD版「3D都市モデルデータ」は、これらの課題を解決し、なおかつBIM/CIM等の使用ツールに合わせたデータ形式で提供するものである。


概要

ゼンリンが独自のフォーマットで整備してきたカーナビゲーション向け3D地図データをFBX形式に変換し、ゲームや建設・都市開発のシミュレーション向けの3D都市モデルデータとして提供を開始したもの。
専用の3次元計測車両で収集したリアルなテクスチャ付オブジェクトが用意されており、FBX形式を利用可能な各種シミュレーションソフトウェアなら、誰でも簡単に空間内へ配置することができる。
また、実際の街を再現しているため、時間帯や季節による日照方向の移り変わりを精密にシミュレーションすることも可能。
3Dモデルで見える化したイメージを共有することで、関係者間における合意形成がスムーズとなる。


地理情報3D化の手間とコストを一気に解決

地形標高データや航空写真を利用して手作業で3Dモデルを制作することによる作業時間、人件費、データ費用などを大幅に削減する。


3Dイメージの共有により合意形成迅速化

調査・計画・設計段階から現実に沿った3Dデータを利用することで、初期から一貫して関係者間でのイメージ共有を図り、合意形成がスムーズとなる。


s35_2.jpg
リアル交差点情報(交差点を中心に半径 約50mを車両計測で取得した情報をもとに作成)


流体シミュレーションも可能

高架下など入り組んだ場所における風速分布や、建物の高さ・面ごとの日射積算量分布など、平面では表現できない解析結果の可視化ができるため、建物内部設計や省エネ対策など幅広い分野に活用できる。


s35_3.jpg
「3D都市モデルデータ」上にBIMモデルを配置した熱流体シミュレーション
(画像:株式会社 環境GIS研究所「AirFlow Analyst」)


アトラクションから危機管理まで

ヘッドマウントディスプレイを活用したVRコンテンツとの親和性が高く、イベント向けアトラクションから危機管理まで活用できる。


国内主要都市のデータを提供

東京23区・大阪市全域および政令指定都市中心部の国内21都市、欧州・北米56都市の3D都市モデルデータを提供可能。


s35_4.jpg
東京23区・大阪市全域および政令指定都市中心部の全21都市、海外56都市


専用計測車両 タイガーアイ

3次元化に必要な情報を収集するために、各種センサーや全方位カメラなどの機器を搭載した専用車両(タイガー・アイ)を開発し、建物情報(形状や質感等)や道路情報(交通標識や路面ペイント等)、またそれぞれの距離や位置情報を走行撮影により収集している。
国内は、年間を通じて各地を走行し、年1回データを整備更新。
航空写真や衛星写真では収集不可能なビルの陰や高架下などの情報なども、ドライバーや歩行者の視点で、収集・計測している。


s35_5.jpg
各種センサーや全方位カメラなどの機器を搭載した専用車両「タイガー・アイ」


3Dの再現性(リアルモデル×ライトモデル)

タイガーアイにて収集した景観・建物の画像情報、建物の形状情報より制作したリアルモデルとゼンリンのゼンリンの2次元地図情報(家形枠や建物階数情報等)を使ってソフトウェア処理中心に作られた疑似モデル(ライトモデル)を組み合わせることで、広域なデータの提供が可能。


汎用3DモデルFBX形式で提供

FBX形式は、Autodesk社が提供するプラットフォームに依存しない3Dフォーマットのため、複数のソフトウェアによる制作環境においても簡単にデータのやり取りが可能になり、3Dコンテンツ制作の効率化を図ることができる。
FBX形式の他にも、ユーザーの使用環境に応じた形式に変換することも可能(obj/skp/3ds/stl 他)。


データ提供方法

●建設CADに応じたフォーマット形式(※)
●複数パーセルの統合
●BIM/CIMモデル作成および統合
●「3D都市モデルデータ」の加工
●3Dプリンター用フォーマット形式
●解析用モデルフォーマット形式
※一部、対応できないフォーマット形式もあるため、事前に要問い合わせ
※座標系の設定(設定可能なフォーマット形式のみ対応)



標準価格(税別)
要問い合わせ
〈販売・問い合わせ先〉GSA(株)
TEL.03-5363-0650
http://gsa-network.com/
〈製作元〉(株)ゼンリン
TEL.03-5295-9115
http://www.zenrin.co.jp/
動作環境:
要問い合わせ

新製品ニュース

Mixed Reality(MR:複合現実)システムの最新版『GyroEye 2019.2』リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会