建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 木造一貫構造計算ソフト ASTIM
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

木造一貫構造計算ソフト ASTIM

株式会社アークデータ研究所

他ソフト併用で混構造にも対応したグリットフリーの木造一貫計算ソフト

 
 

概 要

 
中大規模木造では建物をモデル化して応力解析を行い、その応力で断面算定する46条2項ルート(以下、2項ルート)の構造計算が必要となる。
 
本ソフトでは2項ルートで中大規模木造から住宅までを扱えるように壁倍率の扱いが(財)日本住宅木造技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」の主旨に沿っている。
 
立体フレームオプションでは、保有水平耐力計算も可能である。
 

■ 建物形状

 
建物形状の入力方法は、平面がグリッドに制約されない軸によるものであり、中間層や斜面概念も導入しているため、自由形状を得意とし、適格かつ迅速にドーム、シェル型等の特殊屋根形状にも対応することができる。
 
斜面においてはメッシュデータを一枚の斜面として読み込み、編集することが可能で、メッシュと軸-軸の高さの定義に使用することができる。メッシュデータは完全任意点で表現されているため、他ソフトとの連携も容易に可能であるが、Aspaceプラグインソフト3D斜面編集ツール「Aslope」を利用することでさらに自由な建物形成が可能となる。
 
大抵の場合、入力しづらい勾配、屋根は特殊荷重や付加荷重といった外力を付加することが多いが、応力分布が変わるため、立体解析には形状の緻密な設定が要求されることだろう。ASTIMは高度な要求にも容易に対応できる。
 
 

■ モデル化と計算

 
壁フレームオプションでは耐力壁の取り付かない柱は両端ピンのトラス材にモデル化する。
 
耐力壁が取り付く場合は壁エレメントのフランジ部分としてモデル化し独立の解析要素としては扱わないが、断面検定では取り付く壁エレメントの応力から部材応力を集計し、その応力に対して検定する。複合柱(図-2)を考えれば、門型ラーメン(図-3)を形成することが可能であり、実情に即する形で応力が下層に伝達される。ハーフラーメン架構では引き抜き力の低減が図れる(図-4)。
 


■ 混構造

 
近年、水災害等の対策やリフォームでRC造と木造、RC造と壁式構造など混構造の物件が今後増えていくと予想される。
 
Aspaceシリーズのソフトは階別に構造種別を選択できることにより混構造の物件に対応できる。同社ソフト一貫構造計算プログラム「ASCAL」を購入することで木造だけでなくRCやSとの混構造の計算を行う際、一つのソフトで解くことができるので他のソフトにデータを入力する必要がなく、入力のストレスを減らすことができる。
 
なお、一貫構造計算プログラム「ASCAL」は大臣認定プログラムを取得しており、その計算部分はASTIMにも継承されていることから信頼性の高いソフトとして利用できる。
 
 
 

標準価格(税別)

 
300,000円〜
 

年間利用料(税別)

 
36,000円
 

株式会社アークデータ研究所
Tel.03-5901-9450
http://www.archdata.co.jp
メール:aspace@archdata.co.jp
 
動作環境
OS      Windows 10/8.1/7
CPU      intelPentium4 2.8GHz同等以上
メモリ     256MB以上 VRAM64MB以上
HDD空容量  100MB以上
 
 
 


新製品ニュース

BIM対応の新製品「構造モデラー+Revit Op.」発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会