建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> ARCHICAD 19/ARCHICAD 19 Solo
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

ARCHICAD 19/ARCHICAD 19 Solo

グラフィソフトジャパン株式会社

かつてない速さを実現



s15_1.jpg


進化したBIMパフォーマンス

ARCHICAD 19では、使用していないコンピュータの処理能力を活用して、ユーザーが次に行う操作を予測し、バックグランドで準備する。
これにより、全体的なレスポンスが向上し、プロジェクトの種類や規模に関係なく機敏な動作が可能となり、3Dビューを開くための時間などは約70%短縮される。
またOpenGLを最適化することにより、非常に大きなモデルであっても、滑らかでかつ超高速なナビゲーションを実現する。


点群データのサポート

最新の3Dスキャナレーザー測量技術を使用し、より早く正確な建物調査をできる点群データをサポート。
この測量ワークフローによって、測量時間を劇的に短縮でき、手動の作業によるエラーを削減する。
またリノベーション前に既存の建物のモデル化、新規の建物を作成する前に周辺環境のモデル化、計画からの逸脱を検出するためのアズビルド化など、さまざまな効果を実現する。


s15_2.jpg
点群データのサポート



Rhinoceros®-ARCHICADコネクション

Rhinoceros®-ARCHICADコネクションは、RhinoモデルをARCHICADジオメトリに連携する。
またRhinoベースのモデルは、ARCHICADのGDLオブジェクトに変換され、サイズが大きく複雑なモデルにおいては、LCFオプションにより、RhinoおよびARCHICADで作成されたモデルパーツの同期が可能になり、インポートされたRhinoモデルを容易にアップデートすることが可能となる。


s15_3.jpg
Rhinoceros®-ARCHICAD コネクション



BIMコラボレーションワークフロー

●チームワーク2.0
ARCHICAD 13よりGRAPHISOFT BIM Server™が導入され、モデルをベースとしたチームコラボレーションを可能とした。
業界初のDELTA-server™テクノロジーにより、ネットワーク通信量が最小限に抑えられ、オフィス内やインターネット上に即座に安定したデータ送信が可能となる。

●BIMcloud®
GRAPHISOFT®のBIMcloud®ソリューションは、チームワークのBIMサーバーにさらなる拡張性と柔軟性を統合。
最も厳格なエンタープライズレベルのワークフローとセキュリティ要件に適合し、日常業務においてコラボレーションが重要な全ての企業にとって、最適なソリューションを提供する。


s15_4.jpg



標準価格(税別)
ARCHICAD 19 720,000円
ARCHICAD 19 SOLO 295,000円
グラフィソフトジャパン(株)
Tel.03-5545-3800
http://www.graphisoft.co.jp
動作環境:
OS:Windows 8および8.1/7(64bit)、Macintosh OS X 10.9 Mavericks/10.10 Yosemite
※Mac OS Xでは、大文字小文字を区別しないフォーマットのみ対応
CPU:2コア以上の64-bitプロセッサ必須。※4-8コアの利用を推奨
メモリ:4GB RAM 必須、8GB以上推奨
HDD空容量:10GBの空き容量必須
ビデオカード:Archicad Wikiを参照

新製品ニュース

データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』の新機能を今秋リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会