建設ITガイド

注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

F6 SMART

株式会社富士テクニカルリサーチ

3Dハンドヘルド3Dスキャナー

 
       
F6 SMART:簡単操作でスピーディに広い現場を可視化。     F6 SR:ハンドリングはそのままにスピーディに詳
                              細形状を可視化。



       
F6 SMARTの計測事例:橋梁等の現場計測が可能。        F6 SRの計測事例:バルブ等の詳細形状を計測。

概 要

 
「F6 SMART」は、ハンドヘルド型の3Dスキャナー。計測距離が長く、計測範囲が広いため計測時間も早く、手軽で使い勝手の良い、現場の3Dデジタル化に最適なツールである。マーカーレス・リアルタイム合成を標準で装備しているため、現場ですぐに結果を確認できる。また、スキャンアシストモードを搭載しているため、合成が成功しているかを確認しながらの計測も可能。
 

■ 特長

 
 1. 広範囲計測:0.5〜4.0m
 2. 高速計測:最大64万点/秒
 3. リアルタイム3D合成標準装備
 4. 優れたコストパフォーマンス
 

■ 豊富な機能群

 
3D点群を取得するだけでなく、得られた点群からメッシュを作成し、同時に計測しているデジタルカメラデータをテクスチャマッピングすることで、リアルな現場を再現できる。
 

■ ショートレンジタイプ

 
計測速度はそのままに高精度タイプの「F6 Short Range」をリリース。計測レンジが短い文形状の細かい対象物を高速に計測可能。
 

■ 活用事例

 
「F6 SMART」の活用事例を2つ紹介する。
 
1つ目は、ハンドメジャーやスケッチ等で行っていた現場の管理である。従来では写真やスケッチで現場を保存し、ハンドメジャーで寸法を測っていた。それらの作業を「F6 SMART」で計測し、計測データ上で寸法の計測を行うことで、写真の撮り忘れや寸法の測定漏れ等を防ぐことが可能である。
 
2つ目は、地上型3Dレーザースキャナーとの併用である。広範囲は地上型3Dレーザースキャナー、三脚を立てるのが難しい狭隘部や足場の不安定な場所を「F6 SMART」で計測する。その後、点群処理ソフト上で合成することで抜けのないデータを作成することができる。
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社富士テクニカルリサーチ
Tel.045-650-6650
http://www.ftr.co.jp
 
動作環境
OS      Windows 10/8.1(64bit)
CPU      Core i7以上推奨
メモリ     8GB以上
HDD空容量  16GB以上推奨
 
 


新製品ニュース

BIM対応の新製品「構造モデラー+Revit Op.」発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会