建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 蔵衛門(くらえもん)DX
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

蔵衛門(くらえもん)DX

株式会社ルクレ

現場が「見える」クラウド型施工管理システム

蔵衛門(くらえもん)DX
蔵衛門(くらえもん)DX


概 要

 
「蔵衛門DX」は、工事写真の共有を中心とした施工管理システム。
写真・図面・電子小黒板をクラウドで一元管理でき、最新の施工状況をリアルタイムで共有できる。
クラウド上の写真を使った、報告書・帳票の作成も可能。分業化に大きく貢献する。
 
さらに、写真や電子小黒板の送信ができる現場チャット機能を搭載。
現場のニーズに即したコミュニケーションツールで、工事が加速する。
 
クラウド共有だけでなく、帳票の簡単な作成、そして現場とのやり取りまで。
「蔵衛門DX」は、施工管理に関するトータルソリューションである。

 
 

■ 写真のリアルタイム共有でDXを実現

 
工事現場において、写真はさまざまな用途で使われている。
是正内容の指示や確認、KY活動の報告、施工内容の記録など。
そのため写真を見れば、施工状況が分かる。
 
「蔵衛門DX」は工事メンバーが撮った全ての写真をリアルタイムに集約。
本社や事務所からも容易に現場が「見える」ため、移動時間や共有の手間を削減できる。
 
さらに「蔵衛門DX」なら、写真は撮影と同時にクラウドに自動保存。
撮影だけでデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現でき、誰でも簡単に始められる。

写真のリアルタイム共有でDXを実現



 

■ 報告書・帳票が作成できる

 
「蔵衛門DX」でクラウド保存された電子小黒板付き写真は、事務所スタッフにもリアルタイム共有。
撮影者本人が事務所に戻る必要がなく、分業が容易に。
また蔵衛門の特長である、黒板内容の自動転記によるスムーズな台帳作成は健在。
今後は工事写真台帳以外の報告書・帳票にも対応予定とのことだ(2021年12月時点)。

 
 

■ コミュニケーションを円滑化

 
「蔵衛門DX」では写真や図面の保存・共有、報告書の作成だけでなく、現場とのやり取りも可能。
中でも「ビデオトーク」は、作業動作や現場状況を静止画以上に的確に伝えられる。
やりとりの正確さが大幅に向上し、時短にも貢献する。

 
 

主な機能

 

■ 工事写真機能

 
「蔵衛門DX」を搭載した端末では、電子小黒板付きの写真を撮影可能。
 
撮った写真はその場でクラウドに自動保存。
工事ごとに一元管理。
さらに「工種」や「場所」「撮影者」で自動仕分けされるから、複数人での撮影分担も容易。
 
また「蔵衛門DX」は、画像処理プログラムを改善。
数万枚の写真でも、クラウド上の写真とは思えないほど高速でストレスフリーに表示できる。

電子小黒板付き写真が撮れる
電子小黒板付き写真が撮れる



 

■ 電子小黒板機能

 
電子小黒板はメンバー同士で共有されるため、複数人で撮影を分担可能。
業務効率化を実現できる。
また撮影進捗の確認や撮り忘れの防止にも貢献する。
 
さらに「蔵衛門DX」の電子小黒板は、国土交通省認可の「J-COMSIA(一般社団法人施工管理ソフトウェア産業協会)」の最新規格に適合。
「改ざん検知機能」を備え、公共工事にも安心して使える。

工種や場所で仕分けられた黒板一覧
工種や場所で仕分けられた黒板一覧


■ 図面機能

 
「蔵衛門DX」では、工事図面のクラウド保存・共有が可能。
これにより工事メンバー全員が常に最新の図面で作業でき、施工や撮影の無駄な手戻りがない。
 
また図面に手描き線や矩形線、テキスト文字を書き込んで、野帳感覚で利用可能。
注意点や変更点がより明確になり、工事メンバー間の情報共有にも生かせる。

図面には書き込みも可能
図面には書き込みも可能



 

■ 現場チャット機能

 
工事メンバーとの定期的あるいは急な連絡や報告に「トーク」を利用できる。

やり取りは一つの工事で一つのトークルームに集約。最新かつ正確な情報が集まり、言った言わないの問題は発生しない。

また「蔵衛門DX」の「トーク」では、確認してほしい写真・黒板・図面を一覧から指定して送信可能。
文字と視覚情報で、連絡趣旨を素早く確実に伝えられる。

写真や黒板も送れるトーク機能
写真や黒板も送れるトーク機能



 

導入方法

 

■ アカウント作成で利用可能

 
「蔵衛門DX」は、メールアドレスで登録可能なクラウド型施工管理システム。
撮影や確認は専用タブレットかiPadから可能。
閲覧だけであれば、PCからも可能。

 
 

■ 選べる2つの工事専用タブレット

 
工事専用そして「蔵衛門DX」専用のタブレットはセッティング不要で、私的利用も不可能。
誰でも安心して使える。
 
スタンダードモデルの「蔵衛門PadDX」は、写真や図面を確認しやすい10インチの大画面が最大の特長。
工事メンバーのコミュニケーションを視覚的に支援する。
 
「蔵衛門PadToughDX」は防水防塵、耐落下性能を極限まで追求した特別生産モデル。
どんな過酷な現場でも最新の施工状況を確認できる。

耐衝撃性能を備えた10インチの標準モデル 「蔵衛門Pad DX」
耐衝撃性能を備えた10インチの標準モデル「蔵衛門Pad DX」
高耐熱性能を備えた8インチの特別モデル 「蔵衛門PadTough DX」
高耐熱性能を備えた8インチの特別モデル 「蔵衛門PadTough DX」



 

■ 専用アプリでiPadでも使える

 
専用アプリをダウンロードすれば、iPadでも「蔵衛門DX」が使える。
「すでにiPadを全社導入している」「ほかのアプリも併用したい」といった場合は、こちらが便利。
なお一部機能は無料で提供される。

 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社ルクレ
Tel.03-4500-6702
https://www.kuraemon.com/
 
動作環境
OS      iPadOS 13 以降 Windows 10/11
ブラウザ    Microsoft Edge / Google Chrome
 
 



新製品ニュース

メタバース用3D建築データ出力機能を開発メタバース用3D建築データ出力機能を開発


建設ITガイド 電子書籍 2022版
建設ITガイド2022のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会