建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> SiteBox 配筋検査
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

SiteBox 配筋検査

株式会社建設システム

配筋検査に特化した機能で、業務を圧倒的に効率化

 


概 要

 
「SiteBox配筋検査」は、工事写真のレイヤー化に対応したアプリケーション。撮影した写真上への電子小黒板の配置や、仮想のマーカーを設置する「電子マーカー」などの注釈を、スマホ上で各レイヤーに分けて設定し、一つのSVG形式のファイルとして保存できる。
 
これにより、従来の配筋検査における工事写真撮影で必須であった、黒板への設計情報の記入や、鉄筋種別ごとの物理的マーカーの設置・回収作業が不要になり、業務効率の向上に貢献。
 
さらに、「出来形管理システム[配筋検査]」を活用することで、配筋検査の設計情報の準備の効率化、出来形管理図の自動作成にも対応し、配筋検査全体の作業効率が飛躍的にアップ。
 


■ 配筋図を読み込み、配筋検査の事前準備を効率化

 
「出来形管理システム[配筋検査]」にて、鉄筋質量表から「鉄筋番号」「径」「本数」を自動取り込みが可能。取り込んだ情報から、電子小黒板用の検査表を作成できる。
 
 

■ 配筋検査用の小黒板を自動生成

 
事前に登録した設計情報と、現場で入力した実測値から、配筋検査専用の小黒板を自動生成し、黒板の作成時間を短縮できる。黒板は、さまざまな表示形式に対応可能。
 


■「電子マーカー」機能で、従来のマーカー設置・回収が不要

 
撮影した写真上に、仮想のマーカーを配置可能。豊富な描画コマンドで、線・寸法線・円・テキストなどを画面上に描画。また、連続マーカー機能を利用することで、1つ目の間隔を指定するだけで、アプリが配置間隔を計算して自動配置を行う。
 


■ 出来形帳票として出力

 
現場で「SiteBox配筋検査」に入力した実測値のデータを「KSデータバンク」(クラウドサービス)へ同期し、事務所に戻って「出来形管理システム[配筋検査]」へデータをダウンロードすることで、出来形帳票として出力することができる。
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社建設システム
Tel.0570-200-787
https://www.kentem.jp
 
動作環境
同社HPを参照。
 
 



新製品ニュース

蔵衛門から専用のライブシェアカメラ『蔵衛門Pix』発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会