建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 遠隔臨場 SiteLive
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

遠隔臨場 SiteLive

株式会社建設システム

「建設現場の遠隔臨場」に特化した、撮影・配信システム

 


概 要

 
「遠隔臨場 SiteLive」は、建設現場の遠隔臨場に特化した撮影・配信システム。これまで監督職員が現地にて立ち会いのもと行っていた臨場確認に代わり、映像データを用いて発注者の事務所と現場をリアルタイムに接続し、発注者が承認・確認することができる。
 
さらに、遠隔臨場の対象である「材料確認」「段階確認」「確認・立会」の各検査項目が管理できるので、受注者・発注者双方の確認・管理が容易。
 
これにより、受注者側の立ち会い調整時間の削減、発注者の移動時間削減などを実現し、双方の生産性が飛躍的にアップする。
 


■ 遠隔臨場に特化した設計で、確認・管理が容易

 
遠隔臨場の対象検査である「材料確認」「段階確認」「確認・立会」の各検査項目が管理でき、国土交通省の遠隔臨場の試行要領(案)に沿った検査の予約ができる。予約時に登録した内容は、発注者にメールで送られるので、確認・管理が容易。
 


■ 電子小黒板を確認しながら検査が可能

 
「SiteBox」(電子小黒板アプリ)と連携し、電子小黒板を転送することで、発注者側の配信先画面に表示される。発注者は電子小黒板を確認しながら、検査を行うことが可能。現場では、黒板の配置やチョークの書き消しが不要なため、作業の省力化につながる。
 
 

■ 検査した録画データをクラウドで自動保存

 
検査映像は、クラウドで自動的に録画し、「KSデータバンク」(クラウドサービス)に自動保存。必要に応じて、録画データを発注者に公開することが可能。
 


■ 書類作成を効率化

 
「遠隔臨場 SiteLive」で登録した検査結果を、「工事情報共有システム」と連携して発議書類に反映することができる。2020年11月時点では、国土交通省と秋田県の工事のみ対応。他社情報共有システムの連携は、順次対応を予定。
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社建設システム
Tel.0570-200-787
https://www.kentem.jp
 
動作環境
同社HPを参照。
 
 



新製品ニュース

蔵衛門から専用のライブシェアカメラ『蔵衛門Pix』発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会