建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築みつも郎12 見積力をアップするための解説本付き
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築みつも郎12 見積力をアップするための解説本付き

コベック(株)

正確でスピーディーに見積書を作成できる積算見積ソフトの決定版

 
 

概要

 
「建築みつも郎12 」は、優れた操作性と実務に役立つ多彩な機能で、正確でスピーディーに書類作成ができる積算見積作成ソフト。建築見積りには欠かせない階層化の概念を、最大6段階層まで実現しているほか、最大6万行の明細編集や総額9,999億円まで対応できるなど、小規模工事から総合建築まで、受注工事の規模を選ばない見積書の作成が可能である。
 
 

多彩な編集機能で書類作成をスピーディーに

 
最大6段階層まで入力できる明細は、ワンタッチで階層間の移動ができるほか、入力した明細をツリー形式の階層構造で確認できるため、明細全体を見渡しながら編集することが可能。階層ごとに必要な名称を簡単に拾い出せる自動分類マスタや、設備工事などでよく使う定型の工事明細を一括挿入できるテンプレート機能の活用で、煩雑な明細入力も手早く行える。また商談中の見積りで金額変更が必要となった場合でも、金額調整機能を活用することで、最終決定金額にあわせて見積り全体の金額を一括調整することが可能。他にも、過去の見積りやひな型データを活用し、指定した名称の単価を一括変更できる単価置換機能を活用することで、データ資産を有効活用しながらよりスピーディーに書類が作成できる。
 
 

アピール力のある書類提出で成約へつなげる

 
約160種類の標準書式に加え、0.1mm単位の印刷位置指定や微細なピッチ指定が可能な自由レイアウト機能を活用して、ロゴの貼付や自社専用用紙への印刷など、表現力豊かなオリジナル書式が作成可能。またドラッグ&ドロップだけの簡単な操作で、見積書に重要書類としてのさらなる信頼感をプラスできる押印機能も搭載し、作成した書類は、印刷だけでなく、PDFファイルとしても出力可能。さまざまなビジネスシーンで活用できる書類出力と、施主へ効果的に印象づけるオリジナリティーのある書類提出で、成約率アップにつながる。
 
 

データ資産を有効活用

 
作成した見積りデータは、Excelやテキストなど、さまざまなデータ形式で出力が可能なため、取引先へのデータ配布だけでなく、年度や担当者別の実績確認など、社内の資料作成にも威力を発揮。また、複数PCのデータを一元管理できるLANパックも用意。さらにテキスト出力したデータは、確実なコスト管理によって利益確保を実現する、別売の工事台帳管理システム「建設原価ビルダー3(本体価格120,000円+消費税)」の実行予算データとして利用可能。再入力による手間やミスを軽減し、データ資産の有効活用が可能である。
 
 
 

標準価格(税別)

 
80,000円
 
コベック(株)
Tel.078-521-7575
http://www.kobec.co.jp/
 
動作環境
OS
日本語Microsoft Windows 10/8.1/8/7
CPU
1GHz以上推奨
メモリ
1GB以上推奨
HDD空容量
200MB以上(サンプルマスタをインストールする場合には200MB、Microsoft .NETFramework4のインストールには2GB(64bit)もしくは850MB(32bit)の空き容量が別途必要。またデータ領域、作業領域は別途必要)
 
 


新製品ニュース

エムティシーと川田テクノシステムが道路設計分野で業務提携


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会