建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> デジタル野帳アプリ eYACHO for Business
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

デジタル野帳アプリ eYACHO for Business

株式会社MetaMoJi

紙の野帳のデジタル化により、建設現場の業務効率化を強力に支援

 

 
 

概要

 
デジタル野帳「eYACHO for Business(以下eYACHO)」は、これまでIT化が難しかった建設現場向けに株式会社大林組と共同開発されたアプリである。現場で必要な機能を多数搭載、TODO管理・帳票作成・打合せ記録・情報共有など、eYACHO上で全てを集約して行うことができる。従来の紙の「野帳」をデジタル化することにより、「i-Construction」時代の現場のワークスタイルを改革し、業務効率化を実現、生産性の向上に貢献する。
 
 

紙の野帳のデジタル化

 
・手書き、写真、音声活用による記録性の向上
eYACHOの入ったタブレット端末があれば、従来のように紙の図面やデジカメ、黒板などの持ち運びが不要となり、人的労力やコストを大幅に削減できる。紙の野帳と同様、手書きのメモやイラストなどを書き込めるので、図面のPDFや現場で撮った写真を取り込んで直接指示を書くなど、デジタルの特性を生かして記録することができる。日本語手書き入力アプリ「建設mazec」と組み合わせることにより、建設用語をより効率的に入力することも可能である。
 

写真やPDFの上にも自由に手書きが可能


 
・確実な記録と効率的な振り返りを支援
音声とメモや写真がリンクする録音機能を搭載しており、編集した時点の音声から頭出し再生をすることができる。必要な情報をピンポイントで取り出せる。手書きメモと音声を組み合わせることで、議事録作成の効率化も支援する。
 

打ち合わせ時のメモから頭出し再生が可能


 
・デジタル化による整理、検索性の向上
メモや写真、ページやノートにタグを付けて分類・整理することができる。テキスト検索のほか、条件を指定してタグ検索を行うことにより、必要な情報を簡単に抽出できる。
 
TODOには期限や優先順位が設定可能で、作業計画や進捗管理を支援する。また、未完了のTODOをリストアップすることにより、業務のやり忘れや二度手間も防止する。
 

紙にはないTODO管理で検索も可能


 

現場での帳票作成、業務遂行環境の構築

 
・紙の帳票を見た目そのまま現場で作成
帳票作成を支援する多彩なフォーム部品を搭載。帳票のPDFを取り込み、テキストフィールドや数値フィールド、チェックボックスなどの部品を配置するだけで、見た目は紙と同等の帳票を作成できる環境を提供している。
 
さらに、現場ごとに異なる帳票の運用にも対応可能な柔軟性も装備している。是正指示なども現場で完了できるため、事務所での持ち帰り業務を大幅に削減することが可能となる。
 

フォーム部品を貼り付けるだけで帳票が完成


 

是正指示も現場で完了


 
・表計算で報告書の作成を支援
自動計算可能な表計算機能をベースとした「出面表」や自由に手書きできる帳票をベースとした「現場巡視記録」などを標準搭載。あらかじめテンプレート化しておいて、現場で数値を入力するだけで報告書が完成する。
 

表計算をベースとしたフォームも作成可能


 
・土木現場の測量計算を支援
基本的な測量計算を簡単に行うための各種測量計算テンプレートを多数搭載。測量結果の数値を入力するだけで、トラバース測量や水準測量の自動計算が行える。計算ミスを防止し、業務効率化を支援する。
 

各種測量計算テンプレートを搭載


 
・IT初心者にもやさしい直感的な操作性
業務遂行に必要な機能やアイテム・テンプレートなどをまとめて登録できるツールボックスを搭載。画面右側のツールボックスから、タップするだけで簡単に呼び出すことができる。ツールボックスをチームで共有することにより、IT初心者でも迷わず操作することができる。目的や用途に合わせて複数作成しておき、業務ごとに切り替えて使うことも可能。
 

業務シーンごとに切り替えて使えるツールボックス


 

ノートやツールボックスをチームで共有


 

離れた場所での簡単確実な意志疎通

 
・現場共有情報の同時書き込み/リアルタイム共有
ネットワーク環境下において、離れた場所からでも複数人が同時に書き込んで情報を共有できるシェア機能を搭載。事務所と現場などの情報連携の強化と意志疎通の向上を支援する。現場の搬入状況などをリアルタイムに報告することで、事務所の所長が迅速で的確な作業指示を出したり、円滑な作業計画を立てたりすることが可能になる。また、協力会社とも直接現場で情報を共有しながら打合せをするなど、「シェア機能」は幅広いシーンでの活用が期待される。 
 

シェア機能で事務所と現場間の情報連携を強化


 

データ連係

 
・RICOH THETAに対応
全天球画像を表示するパノラマユニットを搭載。 方位や視野範囲を指定してノートにスナップショットを貼り付けることが可能で、現場の状況をより分かりやすく伝えることができる。
 
・CheX連携
CheX等の図面管理アプリとも連携可能。
 
・各種ストレージサービス、WebDAVとも連携
Googleドライブ、iCloud、OneDrive、Dropboxなどの各種ストレージサービスやEvernote、WebDAVなどにも対応しており、データの有効利用を支援する。
 
 

標準価格(税別)

 
初期費用   25万円
年間利用料  1ライセンス当たり2万円(5ユーザーから)
 
(株)MetaMoJi
Tel.03-5114-2912
http://product.metamoji.com/gemba/eyacho/
 
動作環境
OS       iOS 8.0以降/Windows10
推奨環境    iPadシリーズ:Air、Air2、Pro以降
        iPad miniシリーズ:3、4以降
        iPhoneシリーズ:6/6Plus、6s/6sPlus、SE以降



新製品ニュース

VRを活用した安全教育ソリューション『安全体感VRトレーニング建設現場シリーズ』を販売


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会