建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 快測ナビ Std
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

快測ナビ Std

株式会社 建設システム

今までにない、スマートな施工を実現する次世代の革新的施工ツール



s56_1.jpg


概要

「快測ナビ Std」は、土木工事現場の位置出しや観測作業を劇的に効率化し、次世代の高品質な「スマート施工」を実現するAndroidアプリである。
技術者はもちろんのこと、現場作業員までもが操作できる直感性とスムーズなナビゲート機能で、かつてない迅速な作業を実現する。


s56_2.jpg


観測作業の効率が劇的に向上

「快測ナビ Std」は、技術者はもちろんのこと、現場作業員までもが直感的に操作ができるところが特長の一つである。
これにより、現場にいる誰もが計画データの位置出しや出来栄えをリアルタイムに確認することができる。
観測作業の効率が劇的に向上するため、従来の作業とは違うスマートな施工を実現する。


最小限の人員での作業を可能に

「快測ナビ Std」は、測量機と接続することでよりその効果を発揮する。
その中でも相性抜群なのがTOPCON製「LN-100(杭ナビ)」である。
「快測ナビ Std」と「LN-100(杭ナビ)」などのモータードライブ機を合わせて活用することで、現場の位置出しや出来形などの施工段階のチェック作業をワンマンで行うことができる。
つまり、従来は複数名で行っていた作業を最小限の人員で行う「ワンマン施工管理」が可能となる。


リアルタイムなナビゲーション機能(特許出願中)

モバイルアプリならではの特長として、現在位置の横断形状をリアルタイムに生成し、形状とのリアルタイムな設計差を表示できる。
さらに構造物などの横断点の位置出しがどこでも可能。
この革新的な機能(どこでもナビ)により、リアルタイムなナビゲーションが可能となり、現場作業の効率化が実現する。


CAD図面の活用で作業効率向上

「快測ナビ Std」の画面上にCAD図面を配置できるので、測設時または観測時にはCAD図面を確認しながら作業を行うことが可能。
また、測設時はCAD図面上で現在地を確認しながら移動することができる。
さらに測設したい点(端点・交点・中心点・点・線上点・中点)をCAD図面上でタップするだけで座標値が取得できるなど、図面を活用して分かりやすく効率的に作業を行うことができる。


「快測ナビ Std」の製品情報は下記からも閲覧可能。
スマートフォンなどのリーダーを使用し、下の「QRコード」より。

s56_3.jpg


標準価格(税別)
要問い合わせ
(株)建設システム
Tel.0545-23-2600
http://www.kentem.jp/
動作環境:
OS:Android 4.0.3以上
プロセッサー:ARMベースのプロセッサー ※Intel社製は未対応
RAM:2GB以上を推奨
動作保証端末:パナソニック 5インチタフパッド[FZ-X1](OS=Android)
※上記以外の端末での使用は動作保証の対象外
対応測量機器:
■TOPCON製
LN-100, DSシリーズ, PSシリーズ,PS+RC-5(リモートキャッチャー), DS-200i(※),DS-200i+RC-5(リモートキャッチャー)(※)
■SOKKIA製
DXシリーズ, SXシリーズ, SRXシリーズ,SX+RC-PR5(リモートキャッチャー),SRX+RC-PR4(リモートキャッチャー), DX-200i(※),DX-200i+RC-PR5(リモートキャッチャー)(※)
※測量機に搭載されているデジタルカメラの画像情報は、「快測ナビ Std」では使用不可

※最新の動作環境に関しては、同社ホームページで確認のこと

新製品ニュース

データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』の新機能を今秋リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会