建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> アレリオ橋梁点検
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

アレリオ橋梁点検

株式会社エージェンシーソフト

ICTを活用して働き方改革を推し進める自治体向け橋梁直営点検パッケージシステム

 


概 要

 
自治体職員が行う橋梁点検業務(直営点検)をサポートするシステム。
 
①国土交通省へ提出する書類(道路橋記録様式その1、2)の作成
②詳細な点検記録レポート作成(各自治体の様式への対応可)
③橋梁台帳機能(オプション)
 
タブレット端末で記録した変状メモとデジタルカメラで撮影した写真データを基に、点検結果資料がほぼ自動的にExcelファイルにまとまるシステム。点検責任者が健全度判定と所見を記入するだけで報告書作成がほぼ完了する。紙の野帳を元にCADやExcelを利用して手作業でまとめる従来の方法に比べ、内業時間を約75%削減(※独自の試算による)することができる。
 
 

開発経緯

 
道路施工規則に基づく5年に一度の法定点検委託業務で、特に九州エリアにおいて数多くの橋梁点検実績を持つ(株)九州建設サポート(以下、同社)から内業効率化のためシステム開発要望を受け、開発された。
 
同社がシステム開発の監修を行い、これまでの現場経験から多数のアイデアを提供している。その中から実用性の高い機能を実装。操作方法はシンプルで、点検業務を行うあらゆる年齢層を想定しており、誰でも簡単に使えるシステムに仕上がっている。
 

地方自治体における橋梁点検の現状

 
橋梁点検においては、特殊な機材を使わない小型の橋梁は職員が直接点検して状態を把握すれば、技術力が上がるだけでなく、災害時などでも対処もしやすい。さらに委託コストが大幅に削減できる。しかし、実際は人材不足が深刻で、現場での点検作業だけでなく、膨大な時間のかかる資料整理(内業)の時間を作るのは難しい。そのため、中小の自治体においては、思うように直営点検を実施できない現状がある。
 

労働時間とコストのダブル削減

 
上記の課題を解決するために開発されたのが、「アレリオ橋梁点検」である。アレリオ橋梁点検は小さな導入コストで内業の大部分を自動化することができ、職員の労働時間の増大を防ぐことができる。また、直営点検をすでに実施している自治体では、点検業務フローの見直しや帳票作成の自動化により、維持管理業務が合理化されて生産性が高まり労働時間の短縮が可能となる。それに伴い直営点検件数を増やすことで、委託コストの削減にもつながる。
 
また、中長期的な視点でみると、人事異動などで担当者が変わって技術レベルに変動があっても、アレリオ橋梁点検のマニュアル化した操作フローは安定化した点検品質を確保しやすい利点を持っている。
 



現場で記録した点検結果は、タブレットにデジタルデータとして保存されるため、帰庁後の資料整理は、デジタルデータをそのまま利用して行うことができる。変状写真台帳、現地状況写真台帳、変状図などの資料整理は、ほぼ自動化することが可能。従来の方法のようにCADや表計算ソフトを使って、野帳メモと記憶を頼りに資料整理する手間が削減できる。
 
自動化で業務効率が上がれば、健全度判定や所見の記入に注力することができ、職員の技術力の維持・向上にもつながる。
 
アレリオには点検データが蓄積されていくので、5年後の法定点検時にタブレットの画面上で「前回の記録」を確認しながら、「今回の点検」をすることができる。変状の経時的な変化を、簡単かつ正確に把握できる。
 
 
 

年間契約料(税別)

 
300,000円
※システム利用料ほか別途
 
(株)エージェンシーソフト
Tel.03-5283-9705
https://www.agencysoft.co.jp/bridge/ 
メール:bridgetab@agencysoft.jp 
 
 


新製品ニュース

遠隔作業支援・録画シ ステム「アイちゃん」


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会