建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 互換CAD IJCAD
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

互換CAD IJCAD

インテリジャパン株式会社/システムメトリックス株式会社

AutoCADと極めて高い互換性を持った汎用CAD

 
高速レスポンスで、直観的な操作性 使いやすい洗練された ユーザーインターフェース
高速レスポンスで、直観的な操作性
使いやすい洗練されたユーザーインターフェース
 
 

概 要

■AutoCADの互換CADとは?

 
①データフォーマットにDWGを採用
②AutoCADと同様の作図・編集コマンドのサポート
③アプリケーション開発用APIを搭載し、AutoCAD上で開発されたアプリケーションを容易に移植可能
④操作性が似ており、AutoCADユーザーであればすぐに利用できるなどの条件を満たしたCADソフトウエア
 
 

■互換CADはいつ頃から?

 
1990年代後半、AutoCADがマーケットシェアを広げていく中、米国のベンチャー企業が「AutoCADに代わる選択肢」という市場ニーズを捉え開発を始める。
1998年には、Visio社(現マイクロソフト)がIntelliCADというブランドで発売することで一躍有名になる。
その後、IntelliCADのプログラムがオープンソース化されることで世界中に広まった。
現在、IntelliCADをベースにしたものや独自カーネル製のものを含め、20製品以上の互換CADが世界中で開発・販売されている。
国内では5社の製品が販売されている。
 
従来の互換CADでは苦労することが多かった印刷設定も、IJCADは AutoCADと違和感がないため、ストレスなく利用することができる
印刷設定のダイアログ
従来の互換CADでは苦労することが多かった印刷設定も、
IJCADはAutoCADと違和感がないため、ストレスなく利用することができる
 
 

■概要

 
IJCADは、インテリジャパンが開発するAutoCADの互換CADで、2001年に国内初の互換CADとして発売以来、累積107,000ライセンス以上を出荷している。
絶え間ないAutoCADとの互換性の追求と性能改善を行うだけでなく、国内の特殊なニーズに対応するJWWデータの読み書きや、sxfフォーマットもサポートしている。
また、2010年以降は、各業種向けソリューションの製品を投入。
現在、Mechanical、Electrical、Arch、Civilのラインナップを揃えている。
 
 

■主な特長

 
①画面移動・ZOOMUP/DOWN・要素選択などの高速レスポンス
②AutoCADと極めて高い互換性
③リーズナブルな価格
 
 

■人気の機能

 
①PDFデータのCADデータへの変換
②JWW/SXFの読み込み/書き込み
③図面比較
④USB版ライセンス
⑤ネットワーク版で提供されるログ管理機能
 
 

■IJCADのラインナップ

 
IJCAD 2022 LT
IJCAD 2022 STD
IJCAD 2022 PRO
IJCAD Mechanical(機械設計用)
IJCAD Electrical(電気設計用)
IJCAD Arch(建築用)
IJCAD Arch+(建築・設備設計用)
IJCAD Civil(土木設計用)
IJCAD Mobile(iOS/Android対応)
 
●多彩なライセンス方式に対応
・スタンドアロン版
・USB版
・ネットワーク版
 
 

標準価格(税別)

 
75,625円~
 
販売総代理店 システムメトリックス株式会社
Tel.052-219-8831
https://www.ijcad.jp/
 
開発元 インテリジャパン株式会社
 
動作環境
要問い合わせ
 



新製品ニュース

MR用ヘッドマウントディスプレイの広視野角モデル「MREAL X1」を発売


建設ITガイド 電子書籍 2022版
建設ITガイド2022のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会