建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> Twinmotion
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

Twinmotion

株式会社アルファコックス

BIM/CIMソフト連携/ビジュアライゼーションソフト

 

概 要

 
「Twinmotion」は米Epic Games社が提供する3D没入が可能なビジュアライゼーションソフトで、Unreal Engineをベースに開発され、建築・建設・土木をはじめ幅広い分野で使用されている。植栽、人物、自動車など高品質なオブジェクトや600を超える物理ベースレンダリングマテリアルを搭載し、静止画、動画、没入型VRコンテンツを短時間で制作することができる。
 

 

■ BIM/CIMソフトとの連携

 
「Twinmotion」はFBX、SKP、OBJ、C4D、Datasmithをサポート。またRevit、Archicad、SketchUp、Rhinoceros、RIKCADの画面から、直接モデルを取り込むダイレクトリンク機能を備え、各ソフトで生じた修正を簡単に「Twinmotion」へ反映できる。各ソフトのデータ構造のままモデルを取り込むことで、施工ステップを表現したコンテンツの制作が可能。
 

施工ステップの表現を可能にした
フェーズ機能


 

■ コンテンツ制作の効率化

 
「Twinmotion」はアイコンベースのインターフェース、またドラッグ&ドロップやスライダーによる操作により習得が簡単でありCG経験のあまりないユーザーでも使うことができる。編集したモデルをその場でレンダリングできるリアルタイムレンダリングであるため、コンテンツの最終イメージを確認しながら制作が可能。コンテンツの出力は非常に短時間であることから、品質を上げるだけでなく制作全体の作業時間を短縮することができる。「Twinmoiton」ではモデルを取り込んで即座にVRモードに切り替えられるため、設計者が自身の設計したモデルに没入し、実際のスケールでモデルを確認することで、設計作業の効率化も図れる。
 
 
ドラッグ&ドロップやスライダーによる操作
 

■ 環境をシミュレート作の効率化

 
コンテンツごとに時刻や、天候、季節を設定することにより、日照シミュレーションや季節により表現の異なったコンテンツを作成することができる。
 

日照/天候/季節をシミュレート


 

■ ユーザーライブラリの活用

 
ユーザーライブラリに自身の作成したオブジェクトやマテリアルを保存し、別のプロジェクトで再利用することが可能。ユーザーライブラリをネットワーク上の共有フォルダに割り当てれば、社内ユーザー間で共有することもできる。
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社アルファコックス
Tel.03-3485-8196
https://www.alphacox.com
 
動作環境
OS      Windows10(64bit)/macOS10.14.6 以降
メモリ     64GB(大型モデル)
HDD空容量  30GB
その他は要問い合わせ
 
 



新製品ニュース

「TREND-POINT Ver.9」を、2022年1月25日(火)リリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会