建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築設備CAD FILDER CeeD/電気設備CAD FILDER CeeD電気
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築設備CAD FILDER CeeD/電気設備CAD FILDER CeeD電気

ダイキン工業株式会社

BIM対応 建築設備CAD

 


概 要

 
空調機総合メーカーとして長年設備業界とともに歩み蓄積したノウハウや技術を生かした設備専用3次元CAD「FILDER CeeD」をリリース。IFC、Be-Bridge、3D DXF出力などBIMに対応。
 
 

■ リニューアルに有効青焼き図面をそのまま活用

 
古い物件のリニューアルなど、青焼き図面しかないケースでも、スキャナーでデータ化しFILDER CeeDに読み込ませることで、作図を省力化することができる。
 

青焼き図面を最適に自動変換



■ 建築トレース機能でPDF図面から3D複層階建築図を簡単に作成

 
PDF図面をはじめ、AutoCADやJw-cadで作成された建築図をダイキン設備CAD「FILDER CeeD」に直接読み込むことができる。「階数・階高・床厚・床スラブ厚・天井高さ・天井厚」を設定することで「シート」が自動作成される。建築トレース時に各階の高さは自動取得。建築トレース機能で建築図面の上に柱や壁、梁を配置することで、3D建築図を作図。作図後、建築図を他階のシートにコピーすることが可能。
 

躯体トレース後、各階の設備を作図



■ Rebro図面を読み込み

 
Rebro(NYKシステムズ社製)の図面データを読み込むことが可能。階や設備ごとのシートを自動作成。複数の作業者で設備ごとに作図するなどのワークシェアが可能となる。
 
 

■ 材料自動集計・機器表自動作成

 
図面に配置した機器や電線・配管・ダクトなどを集計し機器表を自動作成する。
 


■ 図面の自動比較

 
施工段階で都度発生する建築変更に対して、図面比較結果をハイライト表示。チェックモレを防止し手戻りを削減する。IFC図面をはじめPDF図面や見積書、躯体図、機器表、IFC図面は高さの違いも比較対象。
 
 

■ 積算見積りシステムへデータ連携

 
積算見積りシステム「PLANESTシリーズ」(コスモ・ソフト社製)と連携し、ダイキン設備CADで作図した設備図面を根拠に金額換算し、スピーディーに見積りを作成する。
 
 

■ CADシェアリングが運用コストの削減に貢献(特許取得 特許第3506176-他)

 
購入したライセンスを複数の技術者で使いまわせ、購入ライセンス数を超えて同時利用が可能。超えた分のライセンスにはレンタル料金を課金。
いつでも無駄なくCADのライセンス運用が可能。
 



 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
ダイキン工業株式会社
Tel.0570-023800(ナビダイヤル)
http://www.comtec.daikin.co.jp/SS/
 
動作環境
OS     Windows 10(64bit/32bit)
CPU     Intel Core i5, i7同等品以上
メモリ    3GB以上(64bitの場合:8GB以上推奨)(32bitの場合:4GB以上推奨)
HDD空容量 4GB以上
 
 
 


新製品ニュース

オルツが建築業界向け『建築GIJIROKU』強化音声認識エンジンをリリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会