建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> GyroEye Holo
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

GyroEye Holo

株式会社シスプロ

1分の1スケールの図面実寸投影で、BIM/CIMデータと現場をつなぐ

 

概 要

 

■ MicrosoftのHoloLensを使用したMR(Mixed Reality:複合現実)システム

 
GyroEyeは、株式会社インフォマティクス(本社:川崎市 代表取締役 齊藤大地)が開発したソフトウエアで、2次元CAD図面や3次元モデルデータなどをAR/VR/MR用のデータに変換し、スマートフォンやタブレット、スマートグラスなどのスマートデバイスで活用するシステムである。MicrosoftのHoloLens上で動作するものを「GyroEyeHolo」と称している。
 

Microsoft HoloLens2


 
MR(Mixed Reality : 複合現実)システムとは目に見えなかったものをホログラムにより実物と重ねて表示する技術のことで、従前の状況や計画中のもの、それに付随する各種情報などを可視化することができる。
 


■ GyroEye Holoの機能

 
GyroEye Holoは、CAD図面や3Dモデルデータを現場に実寸投影することができるため、建築現場での位置出しや、現場での出来形確認、干渉確認などに活用が期待できる。さらに2点間の計測や、インターネットを介して遠隔支援できるため、現場のユーザーとMRを介して情報共有・作業指示が可能である。
 


■ GyroEye Holoの活用分野

 
建設・土木・不動産・電力・道路・鉄道・インフラ・通信・プラントエンジニアリング・製造業等の企業約100社での導入実績および約300件程度での案件の稼働実績がある。
 

■ GyroEye Holoで実現できること

 
HoloLensを装着することで、図面を手に持つことなく、現実空間に高精度に視覚的に図面を確認でき、安全面ではリスク低減が期待できるほか、技術者不足への対策や、人為的ミス、手戻り防止に貢献ができる。また、空間認識の精度については、補正方法を見直すことで、さらなる改善を図っている。
 

■ GyroEye製品ラインアップ

 

GyroEye システム構成・ラインナップ




・GyroEye データコンバータ
CADデータをAR/MR用データに変換するWindowsソフト
 対応可能なデータとフォーマット
 2D形式: DXF、 DWG、 MAN
 3D形式: DXF、 FBX、 3DS、 SKP、IFC、DAE、 MAN
 画像形式:PNG、 JPG
 文字:CSV
 
・GyroEye CMS
データの変換と管理を行うクラウドシステム
 
・GyroEye ビューワ Holo
レイヤ切り替え、調整、計測、検査、作図などの各種コマンド
 
・ビューワ iOS(無償)
おおむねHoloLens用ビューワと同等の機能
 
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
株式会社シスプロ
Tel.03-5289-8412
http://www.syspro-net.co.jp/
 
 



新製品ニュース

「TREND-POINT Ver.9」を、2022年1月25日(火)リリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会