建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> PC桁橋CIMモデリングシステム BeCIM®/CB
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

PC桁橋CIMモデリングシステム BeCIM®/CB

JIPテクノサイエンス株式会社

豊富なデータの入力サポート機能によりPCコンポ桁の上部工CIMモデルを瞬時に自動生成

 

概 要

 
2020年11月リリースの新製品「BeCIM®/CB」は、線形情報と構造物寸法を入力することで、CAD を全く使わずに、PCコンポ桁の上部工CIMモデルを瞬時に自動生成する。豊富なデータ入力作業のサポート機能により、主桁、横桁、PC板、床版、橋面およびPC鋼材のモデルを効率よく生成する。また、PC桁橋概略設計システム「PC-Navi」のデータを連動することで、さらに作業の効率化が可能。DXFやIFCのエクスポートファイルを汎用CADや他社BIM/CIMソフトウエアに連携することで、別途用意した下部工構造物や地形等のモデルと容易に統合できる。
 

 

■線形入力機能で詳細度アップ

 
CIMモデルの作成に必要な線形座標は、線形要素入力機能により「平面線形(XY座標)」⇒「床版上面高さ(Z座標)」(簡易)の手順で算出する。平面線形は、道路中心線の線形要素に径間を割り付け、橋面幅員の設定後に主桁、横桁を配置。床版上面高さは、支点上の床版上面高さと横断勾配を入力することで、Z座標を補間する。詳細設計などで、正確な路面線形が必要な場合は、別途線形計算したXYZ座標を入力することもできる。
 

 

■標準値設定機能で効率アップ

 
豊富な自動設定機能や補助機能により、データ入力を必要最小限に抑えることで、モデル作成を効率化する。
・材料データ(コンクリート、PC鋼材)
・線形要素を考慮した主桁配置
・主桁形状寸法(横断面、側面)
・横桁・ダイヤフラム形状
・PC板形状
 

主桁形状(横断面)寸法、主桁支間長により
標準的な寸法値を自動セットする


 

 

■CIMモデルへの属性付与

 
生成されたCIMモデルには、材料データが属性として付与されているが、別途、属性情報をCSVファイルで一括読み込み、属性情報を付与したIFCファイルをエクスポートできる。
 

 

■確認図、チェック機能でミス軽減

 
豊富な確認図とデータチェック機能により、視覚的に入力データを確認することができ、入力ミスなどを軽減する。
・平面図、横断面図
・主桁側面図、横桁形状図
・鋼材配置図(主桁、横桁)
※ 確認図は、画面上での参考図として縦横断勾配を無視して表現。
 

(横断面図)


 

(主桁側面図)


 

(横桁形状面図)


 

■設計データ連動でスピードアップ

 
同社製品のPC桁橋概略設計システム「PC-Navi」のデータを連動することで、BeCIM/CBのほとんどのデータを入力することなく、瞬時にCIMモデルを自動生成できる。
 

(設計データ連動ファイル)

(主桁、PC鋼材)


 
 

標準価格

 
要問い合わせ
※ 本製品はBIM/CIMの取り組みに関する情報収集を目的としており条件つきで無料利用可
 
JIPテクノサイエンス株式会社
Tel.03-6272-8235
https://www.jip-ts.co.jp/
 
動作環境
OS         Windows 8.1/10
CPU        Intel Core i5 2.5GHz以上
メモリ        4GB以上
グラフィック    DirectX11以上
グラフィックボード NVIDIA GeForceまたはAMD Radeon
※ Microsoft .NET Framework 4.0が必要
 
 



新製品ニュース

BIM対応の新製品「構造モデラー+Revit Op.」発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会