建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 道路・鉄道線形計画システム APS-MarkIV
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

道路・鉄道線形計画システム APS-MarkIV

株式会社エムティシー

道路・鉄道線形計算のデファクト・スタンダード

 
   
             3次元地形データを使用した線形検討

    
   3D表示による設計データの見える化    走行シミュレータによる視距確認

概 要

 
道路・鉄道線形計画システム「APSMark検廚蓮高規格道路にも適応できるエレメント固定法・ランプ線形検討などの線形検討機能と道路構造令等の設計条件検証機能により効率的かつ高度な線形検討を基本機能とし、3次元地形データを利用することで縦横断現況の自動取得、法面展開を行うことができ、3D表示による設計データの見える化を実現。
 
線形図、縦横断図等の図面、ならびに、業界標準の各種計算書の出力も可能。
 

■エムティシーオリジナルの線形計算手法「エレメント固定法」

 
線形計算の手法として最もポピュラーなIP法では、IP座標を固定し、IP接線に曲線をすり付ける方法のみである。そのため国内では山岳部、都市部、高規格道路が多いため、日本特有な線形調整が必要となり、IP法では対応できないケースが多い。
 
しかしエムティシーオリジナルの線形計算手法である「エレメント固定法」では、直線または円上に通過点を指定でき、線形検討の自由度が大幅に向上する。そのためIP法では設定が困難な「直線区間を残せない高規格道路の検討」、「通過要件の厳しい都市部の検討」、「山岳道路のヘアピンカーブの検討」、「インターチェンジの検討」等がエレメント固定法では簡単に設定することができる。
 

■3次元地形モデルを使った線形検討

 
3次元地形モデル上に道路中心線形を指示するだけで縦横断現況を自動取得し、指定した勾配の法面を瞬時に展開するため、ペーロケ作業の手間を省くことにより効率良い線形検討が行える。
 
また、線形変更に対して、拡幅・片勾配・縦横断現況取得・法面発生が連動し更新されるため、作業時間の大幅な短縮が可能。
 

■BIM/CIM対応

 
国土交通省の「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」に準拠したLandXMLファイルの入出力に対応。
 
 

標準価格

要問い合わせ
 
株式会社エムティシー
Tel.03-5396-0521
http://www.mtc-aps.co.jp/
 
動作環境
要問い合わせ
 



新製品ニュース

木造建築物構造計算システム『KIZUKURI Ver8.11』をリリース


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会