建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 統合設備CAD CADWe’ll Tfas
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

統合設備CAD CADWe’ll Tfas

株式会社ダイテック

充実の設備専用機能が、業務パフォーマンスを最大限に高める。BIM対応統合設備CAD

 

概 要

 
CADWe’ll Tfas 11は、機能に直結した分かりやすい操作性と設計者の意図が伝わる表現力の高い図面作成機能を備えている。また、最新のグラフィック技術により、高速3D表示、高速視点移動、高精細な3D表現を可能とし、干渉検査や複雑な取り回しなど顧客との合意形成のシーンで優れたパフォーマンスを発揮する。さらに他のCADとの高精度なデータ互換やTfasの新旧バージョンを意識させない、Tfas同士の図面互換は、業界全体のデータ連携にも有効である。優れた性能と快適な作業環境が業務効率を飛躍的に高め、設備図面関連業務をサポートし、数多くのBIM現場での採用実績を有している。
 
 

メーカー部品ラインナップ強化

 
各メーカーの属性情報付3D部品ラインナップを強化した。現在、TOTO、LIXIL、三菱電機、日立グローバルライフソリューションズ、パナソニック、ダイキ工業、東芝のメーカー部品をTfas部品として取り込める。
 
 

見る・編集する・図面に連動する「リアルタイム3D表示」

 
2D図面で作図・編集した内容がリアルタイムに3Dに反映され、取り合いを素早く確認できる。また、3Dでの編集機能も搭載し、直感的な編集が可能。見たい箇所だけを表示するクリッピング機能、3D上にコメントを入力するマークアップ機能、2D/3Dの視点連動機能、選択した図形の強調表示機能なども搭載し快適さが一段と向上した。
 
 

照度計のデータ取り込み

 
Bluetoothを利用して照度計の測定値をTfas図面に取り込むことができ、作業を効率化し、人為的なミスを軽減できる。
 
 

Autodesk社Revitとの相互ダイレクトリンク

 
新規開発したRevit用プラグインを利用することでTfas⇔Revit間の相互ダイレクトリンクが可能になった。相互のモデルとして変換されるため、IFC変換ではできなかった変換後のモデル編集ができる。
 
 



 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)ダイテック
Tel.03-5762-3511
https://www.daitec.jp/
 
動作環境
要問い合わせ
 
 


新製品ニュース

『ICT活用支援サービス』を開始


建設ITガイド 電子書籍 2020版
建設ITガイド2020のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会