建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM/CIM業務向け 3D地図データ
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM/CIM業務向け 3D地図データ

(株)ゼンリン

周辺環境を含めたスピーディーで高品質なプレゼンテーションを実現

 

 

概要

設計意図が伝わるプレゼンテーションへ

 
BIM/CIMは建設業務の効率化を目的として導入が進みつつあるが、BIM/CIMのもう一つの重要な視点としてプレゼンテーションが挙げられる。
 
建築物にとって周辺環境との調和は重視されており、環境シミュレーションは必須である。ゼンリン3D地図データを活用することで、周辺環境の作成にまつわる人件費・作業時間を抑えつつ、建築物の設計意図が伝わるプレゼンテーションを目指す。
 
大型プロジェクトでは、コンペティション時のプレゼンテーション、その後の周辺住民とのコミュニケーション。再開発やマンション建設の場合には、市民・入居者へのワクワク感の醸成。山域や港湾では周辺環境への影響と把握を説明。建築プロジェクトにおけるさまざまなプレゼンテーション場面で活用できるデータである。
 



 

特長

周辺環境を含めたスピーディーで高品質なプレゼンテーションを実現

 
BIM/CIMモデルを配置するだけで、街区データ、周辺データとして活用することができ、周辺環境を含めた設計意図をプレゼンテーションすることができる。手作業で3D化する必要がなく、周辺環境の作成にまつわる人件費、作業時間を大幅に削減することができる。
 
また、イメージを共有することによって、ステークホルダーとの合意形成が図りやすく、プロジェクトの推進を促進する。
 

 
 

利用シーン

 
コンペティションに始まり、ステークホルダー、周辺住民とのコミュニケーションなど、プレゼンテーションの機会は少なくない。
 
周辺住民の視線からの見え方、設計意図を伝えるプレゼンテーション、建築物の周辺に対する環境変化のシミュレーションなどに活用できる。
 
 

再開発の街並みを俯瞰でプレゼンテーション

 
竣工イメージを周辺の景観まで含めてシミュレーションすることで、周辺環境への影響を考慮したり、住民への説明を視覚的に行うことで合意形成を得やすくなる。
 

 
 

人の歩く視線からプレゼンテーション

 
人が歩く視線からのプレゼンテーションを行うことで、実感の伴うプレゼンテーションを行うことができる。近距離でのプレゼンテーションができるのはゼンリンの3D地図データの特長。

 
 

建物を引き立たせるホワイトキューブ

 
建築物以外はホワイトキューブにすることで、建物の魅力を最大限引き出すことが可能。
 

 
 

エリアの環境変化をプレゼンテーション

 
3D都市モデルデータから、専門的な難しい設定をすることなく簡単に都市空間の風・熱の流れを見える化することができる。

 
 

仕様・エリア

用途によって選べる2 種類の3D地図データ

 
街並みとの調和をシミュレーションできる3D都市モデルデータ。そして、建築物を際立たせるプレゼンテーションが行える広域3次元モデルデータを用意。用途に応じた利用が可能。
 
 

3D都市モデルデータ

 
ゼンリンの詳細地図情報と専用車両で計測したデータにより、現実の街を忠実に3Dモデル化。交差点付近を中心に各種センサーや全方位カメラを搭載した専用車両により、建物の形状や質感、道路の交通標識や路面ペイントまで収集。それぞれの距離や位置情報を走行撮影により収集し、細部まで忠実に現実を再現。
・ 提供エリア
国内21都市を整備
東京・さいたま・千葉・川崎・横浜・相模原・札幌・仙台・新潟・京都・大阪・堺・神戸・名古屋・浜松・静岡・岡山・広島・北九州・福岡・熊本
 
・ 標高
 50mメッシュ標高版
 
・ 提供単位
 1パーセル(約625m×625mの定義区画)
 



 

広域3次元モデルデータ

 
都市部だけではなく、郊外や山域、港湾
での建設シミュレーションにも利用可能。
 
ゼンリンの詳細地図情報と国土地理院が公開している地形データを組み合わせ、建物の形状と階数情報を基に全国をモデル化した3D地図データ。建設・都市開発シミュレーションや、建築分野のBIM/CIM業務、VRコンテンツ開発など、さまざまな利用用途に対応。
・ 提供エリア
 日本全国対応
 
・ 標高
 50mメッシュ標高版、10mメッシュ標高版
 
・ 提供単位
 1図(約5km×約5kmの定義区画)
 

 
 

主要ソフトでの使用が可能

 
BIM/CIM業務で使用される主要アプリケーションで使用可能。
 Autodesk Navisworks
 Autodesk Infraworks
 Autodesk 3ds Max
 Autodesk Maya
 Autodesk AutoCAD / Civil3D
 Lumion
 Rhinoceros
 ARCHICAD
 
 

その他

 
下記URLより3D地図データのサンプルをダウンロード可能。
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/contents/3d/download/
 
 

標準価格(税別)

 
3D都市モデルデータ
 1案件    148,000円〜/1パーセル
 1パーセル(約625m四方)/ボリュームディスカウントあり
 
広域3次元モデルデータ
 1案件 50m標高版 95,000円〜/1図
 1案件 10m標高版 148,000円〜/1図
           1図は約5km四方

 
※ 2018年11月現在の価格
※ FBX形式データでの提供時の価格
※ 案件(プロジェクト・利用目的)単位で使用許諾する場合の基本的な提供価格プロジェクトに合わせて、必要な場所を必要な分だけ購入可能
※ 包括法人契約も可能
 
(株)ゼンリン
東京営業部 3Dソリューション担当
Tel.03-5259-5096
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/contents/3d/
 
 


新製品ニュース

Mixed Reality(MR:複合現実)システムの最新版『GyroEye 2019.2』リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会