建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 統合設備CAD CADWe’ll Tfas
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

統合設備CAD CADWe’ll Tfas

(株)ダイテック

技術者の要求に応え、進化し続けるBIM対応統合設備CAD

 

概要

 
CADWe’ll Tfas 10は直感的で分かりやすい操作性、高精度のデータ互換性を備え、快適な作図環境を提供する。64ビット化、マルチコア対応による大規模物件、大容量図面の高速処理、2D図面の編集内容のリアルタイム3D反映、断面・3Dでの階高立ち上げ表示など、質の高い作図環境を実現。
 
 

見る・編集する・図面に連動する「リアルタイム3D表示」

 
2D図面で作図・編集した内容がリアルタイムに3Dに反映され、取り合いを素早く確認できる。また、3Dでの編集機能も搭載し、直感的な編集が可能。見たい箇所や階だけを表示するクリッピング機能、3D上にコメントを入力するマークアップ機能、2D/3Dの視点連動機能なども搭載し快適さが一段と向上した。
 
 

IFC入出力機能の向上

 
図形情報ウィンドウで表示される図形属性をTfas固有のプロパティセットでIFC出力できる。また、IFC読込では、他社CAD固有のプロパティセット属性をTfas図形に取り込むことができ、図形情報ウィンドウで確認ができる。
 
 

3D強化

 
3D表示速度、傍記、クリッピング機能が大幅に向上。現場でのBIM打合せを効率的にサポートできる。
 

 



 

3D形状の作成

 
面や立体形状を組み合わせて3D形状を作成し、ユーザー3D形状として登録できる。
 



 

ルミナスプランナー連携

 
パナソニック製照度計算ツールのルミナスプランナーと連携し、取得した照明器具データを基に、指定した部屋に照度分布図が自動作図でき、照明器具表や計算結果表を出力できる。
 



 

分電盤情報リスト作成機能

 
複数の電気設備図面から負荷容量や回路構成を収集し、自動的に分電盤情報リストが作成できる。
 

 



 

技術計算機能の強化

 
設備設計業務に欠かせない「静圧計算」「揚程計算」を実装しシミュレーションにより計算結果を出力できる。また指定区間の風量、流量から最適なサイズを自動決定し、そのサイズを図面上のダクト・配管に反映できる。
 



 

ダンパ発注書作成機能

 
図面上のダンパと対応した発注リストを自動生成し、ヒューズの温度、フランジ仕様等を設定することで、製作メーカーへの「ダンパ製作指示書」をExcel出力できる。
 



 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)ダイテック
Tel.03-5762-3511
https://www.daitec.jp/
 
動作環境
OS
Windows 10/8.1/8/7 SP1(64bit/32bit)
CPU
Core i5同等品以上推奨
メモリ
64bitの場合:8GB以上推奨
32bitの場合:4GB以上推奨
HDD空容量
5GB以上
 
 


新製品ニュース

木造住宅構造セミナー『はじめてのKIZUKURI』を開催


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会