建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築設備CAD CADEWA Real
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築設備CAD CADEWA Real

(株)富士通四国インフォテック

複雑化する現場を3次元で「見える化」、属性活用で建築ライフサイクルのさまざまなシーンで業務を支援

 


  • 建築設備CAD CADEWA Real 作画画面イメージ

  • 概要

     
    CADEWA Realは、30年以上の歴史を持ち、あらゆるユーザーの声を製品に反映してきた。大手専門工事業者から全国地域工事業者、ASEAN中心に海外ローカル企業まで幅広いユーザーにメインCADとしての採用実績がある。
     
    直感的な操作で、設備設計・施工図を効率的に作画・編集でき、平面作画を行うだけで、リアルタイムに断面・属性付き3次元モデルを自動作画し「見える化」する。また、平面・断面・3次元モデルどこからでも編集を行うことができ、その結果はリアルタイムに双方向反映するため、整合性の取れた手戻りの少ない図面を仕上げることが可能である。
     
    その他、製図以外の関連業務の負荷軽減に向けて、属性を使ったさまざまな技術計算や材料集計、タブレット活用を想定した3D-PDF出力を搭載。CADEWA Realは、建築ライフサイクルのさまざまなシーンで設備関連業務を支援する。
     
     

    BIM対応(IFC入出力)

     
    一般社団法人buildingSMART Japanで策定された「設備IFCデータ利用標準Ver.1.3」に対応しており、3次元建築CADで作画した建築部材の取り込みが可能である。1棟1ファイルの読み込み方法と各フロアを別ファイルに分割した読み込みが可能である。後者では、分割したファイルを参照するマスターファイルを同時に作成。分割した各ファイルの編集結果をマスターファイル上で1棟1ファイルとして確認できる。IFC出力時は、出力対象部材を選択し、設備部材のみ出力することが可能である。これらにより、スムーズなBIMモデルの運用を支援する。
     



     

    ユーザプロパティ

     
    機器・器具やルート部材に対し、ユーザプロパティにて自由に属性を付与することが可能である。CSVに情報を書き出し、情報を追加した後、図面に反映することも可能である。
     



     

    3次元機能

     
    ①精密な3次元表示
    3次元モデルの新しい表示方式を搭載し、より、光沢感のあるリアルな3次元モデルを表現することが可能である。
     



    ②注記・寸法登録
    3次元モデル上で、注記・寸法を作画できる。3次元モデルを使った打合せ時のコメントや距離等を注釈として残すことが可能である。
     



    ③平面投影
    3次元ウィンドウに平面図を投影することが可能である。3次元モデルと平面の位置関係や平面上の注記等が確認でき、3次元データを活用した意思疎通の向上に貢献する。
     



    ④部分表示
    平面上で指定した範囲の3次元モデルを表示できる。これにより、複雑化した3次元データをピンポイントに絞り込み、打合せ等で活用できる。
     



    ⑤ケーブルラック、複線配線など
    アップダウンのある、ケーブルラック、レースウェイ、バスダクト、金属ダクトが簡単に作画でき、同時に3次元にも反映される。ケーブルや電線管等も、サイズを考慮した3次元作画が可能である。
     



     

    PDF対応(3D-PDF)

     
    ベクターPDFや紙図面などをスキャンしたラスタPDFを画像として直接読み込み、縮尺を合わせることで下絵としてPDF画像上に作画することが可能である。
     
    また、近年増えている現場でのタブレット利用に対応するため、3次元データを3D-PDFとして出力することが可能である。



     

    材料集計

     
    部材数量や重量が自動集計できる。指定範囲での集計や、工事種別ごとの集計が可能である。集計結果はExcel形式、CSV形式、CI-NET形式で出力でき、他社製の各積算ソフトと連携が可能である。
     
    【電気】
    機器・器具(BOX含む)の個数、配線長さ(垂直方向や隠線部分を含む)が集計でき、電線、ケーブルと電線管を区分けした集計や、ケーブルラック、レースウェイの本数単位での集計が可能である。
     
    【空調・衛生】
    機器・器具の個数、配管の材料や長さ、ダクトの板厚ごとの面積等を集計できる。また、パッキンの集計や保温材・施工場所ごとの集計が可能である。
     



     

    ルミナスプランナー連携

     
    パナソニック株式会社の照明設計アプリ「ルミナスプランナー」と連携することが可能である。パナソニック照明器具をCADEWARealシンボルとして登録し配置設計することで、色付きの照度分布図を表現できる。図面上に配置したパナソニック照明器具のプロパティ情報から、器具写真や姿図を配置することも可能ある。
     



    ※ ルミナスプランナーはパナソニック株式会社の登録商標。
    ※ ルミナスプランナー連携は、CADEWAReal総合、電気のみ利用可能。LT版は不可。
     
     

    技術計算

     
    CADEWA Realでは各部屋に対して、階高・天井高・部屋の間口などの部屋情報を設定することが可能である。建築に対して与えた部屋情報を用いて下記のような技術計算を実装している。
     
    ①照度計算
    その部屋で必要な照度を指定することで、任意の照明器具の必要台数を計算し配置することが可能である。また、照度計算書をCSVやCADEWA図面データとして出力することが可能である。
     
    ②制気口算定、自動ダクトルート作画
    単位冷房負荷、単位暖房負荷の数値を指定し、部屋風量を算出、制気口ごとに何台必要かを自動計算した後、そのまま配置することが可能でる。
     
    また、制気口の風量情報を基に、ダクトサイズを自動計算した自動ルーティングや、作画済のダクトルートのサイズを最適化することが可能である。
     



     
     

    標準価格

     
    要問い合わせ
     
    (株)富士通四国インフォテック
    第二システム統括部 CADソリューション部
    Tel. 03-6424-9373(東京事業所)
    089-945-6228(松山事業所)
    ■CADEWA製品サイト
    http://www.fujitsu.com/jp/group/fsit/services/pkg/cadewa/
    ■CADEWA情報サイト
    http://www.f-cadewa.com/
     
    動作環境
    OS
    Windows 10/8.1/7 SP1(64bit/32bit)
    CPU
    Intel Core i5シリーズ同等品以上(周波数が高いものを推奨)
    メモリ
    64bitの場合:8GB以上推奨
    2bitの場合:4GB以上推奨
    HDD空容量
    6GB以上


    新製品ニュース

    製品ラインアップが拡張された『Solibri Product Family』をリリース


    建設ITガイド 電子書籍 2019版
    建設ITガイド2019のご購入はこちら
    サイト内検索

    掲載メーカー様ログインページ


    おすすめ新着記事

     



      掲載をご希望の方へ


      土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

      けんせつPlaza

      積算資料ポケット版WEB

      BookけんせつPlaza

      建設マネジメント技術

      一般財団法人 経済調査会