建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築設備専用CAD Rebro2018 SP1
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築設備専用CAD Rebro2018 SP1

(株)NYKシステムズ

設備BIMモデルに入力した情報を活用し、現場の生産性向上に貢献

 
モデルデータから各種図面を生成
モデルデータから各種図面を生成し、修正もリアルタイムに連動
 

レブロの特長

 
Rebro(以下、レブロ)は、最新の操作性を取り入れ、誰もが直感的に作図できる建築設備専用CADである。リボンインターフェイスの採用やダイレクトな編集を可能にするハンドル機能をはじめ、必要なコマンドだけを絞り込んで表示・起動できるコンテキスト(右クリック)メニュー、プロパティパネルから編集できる手軽さなど、軽快な操作・編集でモデルデータを取り扱える。他の設備CADと比較しても、CADの習得が短期間で容易に可能な点も特長である。
 
レブロでは、一つのモデルデータから平面図、断面図の他、空調図面や衛生図面、断面詳細図、スリーブ図など、用途に応じて自由に切り出して生成できる。各図面データは、CGを含めて常に連動するため、一つの図面に変更を加えると、瞬時に他の図面にも修正が反映され、常に図面の整合性を確保しながらの作図が可能である。
 
 

Excelデータリンク

 
BIMモデルとExcelデータを相互に連携することにより、機器表や器具表、電気負荷集計表、分電盤表、機器管理台帳、発注書などの設備業務に関連する各種帳票の作成を省力化する。
 
また、BIMモデルから帳票を出力するだけではなく、機器表や機器管理台帳などをExcelで編集し、レブロに取り込むことでBIMモデルの属性情報を更新することができる。
 
設定により、書式を限定することなく、自由な形式のExcelフォーマットが利用可能である。
 
Excelデータリンク
Excelデータリンク。
フリーフォーマットで情報の入出力が可能に
 
 

部屋情報と機器の自動配置

 
空間情報を定義する従来のゾーン機能とは別に、部屋コマンドで部屋情報の設定が可能となった。建築BIMソフトで設定した部屋情報をIFC形式やレブロリンクファイルで取り込むことも可能である。部屋情報には面積や体積などの属性情報が取得できる。
 
機器の配置や照度分布図作成にも、部屋情報を利用することが可能である。機器配置は、フロア高さを入力しなくても、天井や床面の高さを基準にプロットすることができる。
 
また、機器の自動配置にも対応。フロア、部屋名、機器番号、台数を記述した機器表などのExcelデータを読み込むことで、モデル内に機器を自動で配置することが可能になる。
 

フロア、部屋名、機器番号、台数が定義された機器表を読み取りモデルに自動配置
 
 

部屋の天井面や床面を基準とした機器配置
 
 

メーカーとの連携

 
機器メーカーの協力により、レブロで利用可能な属性情報付きの3D BIMパーツを無償で提供。各社の協力により、衛生器具や空調機、集合管などのBIMパーツを利用できる。また、ダイキン工業のクラウド型空調設計支援システム「DK-BIM」と連携し、機器選定データを専用のレブロリンクファイルとして読み込み、モデル上に同社の空調機を自動配置することが可能となった。
 
レブロは、BIM活用はもちろん、設備にまつわる各種業務に貢献できるソリューションである。
 

ラインナップは追加され、WEBサイトから順次ダウンロードが可能
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)NYKシステムズ
Tel.03-5833-7172
http://www.nyk-systems.co.jp/
 
動作環境
OS
Microsoft Windows 10/8.1/8/7 SP1(64bit、32bit)
CPU
Intel Core i7、Core i5推奨
メモリ
8GB以上推奨(32bitOSは4GB推奨)
HDD空容量
1.5GB以上
 
 


新製品ニュース

ビルダー向け営業支援ツール『ALTA AIスケッチ』の販売開始


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会