建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> すけるTON for Revit
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

すけるTON for Revit

(株)カルテック

鉄骨ディテール入力の自動化


           
FA21 Link によりアセンブリ化した3Dモデルを生成    タグの自動配置
 

概要

 
「すけるTON for Revit 」はBIM連携の促進と効率化を目的とするソフトウェアである。
 
「すけるTON for Revit 」のパッケージ構成は、Autodesk Revitのアドインソフトウェアと、単独で動作するソフトウェア「すけるTON for Revit 」本体の2つのアプリケーションで構成されている。
 
 

開発の経緯

 
建築構造BIMで鉄骨ディテールを正確に入力する作業の生産性を上げることから、「すけるTON for Revit」はスタートした。構造設計の段階で詳細部の3Dモデルを手作業で作ることは時間的制約から考えれば極めて困難であり、これを解決する手段として開発されたのが「すけるTON for Revit 」のメイン機能である詳細部材自動生成である。
 
 

詳細部材自動生成

 
「すけるTON for Revit」は、「Revit」に配置されている主部材(柱・梁・ブレース)ファミリを読み込み、仕口、継手、ガセットプレート、ボルトなどの詳細部材を一括で自動生成する。このとき同時に小梁、間柱の端部調整(継手クリアランス)も自動で行う。
 
 

データの一元化

 
この詳細部材自動生成は、BIMの重要な要素であるデータの一元化に関しても、解決策となっている。カルテックが開発したソフトウェアには、鉄骨ファブリケータ向けの製品である鉄骨専用CADシステム「FAB21」と、ゼネコン・積算事務所向けの鉄骨専用 精積算/BIMシステム「すけるTON」があり、いずれも多くの現場で実績を上げている。「すけるTON for Revit」で詳細部材自動生成を行うと、「FAB21」や「すけるTON」と完全に互換性を持つデータが作成される。これは、積算部門や鉄骨ファブリケータへデータでの受け渡しが可能になることを意味する。これにより鉄骨ファブリケータでもそのまま一般図や単品図の出力が可能となる。
 
 

柔軟な連携

 
「すけるTON for Revit 」の連携をサポートするソフトウェアとして「FAB21 Link」があり、これはAUTODESK APP STOREにて無償公開されている。「FAB21 Link」は、「FAB21」や「すけるTON」の入力データをRevitにデータ連携することができる。生成したモデルは製品組立単位でアセンブリ化され、製品名、節/階、総重量等をパラメータに保持している(RevitにはDirectShapeで連携)。
 
 

BIM連携の実績

 
積算BIMと施工BIMの現場では、既に「すけるTON for Revit」および「FAB21 Link」を利用したBIM連携の実運用が始まっている。2017年には、積算の効率化に特化した機能を充実させた。次は、構造設計向けの機能を充実させ、構造設計から積算、施工へのデータ連携を、いかに手直しなく進めていけるかが次のステップである。
 
 

標準価格(税別)

 
レンタル月額  12,000円
 
(株)カルテック
Tel.06-6222-3200
http://caltec.co.jp/
 
動作環境
OS    Windows10/8.1/8/7
 
 


新製品ニュース

エムティシーと川田テクノシステムが道路設計分野で業務提携


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会