建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築鉄骨専用CAD KAPシステム
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築鉄骨専用CAD KAPシステム

日本ファブテック(株)

ファブリケータ業務の全ての領域をサポートする鉄骨構造物トータルシステム

 

概要

 
KAPシステムは自社の図面、原寸作業の省力化を目的に開発を開始した。開発当初から、コンピュータ内に鉄骨構造物のモデルを構築しそのモデルからあらゆる出力物を得るという、いわゆるBIMの思想を盛り込み、ファブのニーズに対応した鉄骨専用システムである。最大の特徴は鉄骨に関する幅広い適用範囲・多彩な加工シミュレーションと他のシステムとの連携機能である。
 
 

KAPシステムの特徴

 

自動生成とトレース機能

 
取り合いデップス差を考慮した梁フランジの刃落とし加工や、方杖・デッキ受け・かさ上げ材や仮設金物を自動生成する。柱仕口部やCFT構造の充填孔や空気抜き孔をロジックによって自動加工する。BIMモデルをCAD機能で加工し、異形水平ダイヤの形状変更が可能、その加工手順のログで再生を可能である。CAD機能でファスナー等を生成し、自由に配置ができて、変更も一元管理している。設計図を画面にトレースすることで部材配置のサポートが可能である。同時に複数の人が入力可能としている。
 
 
 
 

特殊取り合いの適用範囲

 
鉄骨加工をシミュレートするマクロ言語により、新たな取り合い方法が発生してもこのマクロ言語を駆使し即時対応が可能である。また新たな材料や既製品についても迅速に対応しリリースしている。例えばスリーブの既製品補強材については、ハイリング、OSリング、フリードーナツ、EGリングと、販売されている補強材メーカーに対応済みである。
 
 
 
 
 
 

データ連携

 
上流の構造設計から出力されたCSVデータや、ST-CAD、Unionシステムから出力のSS3、SDNF、ST-Bridge、が取り込み可能である。また、外部CADから出力された階段の3D-DXFをKAPシステムに取り込みBIMモデルを合成することで、階段受梁等の干渉チェックを早期に行うことができる。また設備系CADとの連携では、ダイテックのTfas、NYKシステムズのRebro、新菱冷熱のS-CAD、四電工のCADEWAから出力されたスリーブ配置データを一括でKAPのスリーブデータに変換することができる。また、3D情報を設備系CADへ連動することにより、設備業者側では鉄骨躯体との干渉やスリーブ配置NGゾーンの情報を得ることができる。
 
下流システムとの連携では、汎用CADとして圧倒的なシェアを占めるタイワの実寸法師とネットワークを介した双方向通信により、スリーブ等2次部材の図形や寸法その他アクセサリの情報連携を可能とした。
 
 


 

大型物件への適用性

 
通常の鉄骨関連BIMソフトでは入力と同時にモデル化処理を行うため、大型物件においてはレスポンスに問題が生じるケースが多く、最大処理トン数は数千トンレベルと考えられる。KAPではモデル化処理をバッチという形態をとるため、入力とモデル化は別処理で行う。その結果、数万トン級の処理も可能である。
 
 


 

多様な出力

 
工区・節・付帯区分・塗装仕様・材料規格・製造工場・建方搬入日等あらゆるグループ単位に分類して出力が可能である。出力フォーマットをテンプレート化することにより、プログラムを変更することなく各社各様の出力を得ることができる。また帳票類については、OpenOfficeのマクロを使用することにより、合計欄のセルは数式化されており、行の追加、削除やセル数値の修正に対して動的に対応する。
 
 


 

Webアプリケーション

 
モデル化された工事を同時に複数の人がWebブラウザを介して閲覧することができ、工事の製造進捗管理にも対応している。Webブラウザから確認可能な情報は、重量、溶接長、面積、ボルト本数等の文字情報に限らず、一般図や加工図等の2次元図面(SVG)や3次元モデル(X3D)も含まれる。3Dのモデルに寸法線等のアクセサリを付け加えた「3D詳細図」をAutoCAD−WSのクラウド上にアップロードし、iPadやAndroid端末から閲覧することも可能である。
 
 


 

LinuxからWindowsへ

 
ユーザーから要望の多かったKAPシステムWindows対応版が登場した。従来のLinux版では成し得なかったWindowsソフトの直接起動も可能になり、作業効率のアップが期待される。
 
 



 

標準価格

 
要問い合わせ
 
日本ファブテック(株)
Tel.06-7730-9124
http://www.j-fab.co.jp
 
動作環境 
要問い合わせ

 
 


新製品ニュース

ビルダー向け営業支援ツール『ALTA AIスケッチ』の販売開始


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会