建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> S/F SERIES(REAL4)
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

S/F SERIES(REAL4)

(株)ドッドウエル ビー・エム・エス /(株)データロジック

工場の業務全体をサポート・効率化するS/F SERIES

 

作成したデータを他システムにそのまま連動

概要

 
S/F REAL4は販売本数3,400本を超える全国トップシェアを有する鉄骨専用CADである。今後もユーザーの意見を取り入れ続け、最も価値あるCADとなるべく進化を続ける。
 
 

SFシリーズへのデータの活用

 
他のSFシリーズソフトに連動することでデータを無駄なく活用。
 
OAソフトの見積積算、最適取合、またNCあなあけシステム等に連動可能。正確な情報を漏れなく高速に連動し、工程間の連携の無駄を排除。
 
例えば「S/F 見積積算」と連動する場合。依頼された見積りについて、まずREAL4で物件を粗入力。それを「S/F 見積積算」に連動させると、全ての鋼材が自動的に入力され、すぐに正確な見積りが作成できる。結果的に受注につながれば、粗入力されたデータを調整して図面を出力すればいいので、速やかに工程を進めることができる。
 
また、「S/F 最適取合」と連動する場合も、REAL4から正確な鋼材データをすぐに入力できるため、入力の二度手間がなくなる。
 
REAL4は物件に関わる大量のデータを、正確かつ詳細に含むため、うまく利用することで他の業務も最適化できる。
 
 

データ連携(BIM)

 
BIM標準のIFC出力や、ST-Bridge、SS3など構造ファイルの読み込みなどに対応。対応形式は状況に応じて今後も追加の予定。
 
スリーブ情報をCSV形式で読み込み、REAL4上に一括配置。適正範囲にないスリーブはエラーが出るなどのチェック機能も搭載。
 
 
母屋データと本体データを分けて入力     合算後、完成データ


 
                 工区別に工事データの管理が可能

合算機能

 
Ver2.2より「合算機能」をリリース
 
●メリット1:入力分散によりオペレーター業務比率の平均化
 
複数人でそれぞれ担当する工区を決め入力を行い、最終的に1つの工事データとして合算させる。これにより1人にかかる業務量を分散させることができる。また合算処理範囲の細かな条件設定が可能となっており、工区だけでなく階、部材種類ごと、オペレーターの指定したエリアなど非常に詳細な合算範囲の指示が可能となっている。入力の重複箇所については合算する2つの工事データのうちどちらが正なのかをオペレーター自身で選択することができる。
 
 
●メリット2:大型物件入力に対する動作スピード改善
 
「A工区工事データ」「B工区工事データ」などオペレーターは工事データを別々で保存し入力を行う。入力後に合算を行うことにより、最終的に一つの工事データとして管理することができる。これにより1万トンを超えるような大型物件に対しても快適な動作スピードで入力作業を行うことができる。
 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)ドッドウエル ビー・エム・エス /( 株)データロジック
(株)ドッドウエル ビー・エム・エス
Tel.03-3249-6333
 
(株)データロジック
Tel.08387-3-1010
http://www.datalogic.jp/real4/
 
動作環境
OS
Windows10/8.1/8/7(64bit)推奨
CPU 
Corei7(クロックは3.0GHz以上)推奨
メモリ
16GB以上推奨
HDD空容量
10GB以上推奨
 
 


新製品ニュース

木造住宅構造セミナー『はじめてのKIZUKURI』を開催


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会